フリートーク
フリートーク

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 検索 過去ログ

ツリー一括表示

Nomal 社会問題ネタ /Toshi (08/11/18(Tue) 09:45) [258]
Nomal ひき逃げ罰則強化はダメです。 /Toshi (08/11/18(Tue) 10:08) [259]
Nomal 久しぶりの笑えるニュース /Toshi (08/12/21(Sun) 17:12) [268]
Nomal 大麻種子の販売は違法? /Toshi (09/01/15(Thu) 13:37) [273]
Nomal ヒッキーの高齢化 /Toshi (09/01/17(Sat) 19:54) [275]
Nomal 世界遺産落書き問題はむしろ社会の罪 /Toshi (09/01/17(Sat) 19:54) [276]
Nomal 大麻汚染? /Toshi (09/01/17(Sat) 19:55) [277]
Nomal 慣用句の誤用? /Toshi (09/01/17(Sat) 19:55) [278]
Nomal ネットいじめと携帯電話 /Toshi (09/01/26(Mon) 12:10) [284]
Nomal 主婦が10億円集め行方不明 /Toshi (09/01/30(Fri) 18:49) [287]
Nomal 角川の前衛的な対応に好感 /Toshi (09/02/04(Wed) 11:25) [290]
Nomal 児童ポルノ処罰法 /Toshi (09/02/07(Sat) 15:43) [294]
Nomal 不幸に甘える若者たち? /Toshi (09/02/15(Sun) 17:14) [297]
Nomal 人権主義弊害 /Toshi (09/02/21(Sat) 21:56) [299]
┃┣Nomal ここにも弊害 /Toshi (09/03/06(Fri) 13:12) [304]
┃┗Nomal ストーカー問題も深刻です /Toshi (09/05/12(Tue) 11:07) [358]
Nomal バラエティはセクハラ? /Toshi (09/03/01(Sun) 15:42) [303]
Nomal 諸悪の根源は米文化か・・ /Toshi (09/03/14(Sat) 21:58) [305]
┃┗Nomal Re[2]: 諸悪の根源は米文化か・・ /まい (09/10/20(Tue) 15:06) [524]
Nomal 日本核武装万歳 /Toshi (09/03/22(Sun) 22:41) [311]
┃┣Nomal 迎撃準備 /Toshi (09/03/31(Tue) 12:58) [312]
┃┣Nomal 喉もと過ぎれば・・・ /Toshi (09/04/06(Mon) 11:26) [315]
┃┣Nomal 産経政治部って右翼団体ですか? /Toshi (09/04/13(Mon) 01:48) [316]
┃┃┣Nomal 産経右翼活動その2 /Toshi (09/05/30(Sat) 18:12) [385]
┃┃┗Nomal 産経右翼活動その3 /Toshi (09/10/09(Fri) 19:34) [514]
┃┗Nomal 今日もタカ派記事 /Toshi (09/05/05(Tue) 00:46) [346]
┃  ┣Nomal 参考:国語力の無い記事 /Toshi (09/05/06(Wed) 02:52) [349]
┃  ┗Nomal 産経唯一の良質記事 /Toshi (09/05/08(Fri) 09:59) [355]
┃    ┗Nomal Re[4]: 産経唯一の良質記事 /Toshi (09/07/22(Wed) 10:09) [443]
Nomal 大阪女児遺棄 /Toshi (09/04/27(Mon) 12:17) [321]
Nomal 人体の不思議展 /Toshi (09/04/28(Tue) 00:27) [322]
Nomal 後藤麻衣摘発について思う /Toshi (09/04/30(Thu) 19:41) [336]
Nomal 沢本あすか /Toshi (09/04/30(Thu) 22:49) [339]
Nomal 芸能人のプログ炎上 /Toshi (09/05/01(Fri) 18:06) [341]
┃┗Nomal ミスユニバース炎上 /Toshi (09/07/31(Fri) 14:44) [450]
Nomal 地デジカと版権 /Toshi (09/05/02(Sat) 20:34) [343]
Nomal 死刑囚獄中ブログ /Toshi (09/05/03(Sun) 13:18) [344]
┃┣Nomal Re[2]: 死刑囚獄中ブログ /Toshi (09/05/14(Thu) 22:35) [364]
┃┗Nomal Re[2]: 死刑囚獄中ブログ /Toshi (09/10/06(Tue) 14:33) [512]
Nomal すき屋も頭悪い /Toshi (09/05/04(Mon) 00:31) [345]
Nomal そろそろ懸念が台等 /Toshi (09/05/13(Wed) 14:17) [361]
Nomal 低額給付金? /Toshi (09/05/14(Thu) 08:06) [363]
Nomal 世論の矛盾 /Toshi (09/06/01(Mon) 14:01) [387]
Nomal 県職員1ヶ月停職 /Toshi (09/06/21(Sun) 09:52) [425]
┃┗Nomal 学校職員6ヶ月停職 /Toshi (09/09/09(Wed) 21:44) [493]
Nomal 大人社会のいじめ /Toshi (09/06/30(Tue) 13:02) [428]
Nomal レンタルお姉さん /Toshi (09/07/02(Thu) 17:04) [431]
Nomal 漢字・世の中狂い過ぎ /Toshi (09/07/18(Sat) 08:51) [441]
Nomal 世知辛い世の中 /Toshi (09/07/18(Sat) 09:15) [442]
Nomal ニコ動・女子高生飲酒 /Toshi (09/08/15(Sat) 06:43) [469]
Nomal 堀之内壊滅 /Toshi (09/08/23(Sun) 17:31) [474]
Nomal 酒井法子など+覚せい剤 /Toshi (09/08/29(Sat) 01:50) [478]
┃┣Nomal Re[2]: 酒井法子など+覚せい剤 /土建屋40才 (09/08/29(Sat) 19:21) [479]
┃┗Nomal 覚せい剤の誤ったネガキャン /Toshi (09/09/11(Fri) 14:06) [498]
Nomal 交通事故に見る民衆の身勝手さ /Toshi (09/10/11(Sun) 01:32) [515]
Nomal 加減を知らない子供達 /Toshi (09/10/17(Sat) 10:09) [521]
Nomal マナーだと? /Toshi (09/11/17(Tue) 15:31) [533]
Nomal 痴漢疑惑で自殺の青年 /Toshi (10/05/20(Thu) 10:29) [550]
Nomal 建造物侵入罪? /Toshi (10/05/21(Fri) 08:32) [551]
Nomal 児童虐待 /Toshi (10/06/05(Sat) 10:44) [556]
┃┗Nomal 産経新聞で /Toshi (10/10/25(Mon) 20:55) [599]
Nomal NHK受信料 /Toshi (10/06/22(Tue) 23:22) [559]
Nomal 新聞社の問題 /Toshi (10/07/08(Thu) 05:22) [562]
┃┣Nomal 産経はなんなんですか? /Toshi (10/07/08(Thu) 05:29) [563]
┃┣Nomal 相変わらず経済の足を引っ張る /Toshi (10/08/21(Sat) 14:00) [580]
┃┣Nomal J-CASTに失望 /Toshi (10/09/10(Fri) 19:39) [585]
┃┣Nomal 下着置きゲーム /Toshi (10/10/06(Wed) 01:21) [593]
┃┣Nomal 珍しく産経新聞を誉めたい記事 /Toshi (10/11/06(Sat) 23:45) [608]
┃┗Nomal 産経の金子聡 /Toshi (11/01/10(Mon) 23:13) [631]
Nomal 金賢姫来日 /Toshi (10/07/23(Fri) 21:32) [571]
Nomal 女児痴漢に思う /Toshi (10/08/16(Mon) 22:34) [579]
Nomal 16歳少女AV出演 /Toshi (10/10/24(Sun) 21:28) [598]
Nomal 学校で児童にトイレ掃除 /Toshi (10/11/02(Tue) 06:08) [602]
Nomal アムネスティもやっぱ変 /Toshi (10/11/20(Sat) 14:33) [614]
Nomal またもや米国の困ったちゃん /Toshi (10/12/08(Wed) 18:49) [622]
Nomal 公務員バッシング /Toshi (11/01/12(Wed) 16:27) [633]
Nomal 教育とモンスターペアレンツ /Toshi (11/01/18(Tue) 17:00) [634]
Nomal 浅はかな社会 /Toshi (11/02/17(Thu) 16:22) [640]
Nomal 沖縄基地問題 /Toshi (11/03/09(Wed) 07:37) [643]
Nomal 震災の爪あと /Toshi (11/03/26(Sat) 22:16) [656]
Nomal 警察・検察のレトリック /Toshi (11/04/23(Sat) 10:30) [662]
Nomal 法知識:正当防衛 /Toshi (15/01/26(Mon) 13:21) [686]


親記事 / ▼[ 259 ] ▼[ 268 ] ▼[ 273 ] ▼[ 275 ] ▼[ 276 ] ▼[ 277 ] ▼[ 278 ] ▼[ 284 ] ▼[ 287 ] ▼[ 290 ] ▼[ 294 ] ▼[ 297 ] ▼[ 299 ] ▼[ 303 ] ▼[ 305 ] ▼[ 311 ] ▼[ 321 ] ▼[ 322 ] ▼[ 336 ] ▼[ 339 ] ▼[ 341 ] ▼[ 343 ] ▼[ 344 ] ▼[ 345 ] ▼[ 361 ] ▼[ 363 ] ▼[ 387 ] ▼[ 425 ] ▼[ 428 ] ▼[ 431 ] ▼[ 441 ] ▼[ 442 ] ▼[ 469 ] ▼[ 474 ] ▼[ 478 ] ▼[ 515 ] ▼[ 521 ] ▼[ 533 ] ▼[ 550 ] ▼[ 551 ] ▼[ 556 ] ▼[ 559 ] ▼[ 562 ] ▼[ 571 ] ▼[ 579 ] ▼[ 598 ] ▼[ 602 ] ▼[ 614 ] ▼[ 622 ] ▼[ 633 ] ▼[ 634 ] ▼[ 640 ] ▼[ 643 ] ▼[ 656 ] ▼[ 662 ] ▼[ 686 ]
[258]  社会問題ネタ
□投稿者/ Toshi -(2008/11/18(Tue) 09:45:30)

    政治・経済・犯罪事件以外の社会ネタ
[ □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / 返信無し
[259]  ひき逃げ罰則強化はダメです。
□投稿者/ Toshi -(2008/11/18(Tue) 10:08:33)

    以前も書きましたが、また最近ひき逃げ事件が多発して問題になっていますね。
    ひき逃げに対して「罰則強化」をしろと言う声が大きくマスコミで報道されています。本当に浅はかですね。

    全ての犯罪事件に於いて日本人はなぜにこんなにも、「原因の追究」をせずに「殺せ」とか「もっと懲らしめろ」とか言う方向性でしか考えられないのでしょうか。
    全く不毛です。

    少し、なぜひき逃げが起きるのかを考えて欲しい所です。
    一つはモラルの問題。
    つまり、人が死にそうな時に助けなくちゃ・・と自然に思える人間作りが行えていない事。
    一つは、恐怖心の問題。
    他人の命を大切に思えても、自分の保身が一番大切な訳で、自分を守るためなら人の命なんか関係無い・・・と言うモラルの低さが、犯罪に於ける厳罰化を叫ぶ人を作り、逆に犯罪を犯す人を作ります。
    そして、自分の保身を脅かす状況に陥った時に人は恐怖する訳で、ひき逃げに限って話をするならば、飲酒運転の厳罰化がより一層のひき逃げ犯罪を生産していると言えます。
    保身に対する恐怖が強ければ強いほど、人は逃げるのです。
    極論を言ってしまえば、もしも人を跳ねても何もお咎め無しで有ったならば、大抵の人は跳ねた後に逃げず、救命活動を行えるのでは無いでしょうか。
    なぜ、人を跳ねた時にパニックを起こし逃げるのかと言えば、刑事・民事の制裁により「自分の人生が終わってしまう」と言う恐怖以外の何物でも有りません。
    もちろん、その様な恐怖に打ち勝てる人も多くいるのでしょうが、現在のライセンス制度では、その様なメンタル面での適正を見ている訳でも無く、またその時々の心理状況によっても人は弱くなってしまいますので、無責任で恐怖に打ち勝てない人間だと凶弾するのも間違っています。

    メンタル的な弱者や、過ちを犯した人間に対し、逃げ道を用意してあげた上で、不測の事態に於いていかに人間性を失わない様にさせるかを考えねばならない問題であるはずです。

    なのに、その様な事態に於ける恐怖心を更に煽る事に繋がる「罰則強化」は、より悲惨な事件を量産する事になるでしょう。

[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / 返信無し
[268]  久しぶりの笑えるニュース
□投稿者/ Toshi -(2008/12/21(Sun) 17:12:38)

    一部、MSNの産経ニュースの引用です。

    まぁ、笑えるニュースと言えば中国ネタなのですが、なんでも中国ではネットユーザを「網民」と言うそうで・・・なるほど、ネットの民、そのまんまですね。

    その網民ですが、チベット暴動やオリンピック、領土問題など、何かしらトピックが発生する度に大騒ぎになる事で有名です。

    今回大騒ぎになっているのはアイドルについてです。

    中国出身で日本で活動中のアイドル、ローラ・チャン(有名なんですか?私は知らなかったです)が、学研雑誌で、競泳水着を着た上で日本と中国の国旗を敷いたソファに寝そべって笑顔でポーズを取ったグラビアが掲載されたそうな。
    まぁ、撮影者としては日中友好を演出したカットだったのでしょう。

    その写真が、網民の網に掛かりました。
    中国の国旗が腰の下敷きになっているとかで「国旗を尻に敷いて扇情的写真を撮るとは、国旗をないがしろにしている」とネット上で批判が殺到。
    ネット上の騒ぎを新聞など中国メディアが紹介し、騒動を知らなかった人の怒りも増長させた。

    「われわれの国旗を金儲けに使うのは許せない!」

    もう、爆笑です。
    平和ですね、中国。

    「最近でも映画「紅いコーリャン」や「覇王別姫」で知られる大物女優、鞏俐(コン・リー)さん(42)が夫と同じシンガポール国籍を選択したところ、ネット上で「裏切り者」「売国奴」といったバッシングが巻き起こっている。」

    恐いですね、中国。
[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / 返信無し
[273]  大麻種子の販売は違法?
□投稿者/ Toshi -(2009/01/15(Thu) 13:37:00)

    発芽可能な大麻種子を輸入して販売していた大学生が捕まり、裁判で大学生が「適法だと思っていた」と言う発言をし、検察に叱咤されながら追及される様子がMSNのニュースに流れていました。

    私も大麻取締法では第1条に「この法律で「大麻」とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいう。ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)並びに大麻草の種子及びその製品を除く。」と有る為、てっきり種子の販売は適法だと思っていました。

    そこで再度調べた所、第24条の6「情を知つて、第24条第1項又は第2項の罪に当たる行為に要する資金、土地、建物、艦船、航空機、車両、設備、機械、器具又は原材料(大麻草の種子を含む。)を提供し、又は運搬した者は、3年以下の懲役に処する。」
    との記載が有り、なるほど、これに引っかかるのか・・・と納得しました。
    (でも昔はこんな条文無かったと思うのですが・・・法改正を行う時はメディアを通して大々的に告知して貰わないと知らない間に犯罪者になりそうで恐いですね。)

    まぁ「情を知って」の立証が難しいかとは思いますが、その学生の様に海外から発芽可能な種子を輸入した場合、また別の法律、関税法で「発芽可能な大麻種子を輸入してはならない」と言うのが有るそうで、こっちでも引っかかるそうです。

    いやいや危ない所でした。
    昨今の不況で生活に窮している私としては、知らなければ手を出していたかも知れないので、知る機会をくれた捕まった大学生に感謝ですね。

    とは言っても、実害が低く、適法性の問われる大麻取締法で裁かれてしまう人は本当に可哀想です。
    暴力団の資金源になるからと言う理屈も、「違法ありき」ですし、それにどちらかと言えば、在日外国人の生活費になる側面の方が大きいだろうと言う気もします。

    ちなみに、大麻を取り締まるべきだ!と叫ぶ人々の中に、暴力団関係者が多いそうです。
    もし大麻が合法になってしまったら覚せい剤の売り上げが落ちる事を懸念しているそうで・・
[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / 返信無し
[275]  ヒッキーの高齢化
□投稿者/ Toshi -(2009/01/17(Sat) 19:54:11)

    別スレからの移動記事です。

    ニュースで引きこもりの高齢化が報道されていました。
    なんでも、東京都が開設したひきこもり電話相談に40歳以上の対象者の相談が17%以上有ったそうで。
    都では若年層の引きこもり対策しか打っていなくて、35歳以上に対しては想定外で、対策を考えておらず、また考えようも無いとの認識を示していました。

    でも、統計では30歳未満と30歳以上で比較すると割合的に同じ程度らしく、お役人や学者さん達の認識の甘さが浮き彫りになった形ですね。

    このニュースのコメントで、
    「実態調査をまとめた明星大人文学部の高塚雄介教授は「若年者層のひきこもりは心理的葛藤(かつとう)が主な理由だが、40代以上は精神疾患の可能性があり、全く別物。年長者のひきこもりは昔からあり、かつては山にこもるなどしていたが、現代では家庭にこもるしかないのでは」と指摘している。」
    と有りました。

    さて、ここからは私の突っ込みです。
    ヒッキーの高齢化?
    いーや、違います。
    元々ヒッキーに年齢は関係ないです。
    今まで、頭の固い人間が現象を理解しようとせずに自分達の常識の範疇だけで理屈に収めようとした結果、若者に多いと言う固定観念を持ったに過ぎません。
    ですので、高齢化などでは無く、今までもいたんです。

    そして、コメントを付けてる教授も、自分の理屈でしか無いですね。
    頭の固い人間は、「若者は親のすねをかじれるからヒッキーが出来る。でも親のすねをかじれない大人はヒッキーが出来ない」などと言う表面的な理屈だけで、ヒッキー=若者と言う認識を持っている訳ですが、そのアイデンティーティを壊さない様に屁理屈を付けて、「大人のヒッキーは精神病なんだ」と言ってるに過ぎません。

    しかし、大人だろうが子供だろうが、ヒッキーになる根底は全く同じでしょう。
    もちろん、生活形態の違いや、その取り巻く環境の違いなどからディテールレベルで違いは出てくるかも知れませんが、ぶっちゃけて言えば、みんな表に出る事に楽しみを見出せず、又は苦痛を感じ、インドアで自ら楽しみを追求しちゃう人達な訳です。
    責任感があろうが無かろうが、他人に迷惑を掛けようが掛けまいが、そこにヒッキーをしても生活出来る糧が何かしら有るのなら、ヒッキーをしちゃう訳です。

    さて、これらの問題を対処したいのは、実際に迷惑を被っている身近な人間な訳です。
    では、なぜ身近な人間は迷惑を感じるのか?
    それは当然、無意味に生活費を搾取されるからに他なりません。
    他人に迷惑を掛けずにヒッキーしている分は、全く問題無い訳です。
    つまり、悪いのは「ヒッキーをしている」と言う事象では無くて、「利益を生み出していない」と言う事に尽きる訳です。

    ですので、もし公的機関が税金を使って対策を打つなら、我々の税金が無駄に使われない為にも、「人との繋がりが大切」とか「社会に適応させる教育」とかそんな頭の固くて実効性の無い事はしないで欲しいと思うわけです。
    そこには前提として「ヒッキーと言う行為自体が悪い」と言う認識しか無いのですから、全く意味が有りません。

    世の中にはデイトレーダなど、ヒッキーをしつつ莫大な利益を得ている人達もいる訳で、つまりはそう、ヒッキーを否定するのでは無く、まずは利益を生み出すためにどうすべきかと言う観点からカウンセリングを行うべきなんです。
    その結果、貴方はやはり表に出れる様になった方が良いと言う結論になる場合もあるかも知れませんが、やはり前提としてヒッキーの心理を理解した上で得た結論ならば説得力も有ります。

    かく言う私もヒッキー大好き人間です。
    金に余裕が有れば、すぐにヒッキー生活しちゃいますね。
    で、金が無くなったら仕事をしてまた金を貯めて・・みたいな。
    かと言って、人との繋がりが嫌いな訳では有りません。
    ただ、自分が稼げる仕事自体が面白く無いし、まぁ、他にも色々理由は有るのですが。
    ジャンボでも当たれば、きっと一生ヒッキーしちゃう事間違いなしです(笑)

[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / 返信無し
[276]  世界遺産落書き問題はむしろ社会の罪
□投稿者/ Toshi -(2009/01/17(Sat) 19:54:45)

    別スレからの移動記事です。

    全く本当に日本人ってのはヒステリックな人種ですね。
    イタリアの世界遺産での落書きを、さもとんでもない悪事を働いたかの如く大袈裟にマスコミが報道して、世論もそれに釣られて大騒ぎ・・・
    って構図は、まぁ、日本人だからねぇ・・・しょうがないよねぇ・・リテラシー低いもんねぇ・・・
    って感じで置いといて、それが現実問題として社会制裁に発展しちゃうのは余りにヒステリック過ぎます。
    例の女子大生が落書きした事件から始まって、野球監督も落書きしていたと言う報道やら、他にも沢山報道されましたが、そんな話を便乗報道しちゃうマスコミって本当に最低ですね。次から次へと重箱の隅をつつく勢いでで便乗すれば記事が売れると思ってるんでしょうが、それが与える社会影響を考え、これ以上ヒステリックな感情を国民に作り出さないで欲しい所です。
    しかし、かの監督の落書きが報道された際に、一部の心あるジャーナリストは「反省もしているし、謝ったんだからいいんです。解任なんて大袈裟な話にしないで欲しい」と訴えておりましたが、残念な事にその監督は解任され、無期限謹慎処分になったそうで、非常に残念な結果です。

    日本人は本当に、マスコミの報道を真に受けすぎなんです。
    背景を全く書かない、ただニュースを売るだけが目的のプロバガンダだと言う認識が低すぎます。
    イタリア大聖堂とは、どの様な状況に置かれているのかをもっと精査してから大騒ぎして欲しいです。
    厳格に管理されている遺産なのであれば、そりゃ大騒ぎですよ。
    しかし、実際は違うんですから。
    むしろ、落書き名物の遺産なんですから。
    もはや、落書き込みこみでの遺産なんですから。
    現地では、観光客に落書き用の油性ペンを販売している現地人までいるんですから。
    日本と違ってヒステリックでも無いし、陽気な国なんですから。
    現地人が「落書きすると幸福になれるよ」と落書きを進めちゃう国なんですから。
    それがある種の名物になっている場所なんですから。
    そんな背景を一切書かずに、マスコミは犯罪者を作りだしたり、悪人を作りだすのが好きな人種なんですから。

    黄色人種はみんなヒステリックが特色なんでしょうかねぇ・・
    ほんと中国や朝鮮の悪口言えなくなって困ったもんです。

    まぁ、当のイタリア人は、そんな日本人の事をどう思っているかですが、
    共同通信が伝える所によりますと、

    --------------------------------------------------------------------------
    イタリア紙レプブリカは、同国フィレンツェの世界遺産登録地区にある大聖堂の壁に落書きした常磐大高校(水戸市)の野球部監督が解任された問題について「休みの日でも、地球の反対側にいても(落書きは)許されない」と日本の処分の厳しさを指摘する特集記事を掲載した。

     前監督は2006年1月にイタリア旅行中、名前を書くと幸せになれるとの話を聞き落書きしたという。同紙は「(監督の)男性は(高校職員の)職も失いかねない。(日本では)間違いを犯した人間に対し哀れみはない」とも伝えた。

     落書きされた「サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂」の壁には日本語の落書きの量をはるかに上回るイタリア語、英語などの落書きがあるが、イタリアの世論は特に問題視している様子はない。

    --------------------------------------------------------------------------
    との事です。

    いい加減、無意味に悪人を作りだすのはやめましょう!
[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / 返信無し
[277]  大麻汚染?
□投稿者/ Toshi -(2009/01/17(Sat) 19:55:15)

    別スレからの移動記事です。

    角界大麻汚染なんてタイトルで、マスコミの相撲界バッシングが激しくなっていますね。
    私も、相撲界の体質は余り好きでは有りません。
    ヤンキー上がりが集まって大人になれるのがボクシング界ってイメージが有るのですが、ヤンキー上がりが集まってワルの世界をいつまでも引きずっちゃうのがヤクザ組織で、相撲界はどちらかと言えば、ボクシング界よりヤクザ寄りなイメージが有るからです。
    体育会系のノリ+いじめが横行するイメージが具現化したのが前回のスキャンダルでした。
    が、今回の騒ぎはマスコミが叩き過ぎですね。
    検査結果が出る前から批判報道を始めていますし、そもそも大麻に関しては法律や常識の方が間違っているので、「汚染」なんて言葉を使う事自体がナンセンスです。
    確かに相撲界は前述の様にヤンキー体質が抜けきれない世界ですから世間体に疎い所が有り、その対応は少なくとも「頭の良いやり方」とは思えませんが、世間体や常識の方が間違っている場合も有るよねって前提を置けば、今回の相撲界の対応は正しいとも思えます。
    そう言う、反面を全く考察しないマスコミ報道には毎度の事ながら嫌悪感が湧き上がりますね。
[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / 返信無し
[278]  慣用句の誤用?
□投稿者/ Toshi -(2009/01/17(Sat) 19:55:46)

    別スレからの移動記事です。

    MSNのコラムでビジネス慣用句の誤用を指摘する記事がありました。
    読んでみたら、指摘自体がなんか変なので突っ込んでみたいと思います。

    3つの例を元に指摘されてました。
    1.不測の事態を予想し、万全の準備をしました

    不測の事態は予想出来ない事を意味するのだから「予想し」はおかしく、あらゆる事態を予想し・・又は不測の事態に備え、万全の対策を取り・・と言うべきだ。

    との指摘でしたが、確かに、通常は「不測の事態に備え」ですよね。
    でも、目くじら立てて指摘するほど間違った言い回しでは無いでしょう。
    「不測の事態に備え」と言うのは、「未来を予想する」一環ですので、例文は「不測の事態が起こるかも知れない未来」を予想していると受け取る事が可能です。
    また、不測の事態とは、あらゆる事態の代名詞として使われる事が常なので、「あらゆる事態を予想」が許されるなら、やはり「不測の事態の予想」も許されるべきでしょう。

    2.役不足ですが司会をさせていただきます

    役不足は実力見合わない過小評価な役に対する不満なので、明かに力不足の言い間違いだろう。謙遜のつもりが傲慢になっている。
    との指摘でしたが、これはその通りですね。

    3.出がけに思いがけないハプニングがありました

    ハプニングが「思いがけない出来事」なので、間違いでは無いかも知れないが、思いがけないが二重になり冗長な表現だ。
    との指摘でしたが、「出掛けにハプニングがあり」では普段カタカナ文字を精査しない日本人に取って強烈なインパクトを与えられない可能性も否めません。
    特に、これを言う人は「言い訳」なのですから、「思いがけない」を強調したい訳で、そう言う意味では「予測不可能な思いがけない出来事」と同等のインパクトを与えられます。予測不可能と思いがけないもほぼ同意語ですが、いずれにせよ強調表現として十分に許される範疇でしょう。
    文字数制限の有る記事原稿などでは省ける表現・・と言う程度では無いでしょうか。

[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / 返信無し
[284]  ネットいじめと携帯電話
□投稿者/ Toshi -(2009/01/26(Mon) 12:10:59)

    先日も携帯電話のサイト「プロフ」でネットいじめにあい自殺した女子中学生の事件が有りました。
    これを報道しているメディアが、小中学生の学校への携帯持込の是非に結びつけた報道をしていますし、また官僚の中にも結びつけて考える人がいる様です。

    しかし、これほど馬鹿らしい議論は有りませんね。
    小中学生が「授業中にアクセスして問題になっている」なら、学校への持込是非議論になってもおかしく有りませんが、そうでは有りませんし、小中学生にとってアクセス出来る自由時間の大半は放課後〜夜と学校を離れた時間帯なのですから、学校への持込を禁止すればネットいじめが解決するとも受け取れる議論に呆れてしまいます。

    学校への携帯持込議論とネットいじめは全く別の議論であり、授業中の電源OFFなどの規律さえしっかり学校側で管理出来れば、特に携帯電話の学校持込については問題を感じません。
    また、家族からの緊急連絡が容易に出来る点や、GPSによる犯罪防止の観点から考えてもメリットが遥かに大きい事は事実です。

    ネットいじめに付いては、例えば学校にいる時間以外も含めて児童の携帯所持禁止とすれば多少の効果が有りますが、所詮いじめ根性を払拭出来ない限り、場所を変え方法を変えいじめは無くならず、自殺者が無くなる事は有りません。
    フィルタリングの導入やネットへの年齢認証などの対策も考えられますが、いずれにせよ根本対策とはならずハリボテ対策でしか有りません。
    やはり、「ネットいじめ」では無く、「いじめ」そのものを根絶する対応を考えない限り、問題は解決しないでしょう。


[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / 返信無し
[287]  主婦が10億円集め行方不明
□投稿者/ Toshi -(2009/01/30(Fri) 18:49:53)

    上記タイトルでニュースが流れていました。
    一見、鮮やかな位大胆な犯罪に聞こえて来ますが、記事を読んでみるとそうでも有りませんでした。

    10年前より近所の人々から10億円集め、株を運用していたそうです。
    最近突然行方不明になり、被害者は大騒ぎで告訴の構えと言う事ですが、私は容疑者の主婦に同情してしまいました。

    これは記事から察した私の推測ですが、容疑者の主婦の落ち度は株投資に対する十分なリスク説明を怠ったのでは無いかと思います。また、説明責任を放棄して逃げてしまった点も落ち度になるかも知れませんが、これはリスク説明を怠ったが故の結果的落ち度なので、やはり最大の落ち度は十分なリスク説明をしなかった点に集約されるのでは無いかな・・と言う気がします。
    容疑者は過去、証券会社にいたらしく株に関する知識は相当な物だった様子です。
    なので、記事から察するに容疑者は単に自分の能力を周囲の人に認知して貰い敬意を払ってもらいたいと言う名誉欲と、純粋に周囲の人へ儲けさせてあげようとする親切心で動いていたのでは無いかと思います。
    出資金を募る際は高配当を約束し、現に昨年のリーマン破綻以前はきちんと配当をしていたと言うのですから驚きです。

    しかし、リーマンショックにより株価が暴落し、しかも為替と共に相場がプロでも読みきれない動きをし続けた為、にっちもさっちも行かない状況になってしまったのでしょう。・・・・ほんとに可哀想です。

    さて、運用を任せていた周辺の住民は、個人へお金を預ける時点で、証券会社の時以上にそれ相応のリスクは覚悟すべきですし、今まで10年近く恩恵を受けてきた事を考えれば、被害者が大騒ぎしている現状はやはり容疑者に対して可哀想です。

    「風と太陽の物語」じゃないですけど、「風圧力」では益々容疑者も姿を現せられない状況に陥りますので、被害者の皆さんは、都合の良い時だけおだて、法律も無視し、都合が悪くなれば非難し出資法違反だとか騒がないで、もう少し暖かい気持ちを持って欲しいですね。そうすればそれが「太陽圧力」になりますので、容疑者も出て気安い状況になるのでは無いでしょうか。

    この事件は是非、双方が和解して欲しいと思いました。

[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / 返信無し
[290]  角川の前衛的な対応に好感
□投稿者/ Toshi -(2009/02/04(Wed) 11:25:47)

    角川文庫が新たなビジネスモデルを打ち立てました。
    Youtubeなどに無断掲載されるアニメなどを削除依頼したりして頑なに著作権保護を唱えるのでは無く、いっそのこと許しちゃえ!と言う物で、ネットユーザのニーズに則した対応で非常に好感が持てます。

    もちろん、なんでもかんでも許すって訳ではなく、有る条件が有るそうで・・
    それは、「作品に対する愛情が感じられる事」(笑)
    いいですね〜。ユーザサイドに立った条件です。
    許可された動画には、角川文庫認証画像が動画の冒頭に挿入されるそうです。

    でもって、ビジネスモデルとしては、不法投稿のチェックや削除依頼に掛かる人件費を削減させ、逆に認証動画画面での広告収入を得ると言うもの。
    手法自体はオーソドックスながら、この様なやり方はユーザと企業の双方が幸せになれる方法であり、今まで企業が一歩を踏み出せないやり方でも有りましたので進歩的な企業姿勢を示した角川文庫は評価に値します。

    また、MADに関してもオリジナリティが高く且つ原作の質を損なわない優秀な作品には、作者へ広告収入の分配も有るそうで・・・
    非常にユーザサイドに立った姿勢で、敵を作らずに済む所か、今まで無関心だったユーザ層を味方に付ける非常に賢いやり方です。
    今の、「金儲けの主義の企業vs金を掛けたくないユーザ」と言う構図が当たり前な世の中に於いて、ひとつのエポックを確立させてくれる期待が非常に高いですね。
[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / 返信無し
[294]  児童ポルノ処罰法
□投稿者/ Toshi -(2009/02/07(Sat) 15:43:31)

    ニュースを見ていて児ポ法で捕まる事件を多く目にします。
    大抵の場合は売春や商売絡みでの摘発ですが、中にはP2P関連で摘発を受ける人もいるみたいです。
    世界規模のP2Pネットワークでは、海外からの苦情で捜査される事が比較的多い気がします。
    しかし、国内の子鯖運営者が逮捕されたニュースはちょっと驚きました。
    ニュースでは「提供目的所持」での逮捕との事。
    最近の児ポ法に疎かった私は、「提供目的所持」の詳細定義を調べたくてネットで検索したのですが、多くヒットするのは児童ポルノ処罰法を批判するサイトでした。
    まぁ、私もToshiの戯言で書いてる通り基本的には反対なのですが、ネットで検索してヒットする多くのサイトは私の嫌いな方向性での反対記事ばかりでした。

    それは「児童買春防止や児童保護などが大切な事は当たり前だ。そう言う意味では児童ポルノ処罰法は大賛成だ。でも、漫画やアニメなどの創作物に対する規制に議論が行くのは反対だ」的なものです。

    どうも彼等の主張は「ムキになっている」「単にオタク文化を保護したい」だけ。
    って感じてしまうんです。
    そう言う方向性でムキになればなるほど、一般人へは益々「アブナイ連中だ」と言う印象を与えてしまい、逆効果になってる事に気付くべきだと思うんですよね。

    前に知恵袋でも書いた事が有るのですが、最初の児ポ法でのテーマは「子供を守る」でした。
    なので、「単純所持」や「漫画などの創作物」は対象外になった訳ですね。
    そして改正時のテーマは「犯罪意欲の抑止」でした。
    なので「単純所持」や「漫画やゲームなどの創作物」も議論の対象になりました。
    もしもその手のマテリアルが犯罪を煽る効果があるならば、明かに「実写」だろうが「漫画」だろうが、リアルだろうがフィクションだろうが、効果は全く同じです。
    なので、「実写はダメ」「漫画は良し」とする理論が「捻じ曲がっている」んです。
    ちなみに改正時にも単純所持と漫画などの創作物は結局除外されましたが、一番の理由は「単純所持や創作物はNG定義が難しい」からであって、決して漫画やアニメを保護する連中の言い分を聞いたからでは有りません。

    Toshiの戯言でも書いて有るとおり、私が反対する一番の理由は、「行き過ぎた抑圧こそが凶悪犯罪を生む」だからです。
    なので、私は「実写だから反対」とか「漫画だから反対」とかじゃ有りません。

    また、実写だろうが漫画だろうが犯罪意欲を煽る点では同じだ。とする理屈には別の攻め方も有ります。
    それは、「犯罪意欲を煽ると言う根拠が薄い」と言う点です。

    例えば実際にやったら犯罪だけどフィクションなら許されると言う事が世の中往々にして有ります。
    アダルト物で言えば「レイプ物」「監禁調教物」
    一般物では「殺人ゲーム映画」「殺人主体の推理ドラマ」「強盗等のクライム映画」「やくざ映画」などなど。
    もしも児童物フィクションが犯罪を煽るならば、上記のフィクションも同じく犯罪を煽ると言う事になります。
    逆に、大人だから娯楽として割り切れると言うなら、児童ポルノも同じです。
    児童ポルノだけ切り離して議論するのがとっても不自然なんです。
    逆に議論するなら「児童ポルノについて」では無くて「フィクションについて」議論すべきです。
    もちろん児童ポルノはフィクションでは無くリアルコンテンツが多いのが問題なのですが、逆に「リアルはダメ」「フィクションならOK」とか言う議論になって然るべきだと思います。
    フィクションOKなら、18歳以上の女の子が出演する女子中学生物AVも、ロリコンアニメも全てOKって事になります。
    逆にフィクションNGなら、ロリ物に限らず実際にやると犯罪になるもの全て禁止にすべきです。
    結果的に犯罪発生率がどうなるかはおいといて、とにかく議論の「整合性」だけは通して欲しい気がします。

    更に突っ込んで言えば、単純所持に付いても突っ込み所は有ります。
    例えば単純所持が禁止された場合、過去の児童ポルノ法以前の例えば児童ポルノ写真なんかも所持が違法になる訳ですが、過去の写真の場合児童保護の意味合いは無いので、単純に犯罪意欲抑止観点での検挙になると思います。
    しかし、これに対して「犯罪意欲が煽られる」と断言するだけの根拠が薄いですね。
    もし、裸の写真を見てムラムラっと来て我慢できなくなり現実の人間を犯すなら、それは児童ポルノ写真だろうが大人のポルノ写真だろうが同じです。
    逆に、大人のポルノ写真は「犯罪意欲を煽らない」とするならば、まず国民レベルで性対象年齢を厳密に調査し、その上で18歳未満を性対象に捕らえる人間とそうでない人間のコンテンツによる影響度の違いを証明しなければいけません。
    が、現実的にはそんな事証明不可能だと思いますので、単純所持を語るなら欲望を刺激する物全てを対象にすべきです。
    (貧乏人がショッピングカタログを見るのも禁止するとかね。)

    そうした一貫性のある議論の上で、「じゃぁ、プライオリティはどうする?」って話になるのがスジって物でしょう。まぁ、その結果、「金が無いのにショッピングカタログ見てムラムラっと来て万引きしちゃった」はまだ許せるけど「幼女の写真を見てムラムラっと来て手を出しちゃった」は国際的にまずいだろ・・とかって誰しも納得するプライオリティラインが出た上での話なら良いと思えます。
    もっともそうなったら児童物コンテンツ以外にも沢山ヤバイ物は出てくると思いますが、「結果の犯罪率がどうなるかを置けば」、不公平な選択さえなされなければ有る面納得も出来ます。

    いずれにせよ、今はロリ層が魔女狩りされていて、更にアニオタ層が「自分の世界だけ」死守しようと戦う・・と言う構図が、なんだかなぁ・・って感じです。

    最後にToshiの戯言でも書いてますが、再度書いておきます。
    私はあらゆる物に対して「おかずが無い世界では犯罪率が上がる。規制が厳しければ厳しい程、犯罪は凶悪化していく」と思っていますので、「おかず没収」の方向性は全てに於いて反対です。

[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / 返信無し
[297]  不幸に甘える若者たち?
□投稿者/ Toshi -(2009/02/15(Sun) 17:14:54)

    政治経済ネタですが、政治経済スレに書くほどのレベルでは無い記事についてのコメントなのでこっちに書きます。
    産経のコラムでルポライター横田由美子の意見が掲載されていました。
    掻い摘んで言うと、「「景気が悪いのも、職を得られないのも、定住できないのも、政治の責任だ。カネがないから、恋人も結婚もできない。少子化が進むのも当然だ。」一連の派遣切りに関する報道に影響されたのか、自分たちは何も悪くないのだから、救ってもらって当然というような論理を展開する若者と、企業の一方的な都合で失業した家庭持ちを同じ土俵で語るのは納得行かない」と言う物でした。

    まぁ、この人の言いたい事は分かります。
    実際、「お前幾らなんでも甘えすぎ」と言う若者がいるのも事実でしょうし、たまたまその人の目にそう言う若者が入ってきてしまったのでしょう。

    でもやっぱり、こういうコラムを流すのはダメですね。
    まず、この人は企業を目の仇にしていますが、一概に企業が悪いとは言えません。
    派遣切りの問題にしろ、昨今のリストラを余儀なくされた背景にしろ、政治政策が大きく関わっているのは事実だからです。

    なので、政治に不満をぶつける事自体、全ての若者にその権利が無いとは到底思えませんし、明らかに筋違いな不満を言う若者は極少数だとも思えます。
    程度の差はもちろん大きく有るのでしょうが、不況の煽りを少しでも食らっているならば、老若男女誰しも政策に不満をぶつける権利は有るでしょう。

    逆に、このルポライターが言う様な筋違いな若者がいるならば、そんな若者は好景気に於いても生きていく術を得られない人種だと思えるので、目くじら立てて記事にする程のものでも無いでしょう。

    それよりもこの様な記事により、本当に困っている人が年齢差別で批判されたり、それが誇張解釈化されて若者以外の救われるべき人さえ批判される風潮が出来上がる事への懸念の方が遥かに問題です。

    また、自分は就職氷河期の人間だ的な事を書いている事からも、余りに考えの足りない大人気無い記事だと感じました。
    なんでマスコミってのはこーもレベルが低く無責任なんでしょうね。
    いや、前から分かっている事では有りますが、この様な記事を見る度に再確認してしまい気が滅入ります。
[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / ▼[ 304 ] ▼[ 358 ]
[299]  人権主義弊害
□投稿者/ Toshi -(2009/02/21(Sat) 21:56:51)

     前々から口にしている事ですが、人々は人権の意味を理解していないにも関わらず、最近の人権主義は目に余るヒステリックな物を感じます。

     まぁ、単純に言ってしまえば「我侭」と言いましょうか。
     ヤクザの縄張り意識に近いんですよね。
    (ここは俺のテリトリーだから入ってきたら許さねーぞって)
     そんな勝手なルールを正当化させてしまう物だから、誰もが「そっか、俺は縄張りを持ってもいいのか・・」と思ってしまい、今まで許せていた他人の接近に「腹が立つ」様にもなってしまい、無用な争いが起きる・・・と言う構図かと思います。

     そんな廃退したモラルが、学の無い人々にも浸透しちゃうものだから馬鹿な芸能人まで出て来てしまう様子で、プロレスラーのグレート・サスケ元国会議員が電車内で携帯写真を撮られ、「肖像権・著作権の侵害だ」と写真を撮った会社員に暴力を振るったと言うニュースが流れてきました。
     権利だ権利だ騒ぐ世の中になる前までは、芸能人が一般人に写真を撮られるなんて当たり前の出来事だったのですがね。
     しかもパパラッチでは無くて、有名人に出会えた嬉しさの余りに撮影したレベルの人に暴力を振るうなんて、平和だった時代から生きてきた私には考えられない事態です。
     この際、国会議員までやってる癖に著作権がなんたるかを何も理解していない事は置いといたとしても、モラルの低下を感じざるを得ません。
     この事件は極端な例でしか無いのかも知れませんが、今の行き過ぎた人権主義の行き着く所は似た様な物だと思っています。
     つまり、「俺のテリトリーに侵入した奴は攻撃していい」と言う常識が蔓延し過ぎている事に問題が有ると思うからです。
     グレート・サスケはたまたま非合法な攻撃をしましたが、大抵の人は合法な攻撃をします。
     でも、ヤクザの様なモラル感が合法化整備されて来ているに過ぎず、合法だからと言って人道的に良い事だとは到底思えません。

     なぜ人々は「寛容」の精神を育てる方向で動かないのでしょう。
     今の時代に一番必要な精神だと思いますし、これが為されない世の中であるならば「人類は既に終わっている」とも思えます。
     私はクリスチャンでは有りませんし、むしろ仏教徒よりの人間ですが、今のモラル感は2000年前のレベルまで低下し、再度キリスト教の様な宗教か、またはそれに変わる何かが必要になっているのでは無いかと感じます。
     昔は「右の頬を打たれたら左の頬を差し出せ」なんてどんだけ馬鹿ば教えだ?と思っておりましたが、今の殺伐とした社会性を見ているとキリストが言いたかった事が非常に良く分ります。
     要は、「人類は復讐心による憎しみの連鎖や排他精神、自己愛文化を断ち切らないと歴史の未来は無い。だから寛容の精神を育て他人を思いやり許す事が大事なんだ」と言う事なのでしょう。
     また、それこそが愛の定義であり、カップルのエゴの押し付け合いを「愛し合う」と表現する世間とは一線を画してますし、その上で「隣人を愛せよ」と「寛容の精神の連鎖」を狙った布教活動は、やはり何時の時代の人間も本質的には凶悪で、何か律する物が無いとどうしようもない生物なんだろうなぁ・・と思うと同時にキリストは結構、偉大だったのかな・・・とも思えます。
     ただ、「神への畏怖」による布教活動だったが故に「神仏化」の側面ばかりが育って現代に至ってしまっている事や、科学の発展により「神への畏怖」の効果が薄くなって来ている事から、現代でキリスト教を元に再度モラルの向上を図るのは辛く、特に無宗教化が進む日本などでは宗教以外の「何か」が必要な気がします。

     いずれにせよ人権は、人々の言う間違った「人権」では無く、憲法で定義されている 「本物の人権」だけ守られれば問題は無いはずです。
     そして、その本物の人権とは、主に国に対して行使する性格の物だと言う教育を徹底すべきです。
     現代の人々は、「対人で行使出来る」と勘違いしてしまっているから変な人権主義が台等してしまい、モラルが歪んでしまうのだと思います。

     最近、裁判ネタの記事を書く事が多いのですが、それに関連してWEBなどで事件の被告をボロクソ書いているブログなどを見ると特にそう思います。
    「犯罪者に人権はいらない」と言う発言に代表される様に、余りに今の人々は「人権がなんたるか」を知りません。
     また、刑法の意味も理解し切れていない事も原因なのでしょう。

     主旨とは外れますが、余談ながら「被告人に人権はいらない」の何が間違っているかを指摘しておきます。

    ・刑法とは「これをやったら罰を与える」と言う物では無く、「国はこれをやった人に対し、指定の範囲内で懲罰を与えなければならない」と言うものです。つまり、「人に対する罰則」では無くて「国家に対する命令」なのです。

    ・人権とは、国家権力による横暴から身を守る為の権利です。

    ・国家は刑法によって被告に対して身柄拘束や懲役、そして時には「死刑」と言う殺人まで行おうとします。しかし、憲法では理不尽な国家の横暴を阻止する為に人権が定められていますので、被告はこれに対して「人権を行使」出来ます。

    ・被告は裁判で刑が確定するまでは、「容疑者」又は「被告」でしか無く、犯罪者では有りませんので未だ「人権が守られている」状態です。

    ・「法律無ければ犯罪者無し」の原則に基づき、法律とはある種の国家暴力ですから、そう言う意味でも法律の行使は「慎重」さが求められる性格のものです。

    ・よって、被告人は理不尽な国家暴力から身を守る為に、「法律から外れている行動を取った事実」以外の要因で加重罰を受ける事を避ける為、及び可能な限り国家から受ける実刑と言う暴力を軽減させる為に「権利を行使」出来ます。

    ・そう言う意味では、「被害者の権利がないがしろにされている」と言う理屈は根本的におかしい事です。別に被害者に対して国家が何か暴力を行使するとは思えません。なので、本来は「被害者をケア出来る制度が欲しい」と言うのが正解で有り、「被告の権利と比べて」とか「被害者の権利を尊重しろ」と言う事自体が「権利」の意味を履き違えています。
     権利とは、「被害者をケアする制度」が法整備された上で、それを国が執行しない時、又は執行不備が有った時に初めて、国に対して「人権の行使」が出来るのです。

     とまぁ、裁判ネタだけでも人々がどれだけ「人権を理解していないか」を説明出来ちゃう程、今の人権の乱用はひどいものだと感じています。

     さて余談の余談ですが、たまに著作権を理解していない人々をWEBで散見するので、グレート・サスケの間違いを指摘しておきます。
     肖像権侵害だと思った=まぁ、近からず的外れでは有りません。しかし、肖像権とは本来法律では定義されていません。民事裁判にてそう言う権利が認められた事例は有りますが、民事裁判で有る以上、それはその事例に於いて個別に認められた権利として見るのが妥当です。
     つまり肖像権とは「完全に保証された権利」では無いと言うことです。
    過去の肖像権侵害の判例から察するに、肖像権侵害が認められるには「アイコラなどでイメージを貶められ営業上不利益を被った」か、又は「無許可で写真などを販売され、営業上の不利益を被った」など、何かしらの金銭的不利益を被っていないと肖像権侵害とは言い難い所です。
     また、あくまで「民事裁判で認められて初めて成立する権利侵害」です。
     しかも、肖像権に対する法律は無いのですから、写真を撮った人は犯罪者では決して有りません。ですので、これに対して暴力を振るって良いと言う事には決してなりません。(もちろん警察も逮捕・監禁してはいけない事ですし、実際しません。)
    しかし、肖像権とは基本的に「写真に撮られる」事による事案なので、肖像権と言う言葉を使うのは全くの的外れでは無い事は確かです。

     それに対し、
     著作権の侵害だ=これは完璧に的外れです。
     著作権とは「著作物」に対する権利であり、著作物とは「一部の創作物」の事です。例えば「小説」「映画」「音楽」「写真」などですね。
    基本的に文章は全て著作物ですので、今書いているこの文章にも著作権は発生しています。
     厳密に言えば、私の書いた文章を無断で引用または掲載した場合、著作権違反として告訴出来ます。
     しかし、著作権も私に言わせれば「やや行き過ぎた権利主張」です。
    基本的に利益追求の無い著作物に関しては、その権利は「無視」されるべきでしょう。
    (その位の寛容が無いと、今のWEBサービスも成り立たない大手サイトが多い事ですし。)
     もちろん、金銭利益、名誉利益、宣伝利益など少しでも利益追求が伺われるならば慎重に接するべきでは有りますが。
     ただ一応、著作権は法律で定義されていますので、これに反した人は警察によって逮捕・監禁される場合も有りえます。
     いずれにせよ、写真を撮られる事と著作権は全くリンクしません。
     逆に、グレート・サスケの写真を撮った人には、携帯のメモリにその人が撮った「写真」と言う「その人の著作物」が格納されていますので、もしもグレート・サスケがその携帯を破壊したりすれば、それはグレート・サスケが著作権法違反で逮捕されうる性格の物です。
[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 299 ] / 返信無し
[304]  ここにも弊害
□投稿者/ Toshi -(2009/03/06(Fri) 13:12:24)

     MSNのコラムで昨今の就職超氷河期に対し、若手サラリーマンの不満の声が紹介されていました。
     それを読んでの印象は「あぁ、ここにも人権主義弊害が・・・」でした。

     企業が終身雇用制度を崩壊させた過ちに付いては「Toshiの戯言」コーナーでも指摘済みであり、企業のこれまで取って来た方針に問題が大きい事も事実なのですが、その問題から発生する不満が誤った方向に向かうのは行き過ぎた人権主義弊害からなる「自己愛文化の増長」が強く感じられました。

     コラムの内容を掻い摘んで説明するとこうです。
    「部下や新人が入って来ないので、いつまで経っても自分が新人扱いだ。バブル入社世代の40歳以上の人間は腐るほどいる。彼らは仕事も出来ない癖に高給を取り腹が立つ。要職は彼らの奪い合いで、若手にチャンスは無いから、いつまで経っても彼らの使いっパシリで重要な仕事はさせて貰えない。だから正社員切りを加速させるのは賛成だ。でもそれが自分にも降りかかってくるなら現状で我慢するしか無い」
     

     もう、呆れて物を言えない状態です。

     この若手サラリーマンから確たるポリシーは全く感じられず、只の我侭でしか有りません。
     そんなどうしようもない我侭から不満を募らせてしまい、仕事に支障をきたしているならば、やはり「自己愛文化の増長」の弊害でしょう。

     まぁ、年配者なら言うまでも無くこの若手社員の「超浅はかさ」がお分かりでしょうが、若い人の為にいちおう指摘しておきます。

    ・会社の発展を考えた上での不満とは思えない。もし「会社の為」ならば、それは全社員を含めた団体が「会社」なので、使えない人間が多くいるなら、彼らを食わして行く為にどうしたら良いかを考えるべき。

    ・年配者に対して敬意を持たな過ぎだ。今その会社が存続して、自分が働いていられるのは、先輩達のこれまでの活躍が有ってこそ。バブル時代に入ったと言う事は、彼らも若い頃は激しい出世競争の中苦労して来た訳で、そんな彼らが要職に付いて若手を使うのは「当たり前」だろう。

    ・会社は「人材がいなければ発展せず、発展しなければ人材を多く持てず」の関係が有る。一重に人材を切ってダイエットする事が良策とは思えず、また、この若手は、いずれは自分も「使えない年配者」になる事を失念している。

    ・年配者を切って、自分が残れば良い・・・とする事に、「それは誰の為、何の為」と言う正統な理由が見出せない。この若手が重要な仕事をこなせるとは到底思えない。こんな事を言っている出来そこない若手しかいない会社に未来は無い。
     逆に「出来る若手」なら、不満を言う前に「この現状を良くする為に年配者と共に少しでも経営状態を安定させる為の提案をするなり、何かしらの行動を取る」のが正解で、この若手からは「単に今の自分のストレスを軽減させたいだけ」以上の何かを感じる事は出来ない。
     また、その結果、会社がどうなるのか、その後、自分がどうなるのか・・と言う未来を考えておらず、「今だけ良くなればいいや」と言う浅はかさを感じてしまう。

     結局、「出来る若手」であれば年配者や要職に付く人たちと上手にコミュニケーションを取り、敵対するのでは無く、「会社の一員同士」としてどんどん入り込み、重要な仕事をこなして出世する事も十分に可能なので、この若手は「自分の力量不足」を露呈しているだけに過ぎません。

     しかし、昔ならこんなどうしようも無い主張は聞き流されてお終いだったのが、今では堂々とコラムで流されてしまう時代に、「自己愛文化の増長」「行き過ぎた人権主義の弊害」を感じてしまうのです。
[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 299 ] / 返信無し
[358]  ストーカー問題も深刻です
□投稿者/ Toshi -(2009/05/12(Tue) 11:07:00)

    今日もプロゴルファーがストーカーで逮捕されました。
    しかし、内容を見てみると、
    「元カノに繰り返し電話をしたり、メールを送信したりした疑い。メールを1日に40回以上送ったこともあったという。」
    との事。

    この様な事が事件になってしまう事自体が「人権主義弊害」の最たるものだと思います。
    男にしろ女にしろ、理不尽な別れ話に納得が行かず、寄りを戻したいと行動するのは「普遍的」です。
    特に、相手が「シカト」している場合、私は逆に「シカトしている方が悪い」とさえ思っています。
    やはり、恋愛にしろ結婚にしろ、お互いの気持ちが有る事ですから、付き合うのも別れるのも「お互いが納得の上で」が基本だと思うからです。
    しかし、今のモラル・法律では、寄りを戻したいと行動した側だけが「犯罪者」扱いになってしまいます。

    これでは、堅固なカップルや夫婦、そして和気藹々とした家族と言う昔の良さがどんどん日本から失われてしまい、益々少子化に拍車が掛かるばかりです。

    Toshiの戯言でも書きましたが、本来ストーカー規制法案などの新設法律は、今まで法律で取り締まる事が出来なかった「悪質な犯罪」、例えばストーカーに限って言えば、付き合いも無いのに付き纏い、盗聴し、ゴミを漁り、性的な悪戯をしたり不気味な電話をし、又は夜中に何度も電話をして睡眠妨害をしたり、相手の恋愛や生活の邪魔をするなど、とても民事の範疇では無い事案を取り締まるべく出来たはずです。
    なのに、なぜに法律が出来ると規制ばかりが厳しくなってしまうのでしょう。
    国は人権のあり方をもっと真剣に考えねば、司法や国民性は取り返しが付かない所まで破綻してしまう懸念が拭えません。

[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / 返信無し
[303]  バラエティはセクハラ?
□投稿者/ Toshi -(2009/03/01(Sun) 15:42:55)

     産経ニュースによると、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会が各局のバラエティ番組にセクハラ・パワハラが横行しモラルレベルが低下していると大騒ぎしているそうで。

     ほんとに、くだらないニュースだと思いました。

     私はテレビを卒業してもう何年も経ちますので、実際の所はどうなのか知りませんが、バラエティが低俗なのは誰でも知っている事ですし、その上で視聴者はそれを見るかどうかの選択肢を持っている訳ですから、気に入らないなら見なければ良いだけの事だと思うのですが。

     また別の記事でも書いている通り、私は過剰な人権主義社会に反対する立場の人間ですから、社会に与える影響を懸念して大騒ぎしているならば大いなる「余計なお世話」に感じます。

     他にもBPO側の言い分としていじめを助長する表現が多いなども記事には書かれていました。しかしバラエティ番組に対し、これは昔から言われて来ている事ですね。
     いじめ問題はToshiの戯言でも取り扱っている通り、私に取っても由々しき議題では有りますが、この点に関しても「ちょっと違うんじゃないか?」と思っています。
     テレビ番組にはバラエティに限らず、いじめ根性の資質を育てる番組は数多く有りますし、むしろ全ての番組がそれに当てはまると言っても過言では無いぐらいに思っています。
     視聴者は、テレビとはそう言うメディアなんだとしっかり認識した上で番組を楽しんだり、家庭内教育を施すべきだと思っています。
     それに、過剰な人権主義を、さも「正義」と振りかざす姿勢こそいじめ根性を社会に蔓延させる一番の原因ですし、そっちの方が遥かに問題だと思っています。

     先日もニュースでどっかの警察署長が部下の女性十数人に対して「席の隣に座る」や「ダンス」などをして、結果的に触れたのが「セクハラ」だと言う事で自主退職に追い込まれたそうで。
     なんでこれがセクハラなの? 仮に体を触れられる事が不快なら「体に触らないで下さい」って言えば済む事じゃないの?
     逆に、文句を言って所長権限で睨らまれたりしたらパワハラで騒げば良い事じゃないの?
     こんな事件が報道されると、ちょっと異性の体に触れたり、終いにゃ肩を「ポン」と叩いただけで「セクハラ」だと言う認識になっちゃいそうです。

     江崎グリコの子会社の忘年会で男女ペアが風船を挟む風船割りゲームをやった事が「セクハラ」だと言う事で、一緒に参加した社長の監督責任が問われ親会社から減棒処分を受けたと言うニュースまで流れてきました。

     気違いじみた状況だと思うんですが。
[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / ▼[ 524 ]
[305]  諸悪の根源は米文化か・・
□投稿者/ Toshi -(2009/03/14(Sat) 21:58:49)

     アメリカの黒人若手アイドル歌手が、年下の若手アイドルスターにDVされたニュースがしばらく前に流れていましたが、今回は、そのカップルが復縁している事を問題視するニュースが流れていました。

     そのニュースは「DVは内輪で処理してよい事件では無く立派な犯罪だ。もし法廷で甘い判断がなされれば若手の憧れのスター同士なだけに若者に与える影響も看過出来ない。」と言う論調を基調にアメリカ世論(多分、マスコミの言う世論と言うのは「一部の声」の事なんでしょう)とアメリカでのTV特集コメンテーターの発言を後ろ盾に、問題を煽る記事構成になっていました。

     この様な記事が人間を堕落させるのでしょうね。

     知恵袋などでも良く見られる傾向ですが、「人権の尊重」を過大解釈して他人の問題に踏み込み、結果的に「大きな人権侵害」を起こしているにも関わらず、多勢に無勢で正当化されてしまうと言う、魔女裁判にも通じる人類のしょうもない性とでも言いましょうか。

     取りあえずこの問題だけに絞って言ってしまえば、本人たちがそれで納得してるなら、他人は口出しする必要も無ければ批判する必要も無いんです。(極当たり前の事だと思っているんですが)

     DVを受けても復縁すると言う事は、女性はDVを受ける事を差っ引いてもそれ以上に、その男性に価値を見出している訳なので、その選択は尊重されねばなりませんし、本人の自由意志は行使されるべき問題です。

     だいたい、本人の自由意志が無視されてしまうなら、SMプレイなんて有り得なくなってしまいます。
     つまり、この問題を騒いでいる連中は、「SMは犯罪だ!許してはいけない!」と主張しているのと等価ですし、自由を保障する「人権」を思いっきり無視した主張となっています。

     例えば、DVを受けた女性が「許せない気持ちが大きい。でもそれ以上に別れたくない気持ちが大きい」と葛藤に悩んでいるシーンを良く見かけますが、この時点で口出しする「他人」が多い事多い事。
     本来なら、自然に「別れる」か「それなりに心の落とし所を付けて上手く付き合えるカップル」のどちらかに収束すべき問題を、他多勢が強引に「別れる」に持っていく様は明らかに人道上間違っていると感じています。

     他人が口出しして良いのは、「別れよう」と思っている女性が、相手の男性に「監禁や脅迫」されている等、女性の自由意志が虐げられている状況になってからと言うのが「良識」ってものでしょう。

     「当たり前」の事しか書いていないつもりですが、今更言うほどの事でも無い「当たり前」が信じられない事に「壊れた世の中」になっているのも事実の様です。
     実際のアメリカでは、この事件がどの様に反響を生んでいるのか分りませんが、もしも本当に「内輪で済ますな!厳しく罰しろ!」と騒いでいるならば、世の中を壊しているのはアメリカ文化って事になりますね。

     セクハラやパワハラと言う言葉を持ち込んだ件も併せての事では有りますが。

     逆に、もしも「一部のうるさいPTA系レベルの人権団体が騒いでいるだけ」だったりするなら、それを大袈裟に報道して日本のスタンダードにしてしまう「マスコミ」が諸悪の根源と言えます。

[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 305 ] / 返信無し
[524]  Re[2]: 諸悪の根源は米文化か・・
□投稿者/ まい -(2009/10/20(Tue) 15:06:33)

    頭悪いな・・・
[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / ▼[ 312 ] ▼[ 315 ] ▼[ 316 ] ▼[ 346 ]
[311]  日本核武装万歳
□投稿者/ Toshi -(2009/03/22(Sun) 22:41:56)

     私はこのサイトを見ていただければ分かる通り、根っからのハト派なんですが、戦後世代が大人になってからのここ20年程はタカ派思想が蔓延して来ているなぁと感じる事が多々有ります。
     しかし、ニュースメディアは「中立」「客観性保持」が基本ですので、ニュースがその様な思想的な記事をあからさまに流す事は滅多に無かったと思うのですが、今日、MSNの産経ニュースで「政治部デスクの斜め書き」と言う、やや「コラム寄り」なタイトルで、あからさまに「日本核武装万歳」を煽る記事が流れていました。
     最近のニュースメディアは気違い染みている事も多々有りますが、ここまで酷いのは初めて見ました。
     まぁ、端折って言ってしまえば「北朝鮮は神経質になるべきだ。脅威なんだ。その脅威にもっと神経質にならなければならないんだ。北朝鮮がやる事なす事、日本人は許しちゃいけないんだ。ほんとに脅威だ。脅威、脅威、恐い恐い。だから日本は核武装をしなくちゃいけないんだ。非核三原則なんかクソ食らえ!なのだ!」
    って感じの記事でした。

     あからさまに低レベルで、まるでヒトラー時代の様な時代錯誤な思想誘導にとてつもなく大きな嫌悪感を覚えました。

     まず、「無知すぎる」ってのが一番感に触った所。
     この人は、戦争と喧嘩を同一視しているし、その前提でどんどん話を進めてしまっているのが「低レベル」な所以です。
     また、他でも良く見る意見ですが、この人も「日本は非核三原則を持ちつつ、アメリカの核の傘に守られている。が、アメリカが本当に助けてくれる保証なんてないんだから、日本は武力を強化すべきだ」的な事も言っていました。

     個人的にはこの意見って、そもそも「前提が間違っているんじゃないの?」と思っています。
     終戦直後、アメリカは日本の武力に「脅威」を感じていた訳で、だからアメリカは戦利国として「日本は武力を放棄せよ」と命令を下した訳で、日本は好き好んで戦争を放棄する国になった訳では無いと言うのが、まずは最初の前提ですよね。
     で、日本は「武力を持たなかったら、侵略される危機にさらされるじゃないか」と不満を言い、アメリカは「ならば同盟国として安全保障条約を締結してやる。なんか有ったら俺達が守ってやるから、とにかく日本はもう最低限の防衛力以外の武力を持つな」となった訳です。
     なので、「日本は自発的に戦争を放棄して、アメリカに依存している」訳では無いって事なんですよね。
     なのでこの辺を語るなら、まずは「日米安全保障条約の見直し、又は破棄をすべきだ」と言う所から議論は始めないといけない訳なんですが、その辺を無視していきなり「武力を持とう!」ってのは、やはりレベルが低い気がします。
    ましてや、初段階である「日米安保」の見直しや破棄」がどれほど難しい問題で有るかは言わずと知れた事です。地位協定の見直しでさえ思い通りに事が進んでいないのですから。
    なので、この問題を全く議論もしていないのに「核を持とう!」と言う意見は余りに非現実的過ぎて、北朝鮮以上に幼稚です。

     更に、日本の立場としては、強制的に武力を解除させられた惨めな立場から立ち直る為に、「日本は戦争を放棄して国際平和の推進役になるんだ」と言う覚醒が日本人のプライドを保って来た経緯も有りますし、実際に戦争の悲惨さを経験した国民からも、その思想は大きく支持されて来た歴史的背景も有ります。

     またそれに伴い、被爆国として「非核三原則」を打ち立てて国際的に核縮小を訴える事で「平和推進国」と言う肩書きを「負け惜しみ」レベルから実質的なレベルに引き上げて、国際的に認められる様になって来た訳で、ここで核武装なんかしちゃったら、先人達の顔に泥を塗る行為となります。

     また、戦争とは喧嘩じゃ有りませんし、ましてや民族浄化戦争の様な喧嘩に近いレベルの戦争は、近年の国際社会を鑑みればもはや大国間には有り得ません。
     所詮、核兵器は「使えない兵器」であり、「政治的なカード」としての意味しか無い兵器ですから、「政治カード」としてもっとメリット・デメリットを検証すべき事柄でも有ります。
     となれば、日本が政治カードとして核武装するのはメリットとデメリット、どっちがでかいの?と言う事になります。
     今日本は、対北朝としての経済的優位性はかなり大きい政治カードです。
     もし日本が核武装をしたら、先にも述べた通りこれまで取って来た「平和推進、核縮小」と言う日本のリーダーシップを翻す行為なのですから、当然ながら日本の国際的な信用力は大ダメージを被ります。結果的に、各国からの経済制裁などの理由で日本が唯一持っている「経済的優位性」さえ失い兼ねない状況になる可能性も大きく有ります。
     と考えると、核武装は「メリットが大きい」とは決して言えず、やはり経済的な優位性と、今もっている国際的信用力と言う「カード」を上手く使って北朝鮮の核解除に持っていくのが、北朝鮮問題解決後の未来にもカードを保持できる「大人」な戦略と言えます。

     戦争については人道的モラル的な批判は多々有りますが、少なくともは「国際法」と言うルールに則って行われる「殺人OKな集団戦略ゲーム」ですし、決して「ルール無用の虐殺ゲーム」では有りません。
     なので、「平和ボケした事言ってて、もし有る日突然北朝鮮にミサイル落とされたらどうすんの?」と言うのは「有り得ない」とまでは言えませんが「考えられないシチュエーション」で有る事は間違い有りません。
     もしも本当に北朝鮮が国際法を無視して本当にそんな事をしたら全世界を敵にまわす事になるからです。

     私は韓国や中国の様に、過去の歴史に捉われてウダウダ言うのは余り好きでは有りませんが、かといってタカ派な現代人は逆に日本の過去の歴史(と言うか経緯)を無視し過ぎていると感じます。
     特にニュースを書く記者はこんな無知で低レベルな記事を流して国民を一層低レベルに誘う事はしてはいけませんし止めるべきですね。

[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 311 ] / 返信無し
[312]  迎撃準備
□投稿者/ Toshi -(2009/03/31(Tue) 12:58:37)

     そろそろ迎撃準備が本格化して来ましたね。
     迎撃ミサイルシステムの操作パネル部を開発してた私に取って、ちょっと感慨深いものが有ります。

     とは言っても、実際に迎撃ミサイルが発射されるかと言えばそうは思えません。
     恐らく、北朝鮮側も日本に被害が出るようなデモを行うのは得策では無いので、安全確実なデモになるでしょうし、危険が無いのに迎撃ミサイルを打つ事自体、税金の無駄遣いですし、もしそれで外れたら日米の打撃は大きい物になると言う非常にリスキーな状況だからです。

     ただ、迎撃準備をする事自体は、日本の姿勢をはっきりさせる為に必須だと思っています。

     でも、やはりマスコミは騒ぎすぎですよね。
     今日も「北朝鮮が核爆弾の小型化に成功した可能性が有り、もしそうなら日本全土をカバーする核ミサイルが実戦配備された事になり深刻な脅威だ」とか報道していましたが、日本は遥か昔から中国やロシアに核ミサイルの標的配備をされていますから、「何を今更」な話でしか有りません。

     むしろ、今日のニュースでロシアが北朝鮮側に付く政府発言が流れていましたが、こっちの方が「脅威」です。
     だって、北朝鮮なんかより遥かに精度の高い核ミサイルを持っているだろうロシアが北朝鮮側に付く事を明確にした訳ですから。

[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 311 ] / 返信無し
[315]  喉もと過ぎれば・・・
□投稿者/ Toshi -(2009/04/06(Mon) 11:26:43)

     まぁ、サクッとイベントは終了しましたね。

     当たり前ながらの予想通り、何事も無く終わりました。

     しかし、事後のマスコミ報道は相変わらず過熱気味で、まるで普段の中国や北朝鮮の様にヒステリックに騒いでいます。

     なんか、同じ日本人として恥ずかしくなって来ます。

     「許せない」「制裁強化しろ」のオンパレードとかじゃなくて・・・

     もっと冷静な姿勢を持てないものなのでしょうかね。


     構図としては、今まで北朝鮮は幼稚に騒いでダダこねて、我侭を通して来たのに対し、日米は大人な対応をしつつも犠牲を払って北朝鮮の我侭を聞いてきてしまった・・・
     と言った所だと思います。

     この構図を大人として、どうやって是正するか・・・

     と言う議論とか姿勢が欲しい気がします。

     また、事後の国連緊急会議などでは、今回の北朝鮮の事件をネタに利権絡みで各国間の政治的なドロドロした戦いが繰り広げられつつ有りますが、問題はやはり北朝鮮なんかよりも、ロシアや中国をどうやって封じ込めるか・・・だと思うんですよね。
     私的には、北朝鮮なんかよりも中国に「ムカッ」と来てしまいます。

     普段はちょっとした日本の行動に対してヒステリックに騒ぐ癖に、明かに靖国問題なんかよりも重大性の有る事案に対して日本を抑えに周る理不尽さ。
     そもそも、金を出してない癖に常任理事国として大きな顔をしてる事自体、腹立たしい所です。
     ロシアも同じでは有りますが、ロシアの場合は米国との関係が余り良好じゃないから今回北朝鮮側に付いた事で、益々日米と険悪になると言う側面が有り、自分で自分の首を絞める行動として自ら制裁を課しているとも言えるので余り腹は立たないのですが、中国が日本を馬鹿にしつつファインプレーし過ぎてるんですよね。
     やっぱり、日本がアジア情勢を有利に動くためには、中国を如何に大人しくさせるかに関わってるんじゃないかと思います。

     中国が日本に文句を言ったり、邪魔したり出来なくなれば、もうそれだけで北朝鮮問題なんか軽く解決出来そうな気もしますし。

[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 311 ] / ▼[ 385 ] ▼[ 514 ]
[316]  産経政治部って右翼団体ですか?
□投稿者/ Toshi -(2009/04/13(Mon) 01:48:30)

     日本を核武装すべきだって記事を書いた人と同じなのかも知れませんが、同じ産経政治部からのコラムで、今度は「日本は先制攻撃を仕掛けるべきだ」的な記事が流れていました。

     この人、よっぽど戦争が好きなんでしょうかね。

     記事は5ページに渡る長文ながら、読んでみると話の辻褄が合わないとっても稚拙な記事なんですが、言ってる事は過激です。

     冒頭で、先のアメリカの取った「先制攻撃」が世界中から批判されている認識を示しつつ、日本の敵地攻撃論や本来の先制攻撃はアメリカの先制攻撃(予防攻撃)とは異なるから「批判の対象になるべき議論では無い」と言う論理を展開させつつ、次第に「アメリカの取った先制攻撃は正義なのだ」と論点がずれて行き、最後は「日本もアメリカを見習って先制攻撃しよう!」と結ぶ記事です。

     記事中、アメリカの先制攻撃を正当化させる際に、「予防攻撃は国際条約で禁止されているが、条約が出来た当時は現代のテロの蔓延やミサイル技術の発達は想定外だったに違いない」=(だから条約は非だと言う論調)で強引に説明していました。

     更に最後に、ロシアや中国も先制攻撃軍備を拡大させているから「是」だと持っていってました。

     また、予防攻撃と先制攻撃の違いなどから是非を語っているにも関わらず、「実際の攻撃は当事者の主観で行われるから、予防攻撃とそうでない先制攻撃の境界線は曖昧だ。だから国際条約で予防攻撃が禁止されていても他国がいつ仕掛けて来るか分らないんだ。だから日本はやられる前にやる事が出来る様に法整備を進める議論をすべきなんだ」とも書いてました。

     まったく、産経新聞ってのはなんなんですか?
     危ない政治団体か宗教団体なんじゃないですか?

     馬鹿らし過ぎて、熱く批判する気にもなれないんですが、これだけは間違っちゃいけねーぞって事だけ書いておきます。

     予防攻撃を人類が禁止したのは、連鎖を防ぐ為、そしてこの記者が言ってる事と全くの逆で「兵器技術が向上する事が予想されるから」です。

     この記者も書いていますが、先制攻撃とは実行側の「主観」で行われるものなんです。

     さて、もし世界的に「予防攻撃OK」になったとしましょう。

     当然、北朝鮮も中国もOKなんです。
     彼らが「主観」で、「日本はテロ行為を行っている恐れが有るし、軍拡の方向に進むのは脅威である。だから先制攻撃しよう」ってのもOKになるって事なんです。

     そんな事を言い出したら、どこもかしこも戦争だらけになっちまうってもんです。

     しかも、爆雷程度しか無い時代と違い、今やミサイル技術が発達しています。
     日本より高性能高威力のミサイルを持っている国なんて幾らでも有ります。
     もちろん日本のミサイル技術も低く有りません。
     こんな状態で安易に各国が予防的先制攻撃なんか始めたら、それこそ核の応酬戦争に発展する可能性が高まり、世界的な人類滅亡の危機に陥る事が安易に予想出来る訳です。

     まぁ、こんな事を書く事さえ馬鹿らしいと言うか、普通、分かるよね?
    ってレベルの話なんですが、万が一、こーゆーバカヤロウな記者を鵜呑みにしちゃう読者がいるといけないので、一応書いて見ました。


[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 316 ] / 返信無し
[385]  産経右翼活動その2
□投稿者/ Toshi -(2009/05/30(Sat) 18:12:20)

    今日も産経政治部から右翼活動な記事が流れて来ています。
    憲法九条を改正をすべきだと言う記事で、こんなたとえ話をしていました。

    ------------------------
    これを一般世間に例えて説明しましょう。ある地域で不審者が度々出没して、このままではだれかが襲われるかもしれないという状況が起きたとします。そこで、自治会ではみんなで話し合った結果、大人の男性が複数で夜の見回りをやることになりました。しかし、「日本さん」は「うちの家訓では『人と争ってはいけない』ということになっていて、争い事はできませんから」と言って見回りへの参加を断るか、参加したとしても「だれかが不審者に襲われても私は何もできません」と宣言します。

     これを他の人はどう思うでしょうか。間違いなく、「日本さん」は自治会の中で批判の的になって、だれからも相手にされなくなるでしょう。もし「日本さん」が普段の生活で困ったことが起きたとしても、だれも助けてくれないでしょう。国際社会も同じで、これが日本の現実なのです。

    ------------------------

    一見、説得力を持っていて国民は騙されてしまうレトリックですね。
    しかし、そもそも日本の憲法ってのはアメリカの監修の元作られた物ですし、当時英国・ソ連も納得の上での物ですから、少なくともそれらの国に対しては「アメリカさんに決められた基本原則が有りますから」と言い訳も出来る訳ですし、「日本は後方支援と金銭面でサポートする」と言う「出来る範疇での適正適所、役割分担」として上記の例を書き換える事も全然可能です。

    そう言う客観性を一切排除した一方的なプロパガンダ活動は「非常に危険」ですので、国民は騙されないで欲しいですね。

    そもそも九条改正を主張するなら、「じゃぁどこまで改正してどこまで規制を緩和してどこに制限の線を設けるのか」と言う提案が必要不可欠です。
    が、まぁ、産経は「軍事大国日本、帝国主義万歳」なんでしょうから、そんな観点は一切持っていないんでしょうけど。
[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 316 ] / 返信無し
[514]  産経右翼活動その3
□投稿者/ Toshi -(2009/10/09(Fri) 19:34:42)

    http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091003/plc0910030811019-n2.htm
    昨日の記事ですが、外国人の地方参政権に反対する記事が流れていました。
    まぁ、私も外国人の地方参政権は反対なのですが、この記事は憲法や判例を根拠として反対する意見になっていて、個人のブログレベルの幼稚な理論に呆れてしまいました。
    こーゆーこじ付けがましい主張を堂々と声高々に言う姿勢も、やはりマスコミと言うよりも右翼団体って感じがして嫌悪感が沸き起こります。

[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 311 ] / ▼[ 349 ] ▼[ 355 ]
[346]  今日もタカ派記事
□投稿者/ Toshi -(2009/05/05(Tue) 00:46:43)

    産経ってのは本当に過激派な団体だなぁ・・・と思う記事がまた流れていました。

    今回は、日本は北朝鮮に限らずイランを「敵視」しなければならない・・と言う記事でした。
    書いてある事は7割がた事実に基づいていましたが、3割は「推測」を断定口調で論じ、いつもの様に強引な展開で主張を正当化させるファシズムのやり方に近い物でした。

    「悪の枢軸」と言う単語を使って最後を締めくくっている辺り、ブッシュ政権のネオコンに近いタカ派ぶりを感じました。

    確かに北朝鮮とイランの連携の議論が少ないとか、イランと北朝鮮の連携ぶりの割りに国際的に非難がイランに偏り、北朝鮮を重要視しているのは日本だけ・・と言う議論が有っても良いとは思いますが、ジャーナリストは問題提起するだけにしないと非常に危険極まりないですね。

    戦時中の新聞報道とかってこーゆーのばかりだったんだろうなぁ・・・
    と思うと共に、産経は軍国主義を渇望しているに違いない・・・と思える記事ばかりで、うんざりします。
    私は戦時中の様な国家体制になるのは「まっぴらごめん」です。

    あと、産経の悪口ついでにもう一つ。
    この記事では有りませんが、産経のニュース記事って「国語力が足りない」記事が他社に比べて多い気がします。
    自分だけが理解していて話を端折ってしまい、読者にはなんの事やらさっぱり・・と言う記事とか、文章構成そのものが変で話がちぐはぐとまとまらない記事とか・・

    産経に対して
    「思想じみた記事を書く前に、あなた方は文章を書くプロなんだから、人事・採用にもっと神経質になるべきだし、既存の社員に対してはスキルアップの教育をもっと施すべきだ。」
    と言いたくなります。

    とは言え、稀にでは有りますが、産経の記者の中にも好感を持てる人もいるにはいます。
    例えば福島香織、彼女の記事を全て読んでいる訳では有りませんが、少なくとも私が読んだ範疇では「ぶっちゃけ調」の遠慮の無い記事で有りながら、当たり障りの無い記事構成を心掛けていて、あのぶっちゃけ調の書き方さえ気にならなければ万人が不快な思いをしないで読める記事が多いと感じます。

    他にも、普段から私が主張する「優しさ」「寛容」を主導する様な記事を書いてくれる記者さんも、極僅かながら見かけた事が有りますし、今日も東谷暁さんが民主批判記事を書いてくれていました。(私はどの政党も嫌いですが、民主は激しく嫌いなので、昨今の民主ブームに水を差す記事は大歓迎です。)

    でもそれ以上に不快な思いをする記事が余りに多いんですよね、産経。

[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 346 ] / 返信無し
[349]  参考:国語力の無い記事
□投稿者/ Toshi -(2009/05/06(Wed) 02:52:58)

    一応国語力が無い記事が多いと批判した事について、参考まで少し例を挙げておきます。
    基本的に時間を置いて2〜3度アクセスすると一つや二つは「国語力の無い記事」を見つけられます。
    今日も新型インフルエンザ関連の記事をちょっと読んだら意味不明な記事がすぐに見つかりました。
    少し記事を抜粋します。

    ---------------------------------------------------------
    第2波の懸念

     弱毒性とはいえ、懸念すべき点も多い。ウイルスが変容を繰り返し、毒性を増す可能性もあるからだ。

     1918(大正7)年から世界中で4000万人とも言われる犠牲者を出したスペイン風邪(H1N1)は、流行中にウイルスが変容したことが、被害を大きくした原因と指摘されている。

     しかし、田代氏はWHOでの議論などから「病原性が若干強くなる可能性はあるが、鳥インフルエンザのように強毒型になる可能性はない」と断言しており、安心材料となりそうだ。

     CDCによるウイルスの解析でも、今回のウイルスがスペイン風邪ウイルスが保有していた病原性に関する遺伝子は持っていないことが判明。スペイン風邪より病原性が弱い可能性を示している。

     

    ルーツは10年前

     毒性と感染拡大は全く別。新型インフルエンザは例年の季節性インフルエンザ並みの強い感染力を持っているとみられている。CDCなどは「第1波の押さえ込みに成功したとしても、今冬、あるいはそれ以前に、第2波となる流行が発生する可能性もある」と警告している。

     また、米コロンビア大などの研究チームでは、ウイルスが「北米の豚」「アジアの豚」「欧州の豚」など少なくとも4種類のウイルスが混合して生まれたとの解析結果をまとめた。「北米の豚」のウイルスには鳥と人に由来するウイルスの遺伝子も交じっていた。

     チームは過去の検出状況から、1998(平成10)年ごろまでには北米の豚の体内で、豚、鳥、人のウイルスが混合したのではないかとみている。ウイルスの解析は、今後の治療などに役立つものと期待されている。

    ------------------------------------

    まず、小タイトルの「第2波の懸念」としては、
    「今冬、あるいはそれ以前に、第2波となる流行が発生する可能性もある」と警告している。」
    までがそうなんじゃないの?って所ですね。
    これが入っていないと、「第2波の懸念」では全く2波の懸念記事になっていませんし、「ルーツは10年前」とは関係無い記事でも有ります。

    まぁ、小タイトルの挿入位置を前倒しにする「悪い傾向」はニュース記事では良くお目に掛かるので、これは個人の問題と言うよりも会社の問題なのかも知れませんが。

    それと、「ルーツは10年前」の記事はまったく意味不明です。
    「 チームは過去の検出状況から、1998(平成10)年ごろまでには北米の豚の体内で、豚、鳥、人のウイルスが混合したのではないかとみている。」

    何が言いたいのかさっぱり分りません。

    よくよく考えると、きっとこの記者は「チームは過去の検出状況から、1998年の時点で既に北米の豚の体内に於いて豚、鳥、人のウィルスが混合していたのでは無いかと見ている」と言いたかったのかな・・と強引な推測が出来ますが、余りに国語力が無さ過ぎて真意は全くの不明です。

    他にもこんなのも有りました。
    女子大職員職の内定取消しを恨んで威嚇業務妨害をした男のニュースで
    -----------------------------------------
     捜査1課の調べによると、渡辺容疑者は今年2月初旬から4月初旬にかけて、3回にわたり、新宿区内の公衆電話から昭和女子大に電話をかけ、「爆弾を投げてやるからな」「職員殺していい」などと応対した女性職員らを脅し、大学の業務を妨害した疑いが持たれている。
    -----------------------------------------
    この記事では、女性職員の対応がなんだったのか全く分りません。
    男の「爆弾を投げてやるからな」と言う電話に対して、女性職員が
    「職員殺していいよ」と対応したって事??
    おかしいよね?辻褄合ってないよね?
    って感じで、もはやニュースになっていない感じです。

    これなんかもそうですね。鳩山首相に関する記事で、出だしから「なんだこりゃ」です。
    -----------------------------------------
    ある女性が妻に電話で言った。「政権も始まったばっかりだからと思って我慢してきたけど、もう我慢できないわ」。突き放すように鳩山由紀夫首相を切り捨てるその言い方に、妻も驚いたという。
    -----------------------------------------
    書いてる本人だけが納得している手抜き文章の見本ですね。
    「ある女性が私の(又は筆者の)妻に電話で言った。」
    と書かなければ余計な混乱を生み出すだけです。
    5W1Hさえ知らないのかしら、最近の物書きプロは。
[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 346 ] / ▼[ 443 ]
[355]  産経唯一の良質記事
□投稿者/ Toshi -(2009/05/08(Fri) 09:59:13)

    基本、産経って腹が立つプロパガンダ記事が殆どなのですが、そんな中で唯一、比較的的を得ている記事が多いと思うのが「正論」シリーズです。

    今日もどっかの大学教授さんが述べてる主張でこんな言葉から始まる記事が流れていました。
    「 もういいかげんに覚悟を決めたらどうだろうか。中国には海を奪われ、油田をかすめ取られ、毒食を送りこまれて知らぬ顔の半兵衛を決めこまれ、国連で常に妨害され、韓国には島を占拠され、野球のWBCのマウンドに太極旗を立てて侮辱され、北朝鮮には人さらいをされ、ミサイルを発射され、これら特定アジアからそろって偽史まで強要されている。そのような恥ずかしい国に住んでいくという覚悟を、もう決めた方がよいのではないか。」

    ははは、この人、よっぽど日本の現状に付いて頭に来てるんだろうなぁ・・・
    と心情を察する事が出来るつかみ文句で、ちょっと可笑しくなってしまいました。

    全体的にやや感情が先行してて、独断と偏見に偏った意見になっていましたが、概ね総論的に言ってる事は間違っていないと思いました。

    早い話私が前に述べた様に、中国の脅威やロシアの存在などを軽く見るな・・的な内容になっていると思います。

    私の周りにもいますけど、人の足元を見る嫌らしい人や国っていますものね。
    私の様に生活に窮している人間は、そんな嫌らしい人に対して「ぅぐ・・悔しい、情けない、なんて最低の人間なんだ・・こんな人とは関わりあいたく無い」と心の中で思いつつも、背に腹は変えられない状況から涙を飲んで非常識な提案を受け入れざるを得ない状況が有ります。
    きっとアメリカなんかも似たような立場なんだろうなぁ・・・
    なんてこの記事を読んで思いました。

[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 355 ] / 返信無し
[443]  Re[4]: 産経唯一の良質記事
□投稿者/ Toshi -(2009/07/22(Wed) 10:09:33)

    http://sankei.jp.msn.com/world/america/090722/amr0907220254000-n1.htm

    今日の「正論」シリーズでも「そうでしょ?そうでしょ?」的な記事が有りました。
    まぁ、後半はちょっと強引なこじ付けにも感じますが、少なくとも前半は兼ねてから私が主張してる内容とほぼ一致してますので、「あぁ、こんなおじーさんでもちゃんと分ってる人は分ってるんだなぁ」と感心しました。

    ついでに、良質って訳でも無いのですが久しぶりに「笑いの取れる」記事も有りましたので紹介しておきます。

    http://beautystyle.jp.msn.com/express/ranking/050/default.htm
    4ページ有ります。(記事下にページジャンプのリンクボタン有り)
[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / 返信無し
[321]  大阪女児遺棄
□投稿者/ Toshi -(2009/04/27(Mon) 12:17:47)

    なんとも痛ましい事件ですね。
    両容疑者の証言から自然死による遺棄と言う容疑になっていますが、かなり疑わしい感じはします。最悪の場合故意による殺害、最良でも過失致死なんじゃないかなぁ・・・と勘ぐってしまいます。

    いずれにせよ、容疑者達の凶悪性は高い物で有る事は違いないんですが、マスコミがこぞって報道している「焼肉」は過剰報道にも程が有りますね。
    まーた魔女狩りだよ・・・・って感じでげっそりしてきます。
    ほとんど小学生のいじめっ子レベル。
    「こいつは事件のあった日やそれ以降も頻繁に焼肉食って笑ってたんだぜぇ?」
    といじめられっ子を作り上げていく悪質なガキと全く同じです。

    別に焼肉食ったり笑ったりする事自体はなんら責められる部分じゃ無いでしょう。
    仮に、交通事故などで子供を失った親がいたとして、人によっては現実逃避で同じ事をするかも知れません。
    それを誰が不謹慎だと責められますか?

    同情されるべき人が取って許される行動については、攻撃されるべき人に対しても許されるべきですし、必要以上に「魔女化」させる必要は全く有りません。

[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / 返信無し
[322]  人体の不思議展
□投稿者/ Toshi -(2009/04/28(Tue) 00:27:30)

    WEBで調べ物をしている時に、ブラスティネーションと言う死体保存の用語を知り、そのままサーフしていると「人体の不思議展」に行き当たりました。

    多角的に考えると死体の取り扱いには様々な思想が有ると思います。
    一番クールな考え方で言えば「ただの物」、ハエやゴキブリなどの虫の死骸と同等で、特別な感情を抱く事が非科学的だと言う考え。
    次に、自分や愛する人を永久保存したいと考える人もいる事でしょう。
    また、「姿の保存」のみならず、最近では「復活」を見据えた保存を求める人も増えている様子です。
    日本に於いて一般的なのは、死体に人格と尊厳を求め、火葬により神格化させる考えですね。

    私は人それぞれ、国それぞれで色々な考えが有っても良いと思っていますが、日本の一般的思想から「人体の不思議展」は批判が多い様子ですね。

    WEBで大々的に人体の不思議展を批判し、展示開催の妨害活動をしている団体(個人?)のHPなども見られました。

    これなどはちょっとヒステリック過ぎると言うか、やりすぎだろう・・と思わざるを得ません。

    このHPでの批判点として
    1.中国人の献体を使っているが、彼らは死後、自分の身体がこの様な事(トランプや弓のポーズ、肉スライス)などに使われる事を本当に了解していたのか。
    2.死体は尊厳を持って取り扱わなければならない。
    3.人権を無視している。

    などが有りますが、ちょっと強引過ぎる理屈と言うか、スジが通っていませんよね。

    まず1ですが、中国人の献体と言う事で、中国政府筋の外貨獲得手段として死刑囚の死体が提供されているのでは無いかなどの噂も有り、実際はどうなのか分りません。ですが、確たる証拠も無く批判点として挙げる事は間違っています。
    また、ブラスティネーション技法を生み出した博士自身による展示がドイツなどで行われているそうです。情報によると、その展示展では1日に約6千人が来場し、開催期間中に100万人を見込む規模らしいです。
    そして、来場者の約0.1%の人が自分の死後に献体にして欲しいと申し込みをするそうです。
    この展示展でも基本的に「人体の不思議展」と同じ構成(と言うか、人体の不思議展がドイツのオリジナルをパクッてると言う争いが博士と日本の団体との間に有るそうで)なので、献体申し込みをする人はもちろんながら日常的なポーズを取ったり肉体をバラバラにされる事を承知して申し込んでいる訳です。
    100万人の0.1%ですから、約1000人の献体希望者がいる計算になりますが、実際にはもっと多くの人が既に登録を済ましているらしいです。

    この献体申し込みをする人の感覚は理解可能です。
    自分の存在意義として後世になにか残したいと考えるのは普遍的な考えですし、歴史に名を残すどころか、自分の身体を残せ、人の役に立てる意義は重大だと言う考えは十分に有り得える所です。

    その様な背景も有りますので、益々証拠も無く1の様な批判はしてはいけない所です。

    2.については、極論を言えばそれは「あなたの価値観」だろ?って感じです。
    確かに「日本の文化」としては「死体は尊厳を持って扱う」が一般的ですし、法律でもそう定義されています。
    しかしながら、献体は「日本人では無い」ですし、その場に遺族がいて嘆いている訳でも有りません。
    また、あくまで「尊厳を持つべき」だと言うのは「日本人の考え」でしか無く、また「尊厳を持つ」の意味合いも相対的且つ感情的です。
    人によっては、「死して尚人の役に立てている=尊厳を保っている」と解釈するかも知れません。
    また、いずれにせよ死体に尊厳を求める事が人道上必須だとは思えません。

    死体に尊厳を求める事を是としたとしても、死体を焼くと言う行為は日本の風習として「許されている」だけに過ぎません。
    日本の常識・習慣・宗教観念を抜きに考えれば「死体を焼く」事も十分に尊厳を損ねている行動ですし、冒涜でも有ります。

    日本人を中心に地球は回っていませんから。

    自分の理念、信念から外れ、不快に思うなら自分は展示に行かなければ良いだけの事であり、そこに「価値観」の押し付けは不要だと思う訳です。

    日本人の特性なのかも知れませんが、習慣に外れた行動は排他の対象になる傾向が強く伺えます。これは人道上、良くない傾向です。
    また、宗教観念に根付いた習慣でも有りますので、見る人が見れば「エホバの証人の輸血拒否」と50歩100歩な拒絶反応に見える事間違い無しです。

    3.に至っては批判にさえ値しない文句ですね。
    人権については別の記事で解説していますので割愛しますが、人権の意味を知らないにも程が有ります。

    いや、営業妨害しているこの人の方が「人権侵害加害者だろう」と思います。
    入場者が沢山いるって事は、それなりに興味深く閲覧出来ている人も多数いる訳で、そんな中、開催の妨害をして、見たい人の自由意志を踏みにじっている訳ですから。


[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / 返信無し
[336]  後藤麻衣摘発について思う
□投稿者/ Toshi -(2009/04/30(Thu) 19:41:22)

    児ポ法以降の昨今、ロリコンテンツ提供側は着エロIVと言う形で過激化に走り摘発されるケースが目立って来ましたが、本日のニュースでは30代の女優が出演するIVまでもが摘発されたとの事です。
    このIVは大陰茎までが無修正で撮影されてるIVなのですが、「性器を露出させている」のは確かなので摘発要件は十分に満たされています。

    しかしと言うか実はと言うか、大陰茎露出までのIVならこれまでも国内で古くから販売されていたんです。

    なので、後藤麻衣のIV摘発は「なんで?」って感が拭えません。
    ましてや誰も被害を被っていないんですもの。

    まぁ、今更な話では有るのですが、この摘発ニュースを見て改めて「猥褻っていったい何よ」と考えてしまいました。

    猥褻物頒布罪って改めて考えると整合性のカケラも感じられない「いらない法律」なんじゃないかと言う思いが考えれば考えるほど強くなってきます。

    猥褻物頒布罪の主な意義と、それに対しての突っ込みから書けば、
    1.徒に性欲を刺激・興奮させること

     別に性器を露出させようがさせまいが、エロコンテンツは全てが性欲を刺激させる事を目的としていますし、俗に言う「表AV」が合法であり且つ一般的に歓迎されている以上、性欲を刺激・興奮させる事の何が悪いのか分りません。
     一重に親の子供に対する規制上の問題だけでしょう。
     また、その点に於いて「性器の露出の有無」は無関係で有るはずですが、なぜか性器を露出させているかどうかで性欲を刺激・興奮させるか否かを判別している現状はどう考えてもおかしいです。

    2.普通人の正常な性的羞恥心を害すること

     確かに、「見たくない人」に対して「強引に見せる」のは罪ですよね。
     でも「普通人の正常な」なんて相対的な定義は検察の魔女狩りに悪用されるだけで意義は見出せません。
     やはり「普通人の正常」と言う文言は間違っています。だって普通人の正常は「性欲が強い」ですもの。
     なので、「望まない人の性的羞恥心を害すること」とするべきであり、望む人にのみ供給しているのか否かで判別すべき事柄です。
     なのに現状は「性器を露出したかどうか」で判別していて、理不尽極まりないですね。

    3.善良な性的道義観念に反すること

     この「善良な性的動議観念」と言うのも相対的で且つ宗教っぽい定義ですよね。
    幾らでも魔女狩りが出来そうな文言です。
     しかし、事実に即した解釈をすれば「善良な性的道義観念」なんて親の子供に対する規制上の問題か宗教上の規制以外に有り得ません。
     更に、「善良な性的道義観念」に反するか否かは「性器露出されているか否か」で判別される現状も理不尽極まりないですね。

     いずれにせよ、インターネットの時代に突入してから国外のポルノを安易に入手する事が出来る様になりました。当然、性器は露出されています。
     これにより性犯罪が増えた・・・なんて事はもちろん有りません。
     人は国外からの入手に限って「自由」にポルノコンテンツを入手出来ている現状に於いて、国内発だけを取り締まるのは「全く意味が無い」行為であり、また、「取り締まる」意義自体も見出せません。

     ポルノを見たい・・・と言うのが「一般的」且つ「普通」であるから、需要と供給の原理でポルノは提供される訳です。
     一般の人々がポルノを望む心理は「幸せの追求」であり、憲法で保障された人権でも有ります。なにせ、「被害者がいない」限り、もっとも平和的な権利追求なのですから。

     この様な平和的権利追求に於いて、上記の様な不整合で理不尽な法規制と言う国家暴力で需要側と供給側を虐げる事こそ、本物の「人権侵害」です。
     (そう、普段から人々が言う「人権」の間違いを指摘していますが、こーゆー時にこそ「人権」と言う言葉を使うシーンなのです。)

     そう、猥褻物頒布罪と言うのは下位問題として「整合性・倫理が破綻している」と言う事と、上位問題として「そもそも必要性が無いだろ」&「人権を侵害している」と言う二重の問題が有ると感じます。
     せめて、未成年者に対する取締り(これももっと議論が必要だとは思います。だって思春期に思いっきり自慰をさせる事こそ学業向上や犯罪抑止に対して正義かも知れませんし、経済力の無い性交はコンテンツの有無よりも性教育問題だと思うので)と、望まない人に対する猥褻物陳列罪(つまり極論を言えば、現行の「無条件摘発」は悪で、不快に思った人の苦情が出た時点での摘発が正義と言う論点)に絞って法整備すべきです。

     もうそろそろ人類は被害者無き犯罪と言う偏見に満ちた功罪から脱しても良いので無いでしょうか。

     余談ながら、性風俗の観念は国々の宗教上倫理が根強く反映されると言う意見がWikiに出ていました。
     Wiki曰く、イスラム圏は宗教上観念から日本以上に厳しいし、米国はキリスト教だから日本よりも甘いとの事。
     これはなんか全然変でしょ。
     イスラム圏に限って言えば、確かにそうだと思いますが、米国は「キリストだから」ってのが「ダメダメな理屈」ですよね。
    本来キリスト教も性風俗に対しては厳しいですし、そもそもキリスト教もイスラム教もユダヤ教から派生した兄弟宗教なんですから。
     それに、仏教は基本は煩悩に打ち勝つと言う教えは有るものの、広く伝わっている仏教の中には「煩悩を求める事こそ大事なのだ」と教えているものも有る訳で、宗教的に考えれば「日本が一番甘い」はずです。

     いずれにせよ、もう「芸術と猥褻の境界線」なんて幼稚な議論からは脱して欲しい気がします。
     これは誰しもが「建前議論」だと分っている事です。裁判所や国側でさえ建前議論だと分っているはずなんです。
     こんな建前議論じゃ本質的な進歩は望めませんし不毛です。
     そもそも、芸術を語るなら「芸術の定義」をどうするかが明確じゃなきゃいけない訳ですし、過去の芸術とは性の開放運動の先駆けで有った史実から考えれば「被害者無く、人々に望まれている性器露出」はかなり芸術です。

     まぁ、「魔女狩りと化している被害者無き犯罪」と言う視点で言えば、猥褻物の他にも沢山有って、特に最近目立つところでは「大麻汚染」なんてのもそうですね。
     ただまぁ、大麻は相変わらず政府広報のプロパガンダが功を奏しているので、「誰もが望む」レベルでは無いからまだいいんですが、「性器露出」は少なくとも9割以上の男性と2割以上の女性(個人推測)併せて過半数以上の国民(個人推測)が望む事なんですから。

     ついでに言えば、経済的にも日本はとっても損をしていますよね。
     インターネットで課税無く海外の買い物が出来るのがアダルトサイトと言う情報料な訳で、海外の人から見て日本はその規制により魅力的なコンテンツを揃えられません。
     逆に日本人に取っては、海外のコンテンツは無修正なのでとても魅力的です。
    つまり、日本には外貨収入が殆ど無く、日本円の海外流出は莫大。
    と言う構図です。
     ちょいと裏ビデオを違法に販売しただけで1年ほどで数千万とか億の単位で稼いで摘発される人がいる事から考えれば、海外に流れる日本円の規模は少なく見積もっても年間数十億円から数百億円は有るのでは無いかと思うんですよね。
     昨今の不景気対策としてもポルノ完全自由化はとても有効なのでは無いでしょうか。
     なにせ、日本円の海外流出を防ぎ、更に外貨獲得手段まで持てるんですから。
     むしろ、日本人女性は海外で人気有りますから、日本のポルノコンテンツが売れすぎて貿易摩擦ならぬインターネット摩擦と言う新しい問題に発展しちゃうんじゃないかって程。

[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / 返信無し
[339]  沢本あすか
□投稿者/ Toshi -(2009/04/30(Thu) 22:49:40)

    単独スレからの移行
    □投稿者/ Toshi -(2008/04/29(Tue) 20:11:21)


    沢本あすかが逮捕された事件で、マスコミは大騒ぎしすぎですね。
    別に、パンチラパフォーマンスぐらいいいじゃないですか。
    見たい人が見るだけで、特に誰にも迷惑は掛けていないでしょう。
    むしろ、男性諸氏に喜ばれる行為をしているだけなんで。
    実年齢が30歳だろうが、芸能界はサバ読みが普通なのだから、
    本人が否定していようがムキになる必要も無いのに、
    重箱の隅を突く勢いで本人の否定工作の矛盾点を付いてニュースにするかな普通。

    (沢本あすかが自身のブログで明治大の卒業証書かなんかを使って22歳を通そうとした所、産経ニュースが卒業証書に記されている生年月日と卒業日の矛盾やら記載されている学長の在籍期間の矛盾を付いてニュースにした。学長の在籍期間を調べてまでムキになるなんて大人気なさ過ぎです。ファンの夢を壊さないように必死にフォローしている訳なので、ある種の営業妨害ですね。)

[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / ▼[ 450 ]
[341]  芸能人のプログ炎上
□投稿者/ Toshi -(2009/05/01(Fri) 18:06:54)

    最近、芸能人のプログ炎上のニュースが頻繁に流れてきますね。

    声優長谷川静香さんのプログ炎上などは本人が原因と言うよりもコメントを書いた人が原因(あくまで炎上の)みたいですが、それ以前にプログ閉鎖を決断した本人はちょいと性急過ぎるかな・・・と感じました。
    たかが自分の記事が出ている雑誌の発売日を間違えて発言した程度(しかも即日訂正)、人間である以上日常茶判事なミスですしね。

    次に、グラドルの谷桃子がTVで「消し忘れた暖房器具の電気料金を払う必要性を感じられないと電気会社にクレームした」発言でプログが炎上したとの事。
    まぁ確かに非常識ですし、ましてや芸能人としての自覚が足りないのも確かなんですが、この程度のカミングアウトは他の芸能人でもこれまでチラホラ有りましたし、プログを炎上させる程の功罪とは思えません。
    現在進行形の思想がおかしいとかだったら批判するのも理解出来ますが、あくまで過去のエピソード、若さ故の過ちな笑い話としてのカミングアウトだったのでしょう?

    その点、AKB48?とかの誰か知りませんが、同じくTVで「ミニスカ履くとオヤジに脚を視姦される。キモイ。痴漢行為だ」発言でプログが炎上した件は、個人的に「プログ炎上程度で済ますのは甘い」と思ってます(^^;
    まぁ、結局その娘は大多数の若い娘の気持ちを代弁したに過ぎず、馬鹿正直で芸能人としての自覚が激しく足りないお馬鹿な娘って点を除けば批判の的になってしまい可哀想では有りますが、個人的に現在のオヤジ狩り風潮を問題化するモデルケースとして(ほんと可哀想なんですが)彼女にはもっと大々的に的になって欲しいと思います。
    TVでの出演者同士で激論になったらしいですが、ニュースを見る限り男性側の言い分としては「挑発する格好をしといて何を言ってるんだ」がメインだった様子です。
    私としては、こんな一般論でしか反撃できない出演者にがっかり。
    もっと蔓延する差別意識、いじめ根性を叩いて欲しいシーンです。
    なにせ、Toshiの戯言コーナでも書いている「司法によるオヤジ狩り」にクリティカルなネタですので、是非この問題が大騒ぎになって大きな議論に発展する事を期待します。

    余談ですが、最近の若手アイドルとかって興味無いので全然知らないのですが、時東ぁみもその番組に出演していたとか。
    (たまたま時東ぁみは、ドラマに出演しているのを見て好感を持っていたんです。)

    そのTV番組に出演している女の子勢は皆、一様に脚を見られる事に不快感を示していたとの事で、もし時東ぁみも「所詮差別意識の強いダメ人間なのか」となったら非常にガッカリしていた所だったのですが、唯一、彼女だけは「別に構わない。この様な格好を出来る時間は限られているし、むしろ仕事上見られる事はありがたい」との大人なコメントをしたそうで、「うむ、俺の人を見る眼もまだまだ大丈夫だ」と、ほっと一安心。


    ps.
    その後よくよく記事を見てみたら、発生時期が去年の1月とかだったり、少なくとも「最近」の出来事では無い事柄も有りました。
    なんでそんな古い事が今日のニュースで流れてるのか不思議と言うか、きっとMSNのニュースページでの「関連リンク」が時系列に沿っていないぐちゃぐちゃな構成になっている事が問題なんだと思いますが、とりあえず一部発言を訂正し、古い出来事が含まれたトピックになっている事を申し上げます。
[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 341 ] / 返信無し
[450]  ミスユニバース炎上
□投稿者/ Toshi -(2009/07/31(Fri) 14:44:06)

    2009ミスユニバース日本代表の宮坂絵美里が発表したコスチュームについて抗議・批判が殺到し、デザイナーのブログが炎上したとの事。



    保守的な人々が多くて嫌ですねぇ。
    一つの試みとしてやらせてあげればいいのに。
    当事者達の意気込みをへし折るみたいで可哀想に感じました。

    ミスユニバースの選考自体が下着や水着が有る以上、下品とセクシーの境界線なんて個々人の価値観でどうとでも相対的に変わる物でしか無いのですから、保守層の価値観で勝手に下品と言う烙印を押してるだけにしか見えないんですけどね。
[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / 返信無し
[343]  地デジカと版権
□投稿者/ Toshi -(2009/05/02(Sat) 20:34:19)

    地デジカと言うキャラクターが発表されましたが、その余りにも「やっつけ感」漂うセンスのカケラも感じられないキャラクターにネットは騒然となっていますね。

    ほとんど、腹に巻物をして白のニットスーツを着て、「地デジカ」と書いたレオタードを着て、で安っぽいシカのぬいぐるみ頭部をかぶっただけ・・・
    って感じで、とてもじゃないが「マスコットキャラ」に出来る様な代物では無く、あんないい加減なのがマスコットキャラとして大々的に発表されるのは前代未聞なんじゃないかと言う気もします。

    総務省と民放連の繋がりが分りませんが、当然総務省から地デジ化の為の予算が民放各社にも行ってると思うんですよね。
    そんな予算枠からあのキャラが作られたのかと思うと腹立たしくもなってきます。
    多分、原価1万円程度の衣装ですが、頭に来る様な金額のやりとりが有るんでしょうね、きっと。
    草薙さんと地デジカの金銭的な繋がりも良く分りませんし、総務省と民放連が今後どの様に連携するのかも不明ですが、税金の一切の無駄を省くと言う「国民の利益」と言う観点から考えれば、あんなブサイクなマスコットキャラなど作らず、草薙さんの事件は「無かった事」にして続投が一番良かったんじゃないかと思います。

    さて、地デジカの悪口はこの辺にしといて、民法連の悪口に移ります。
    こんな価値観の低いと言うか、下手したら「不快感を与えるキャラ」にも成り得るキャラの癖に、民放連の言ってる事は生意気過ぎる様子です。
    実際私などは、あのキャラを見ると「不快」を感じますので関与する気は全く無いのですが、もしもあのキャラに関与して地デジカのイメージアップに貢献しようとする「勇者」がネット上に現れたら、それこそ民放連は「感謝すべき」ですし、宣伝協力費として「謝礼金を払ってもいいくらいだ」と思ってるのですが、なんと「キャラクターの版権を主張」してるそうで、「一切の流用は許さない」とのたまってるらしいです。
    また、同人系のネットワーカーが萌えキャラ化やデフォルメ化する事に対しては「もっての他だ。厳しく対応する」と言ってるそうで、その尊大な態度にネット上では反感の嵐が吹き荒れている模様です。

    もしも民放連の言ってる事が事実なら、頭悪すぎ・・って気がしますし、みんなが反感を持つのも「当然だろう」と思います。

    さて、ここで民放連が「著作権・版権」を強く主張している事で、「根本的に版権ってどう言う定義よ?」と疑問に思いました。

    一般的に著作権とは絵画や物語などの作品に発生する物ですし、キャラクターそのものに著作権が発生するとは思えません。
    しかし、ウォルトディズニーが米国の著作権法で日本を訴訟したりするものだから、日本でも版権が取り沙汰されてしまって一般化してしまい、著作権に抱合される物として誇大解釈されてしまいました。
    しかし、「急場凌ぎな解釈」って感は否めず、詳細な定義は不明です。

    例えば、小説や音楽などは、数行や数小節などの類似性は著作権侵害とは認められません。
    また絵画などは構図が(多分8割以上)同じ時に侵害とみなされるんじゃないかなと思います。
    ならば、構図が全く異なるキャラクターを描いた物なら、本来著作権侵害には当たらないはずなんです。

    大体、昨今の美少女系アニメに登場するキャラなんか似たり寄ったりですから、キャラクターの類似性から「著作権侵害だ」なんて言い出したら世の中回らなくなりますものね。
    問題は、同一の汎用的では無い名前を用いる事程度ですかね。
    例えば「地デジカ」が登録商標などの場合は、似ていようが似ていまいが、自分の描いたキャラに「地デジカ」と命名すれば版権侵害に成り得ます。

    なので、取り合えず「本来キャラクター版権なんか存在し得るのか?」と言う疑問が有る前提を置いた上で、現状のキャラクター版権問題を考えた場合、「じゃぁ版権を主張するのは仮に良しとしよう。ならば、どこまで類似性が有れば侵害となるのよ?」と言う疑問が出てきます。

    例えば、目と鼻と口が有る。そこに類似性は追及出来ませんよね。
    髪や肌の色が同じだって点も類似性は追及出来ない。
    目の形や鼻の形が同じだ・・・って点もまぁ類似性は追及出来ないでしょう。
    髪型も一般的な髪型の存在を考えれば類似性を追及出来ない。
    となると、結論として「全て類似性の追及は出来ないじゃん」となるんです。

    なので、どう考えても「キャラクター版権」の主張は「理不尽な言いがかり」にしか聞こえないんですよね。

    例えば、私が描いたキャラクターを一つ紹介します。

    ワルトラマンです。



    私はこのキャラに「ワルトラマン」と命名しました。
    (あくまで例なので、顔だけを対象にして下さい。)
    「ウルトラマン」では有りませんから、全く版権侵害にならないと思っているのですが、仮にこれを版権侵害だとした場合、どの部分が侵害になっているのか民放連の様な人たちに是非お伺いしたい所です。

[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / ▼[ 364 ] ▼[ 512 ]
[344]  死刑囚獄中ブログ
□投稿者/ Toshi -(2009/05/03(Sun) 13:18:40)

    MSNで死刑囚の日記が公開されているブログのニュースが流れていました。
    ニュース記事では日記内容の幾つかを引用し、それに対する死刑存置派の2chレベルの罵声を紹介しつつ、裁判員制度での死刑選択に予断を与えかねない事や死刑反対派の道具にされる懸念が記者の意見として書かれていました。

    思いっきり死刑存置派の記者の私見が書かれた記事で非常に不快に思うと共に、この記者が危惧する様な事=死刑囚が反省の念を抱き同情を買う日記となっているのか、本当に紹介されている様な罵声コメントばかりなのかと確認する為に、そのブログにアクセスしてみました。

    ブログに設置されている掲示板では、死刑の是非について比較的冷静な議論が行われていて、それだけでもアクセスして良かったと思えました。

    肝心のブログでの日記を読むと、コメント欄は確かに罵倒が多く目立ちましたが、掲示板にて冷静な議論に参加している人達の冷静なコメントも散見されました。

    ともかく、罵倒している人達の第一印象は「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」です。
    もはや、死刑囚が何をやっても「全て気に入らない」状態で、日記に書かれている事をことごとく罵倒していました。
    きっと、この死刑囚を憎み、一刻も早く死んで欲しい気持ちの現れなのでしょう。

    それだけ人を憎み殺意を持つ心理って、やはりいつ犯罪者側になっても不思議では無い気がしました。

    もちろん私も聖人君子では有りませんから、逆上して「ぶっ殺してやりたい」なんて思った事も正直有りますが、少なくとも自分に直接被害が及んでいないのに、他人に殺意を抱く事は完全に無いと断言できますし、冷静の範疇に於いては全ての人間に対して殺意を持つ事もまた有りません。

    そんな私からして見れば、冷静時に殺意を抱ける人間はやはり恐怖なのです。
    ましてや、自分とは直接的な関わりが無い人間に対して・・・ですよ?

    このブログを見て、やはり私は可能な限り人間の持つ「いじめ根性」を払拭させる為の記事をコツコツと書き続けようと思いました。

[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 344 ] / 返信無し
[364]  Re[2]: 死刑囚獄中ブログ
□投稿者/ Toshi -(2009/05/14(Thu) 22:35:42)

    その後、その掲示板に少々参加しています。
    基本は「死刑反対」の立場と「臭いにおいは元から絶たなきゃダメ」と言う観点で「死刑反対よりも社会からのいじめ根性撲滅」に主眼を置いた書き込みを心掛けています。

    まぁ、兼ねてから主張している通り、人権主義弊害の一環でも有ると思っているのすが、今日はこんなニュースが流れていました。

    それは、例の新型インフルエンザに感染及び感染疑いの有った高校生達が状態に応じて順次帰宅許可が降りた事に際し、地元に地域住民から行政や生徒らを批判する罵倒に近い苦情が相次いでいるとの事です。
    一部ニュース記事の抜粋をすると、

    「「成田から帰ってくるな」「どうしてあんな学校がカナダ留学にいくのか」といった理不尽な電話や、「なぜマスクをしなかったのか」「早く帰国させるべきだった」といった留学中の行動にも批判が寄せられた。「謝れ」「賠償しろ」「バカヤロー」といった罵声(ばせい)を一方的に浴びせたり、生徒や教員を個人的に中傷したりする内容の電話もかかっているという。
    インターネットの掲示板でも、書き込みが殺到する“おまつり”状態。その多くが「税金使ってウイルス輸入。何やってんの?」「他人に迷惑かけてるんだ。たかが風邪ひいた問題じゃない」という心ない表現になっている。」

    との事。
    これらの罵声を見て、「多分ほぼ100%に近い割合で、ここで罵声を投げる人たちは犯罪者に向かって死刑だ死刑だと言う人と一致してるんだろうな」と思いましたが、偏見が強いですかね?
    いずれにせよ、罵倒者の心理的には非常にニアーな特徴を感じられました。
    つまり、人権弊害、自己愛文化の象徴です。

    やはり、死刑の是非だけでは無くて、社会性そのものを変革しないとダメだと強く思いました。

    余談ながら、このニュースは行政の観点を是とし、生徒たちを庇護する観点で書かれ、客観性は薄い記事なので批判に値するのかも知れませんが、やはり人道的に自己愛文化を牽制する内容になっている事に正直な所嬉しさを感じてしまいました。

[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 344 ] / 返信無し
[512]  Re[2]: 死刑囚獄中ブログ
□投稿者/ Toshi -(2009/10/06(Tue) 14:33:08)

    その後、このブログで時々書き込みをしているのですが、どうにもこの様な犯罪関連のサイトには理性の薄い犯罪予備軍的な人が多く集まってくる傾向を強く感じます。
    つまり、ハンドルを名乗らず言い捨て言い逃げで誹謗中傷、罵声を平然と浴びせる連中ですね。
    死刑反対派にも稀に見かけますが、やはり圧倒的に死刑賛成派に多いと思えます。

    ですので私は基本、ハンドルを名乗らない人には余りレスはしないのですが、その旨を告げただけで「お前は馬鹿か」とダラダラと批判を言われる始末。

    まぁ、それでもブログの内容的に「お堅いサイト」なのでこの程度で済んでいるとも言えるのでしょうね。でも、そこの管理人さんが余りに酷い暴言書き込みは削除してくれてるはずなので、実際はもっと酷い書き込みも発生しているのかも知れませんが・・・

    そう言えば、J-CASTのニュースコメントの傾向で感じた事なのですが、もちろん殺人犯罪ネタになると、どんな理由があろうとも人を殺した奴は死刑にしろ!って意見が大多数を占めるのですが、片やコンビニ店員が万引き犯を追いかけてボコボコにし、殺しちゃった事件では、万引き犯の自業自得だとか、コンビニ店員が殺人罪に問われるのはおかしいとか、酷いのになると、万引き犯は殺されて当然だろなどのコメントが圧倒多数を占めていました。

    結局、ブログでつまらない誹謗中傷しか出来ない人を含め、世の中の死刑賛成派の大部分を占める思想はハリウッド映画の様な幼稚な正義感だと感じてしまいます。
    「悪人に見える奴は死ね」「俺と俺の愛する人の人生が正義」と言う前提での勧善懲悪ですね。そして犯罪者もその理屈の延長線上で犯罪を犯すのだろうと思います。

    本当は安易に人に罵声を浴びせる彼らの幼稚な態度に真摯に向き合っていかねばならないのかも知れませんが、やはり過去に於けるそのチャレンジの不毛な経験はバイタリティを奪い、今ではすっかり相手にする気力が持てません。ただただ同じ時代を生きる人間として情けなく思うだけです。
[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / 返信無し
[345]  すき屋も頭悪い
□投稿者/ Toshi -(2009/05/04(Mon) 00:31:44)

    すき屋のアルバイト店員二人が残業代未払いについて告訴した所、すき屋側は和解を持ち掛ける所か、アルバイト店員を逆告訴したとの事。

    その逆告訴の内容は、「残飯でおにぎりを作って食べた。窃盗罪だ。」と言うのと、「勤務表を虚偽申告した」の2件。

    アルバイト店員曰く、「洗浄ブラシの毛が炊飯ジャーに紛れ込んでいるのに気付き、お客様に出せる分と、出せない分を仕分けし、出せない分は捨てるのが勿体無いと思い、また4時間以上勤務している店員はカレーか牛丼のまかないが出る決まりが有る事から、カレーや牛丼よりも経費に負担を掛けない「残飯おにぎり」を食べたに過ぎない。また勤務表は前日に名前を書く習慣が付いており、急な用で欠勤した際に提出されてしまい、そのまま申告を忘れていた。」

    これに対しすき屋側は「残飯は無断で私物化する事は出来ず、報告義務が有るが、報告せずに無断で私物化した」との事。

    ここで私個人の感想ですが・・・有り得ません。
    一般の企業ならば、仮に勤務表の虚偽報告が有ったとしても厳重注意、アルバイトなら厳しくても解雇で事を済ますのが常ですし、残飯のおにぎりに付いては、店員側の言い分の方が筋が通っているので、黙認か、厳しくても軽く警告程度の事案です。
    この様な大人気ない対応は一重に残業代未払い告訴に対する報復なのがみえみえなのですが、もう、報復する時点で大人気ないと言うか・・・
    この事件による「すき屋」のイメージダウンの損害の方が残業代を払うより遥かに高く付くのは「大人なら普通分かるよなぁ・・」と言うか・・

    呆れます。
    きっと誰もがこの事件を知れば、すき屋でアルバイトしようとは思わなくなるでしょうし、こんなセコイ店で食事をするのもなんか嫌な気がして来ます。
    と言う事で、少なくとも「私」と言う「人材」や「客」を失った事は確かです。

[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / 返信無し
[361]  そろそろ懸念が台等
□投稿者/ Toshi -(2009/05/13(Wed) 14:17:26)

    兼ねてから政治・経済ネタで予想・懸念をして来た事ですが、犯罪率の上昇に止まらず、「逮捕シンドローム」がそろそろ世の中に台等して来たかなと言う気がします。

    先日の家族殺害事件の自首もそうですし、今日ニュースで流れていた事件ですが、男がコンビニに入り店員に包丁を突きつけて、「通報しろ」と要求し、銃刀法違反で逮捕されたとの事。
    後者はまぁ、涙がちょちょぎれる犯罪ですが、今後は懲役刑を狙った犯罪が増える事も十分に考えられるだけに、経済対策に於けるこれまでの政財界の無能ぶりに腹立たしい物を感じます。
    特に最近は、政府も「経済対策の事忘れてないか?」と言う感じで、トピックとして余り出現しなくなって来ました。
    しかし、日に日に雇用状況は悪化している訳で、本当になんとかして貰いたい所です。

    少なくとも、今後も今の状態(静観)が続くなら、逮捕されたい人はもっと増えて、「逮捕シンドローム」が発生する事間違いなしだと思う今日この頃です。
    個人的に新型インフルエンザ対策なんかより、よっぽど深刻で早急に対応すべき事案だとも思っています。
[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / 返信無し
[363]  低額給付金?
□投稿者/ Toshi -(2009/05/14(Thu) 08:06:03)

    MSNのトップページで
    「低額給付金 マックなら8千円お得」
    と言うタイトルのニュースが流れていました。

    もちろんながら単なる誤字だと思いますが、余りにハマっている表現に笑ってしまいました。
    この表現、ちょっと癖になりそう。使わせてもらうかも。
[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / 返信無し
[387]  世論の矛盾
□投稿者/ Toshi -(2009/06/01(Mon) 14:01:38)

    ちょっとした細々した事件でのネット上の反応を見ていると、なんとなく世論の矛盾にモヤモヤした物を感じます。

    実際の所は分りませんし、単に私の推測が偏っているだけなのかも知れないのですが、例えば下記の様な流れで考えた時に「モヤモヤ」を感じてしまいます。

    次の主張に「過剰な利己主義」と言う共通観念を感じ、これらを叫ぶ人々がかなりの割合で共通しているのでは無いかと推測します。
    ・死刑反対派と殺人鬼は同類だ。こんな奴らがいる以上、益々死刑は廃止出来ない。
    ・喫煙者はもっと厳しく取り締まるべきだ。喫煙者に人権はいらない。
    ・犯罪抑止の為にもっと厳罰化するべきだ。

    4月ごろに子供の喫煙を許した親を書類送検したとの事件で、ニュースに付いたコメントで圧倒的に多かったのが、
    ・日本は法治国家なんだから微罪だろうが取り締まるのが普通であり、これまでが逆に甘かったのだ。
    と言う物です。
    これなどは上記の「喫煙者に人権はいらない」と言う人々が中心に展開している理論だと推測しました。

    さて、ここまで来てモヤモヤが発生します。
    大雑把に分類して、「死刑反対派を罵る人」、「厳罰化を叫ぶ人」、「喫煙者を凶弾する人」、「法治国家と言う単語を使う人」と言う人々がかなり共通化される可能性が高く、またそう言う人々が多いと言う前提を置いての話なのですが、そう言う人々は果たして草薙全裸事件では「批判」に周ったのでしょうか。
    厳罰化を叫んだり法治国家と言う単語を使うなら、決して草薙さんを庇護してはいけない立場の人々だと思うんですが。
    また、親の書類送検の件では未成年者の飲酒も取り締まる事に賛成する人々なんでしょうか。
    微罪だろうが法治国家で有る以上当たり前の対応だと言う人は、現在の道路に於ける法定速度をどの様に受け取っているのでしょうか。
    殆どの公道は制限速度40kmですが、これを守る人はほぼ皆無ですし、教習所でさえ45km〜50kmでの走行を心掛けるように教えるのですが・・・

    私はここで「法治国家なんだから微罪も取り締まるべきだ」との主張を批判するつもりは無いんですが、なんとなく「場当たりな感情だけで発言しているだけ」って気がしてしまって、そんな不整合な世論に違和感と言うか不快感を感じてしまいます。

    私が若い頃は高校生ぐらいでの喫煙や飲酒は道路を50〜60kmで走るのと同じ位「普通」だったんですけどね。
    世論って恐いよなぁ・・と思うと同時に、なんとなく自分達に都合の良い主張に終始している感は否めません。
[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / ▼[ 493 ]
[425]  県職員1ヶ月停職
□投稿者/ Toshi -(2009/06/21(Sun) 09:52:42)

    お酒の弱い県職員が送別会で飲んで(ビール3焼酎水割3)同僚の家に泊まり、寒さで気付くとズボンもはかずに外にいてパニくりながら、近くにたまたま有ったキー付き軽トラを無断拝借して40km離れた自宅に戻り、日が明けてから軽トラを返しに行って持ち主に事情説明、警察で事情聴取を受けたとの事。
    軽トラの持ち主とは示談が成立、残留アルコールも基準値未満だったのでお咎め無しで解放・・・
    と言う経緯だそうで・・・
    まぁ、明け方近い深夜だった事も有り、止むを得ない非常事態かな・・って気はします。
    それでもニュースでは「窃盗」と言う単語で報道するわ、県はその職員を1ヶ月の停職処分にするわで、ちょっと余りに可哀想じゃね?
    と思いました。
    どーせ酒だって自ら進んで飲んだ訳じゃ無く、勧められて止む無くだったんだろうし・・ねぇ。

    公務員バッシングを意識してか、最近公務員の処罰、厳し過ぎないか?と言う気がしてます。
    大体、公務員が自粛的な厳罰化に向かえば、一般企業も見習わなくちゃいけない空気が出来る訳で、余りに堅苦しい感じがします。

[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 425 ] / 返信無し
[493]  学校職員6ヶ月停職
□投稿者/ Toshi -(2009/09/09(Wed) 21:44:52)

    鹿児島の中学校に通う50代の事務職員が赤ふんどし姿で海で泳いだそうです。
    その格好のまま、車で帰路についたそうな。
    道の途中で横断歩道を渡ろうとしていた生徒に見つかってジロジロと見られたそうな。
    上半身裸だし、変な誤解を受けてもいけないと思ったのか、生徒に声を掛けて呼んだそうな。
    生徒は、赤ふんどし姿を見て、「つまんねーもん見せんなよ」とでも思ったのか、帰宅してから警察に通報したそうな。

    結果
    県不安防止条例違反容疑で書類送検
    停職6カ月の懲戒処分
    依願退職

    これって、何が悪いの?って感じです。
    まぁ、詳細のやり取りまでは分りませんし、今時ふんどしで泳ぐのも珍しいとは思いますが、だからと言って、悪い事だとは到底思えません。
    これが悪いのなら、水着姿のまま家からプールや海まで歩く事も、お祭りでふんどし姿になる事も、相撲をTVで放映する事も全部悪い事になっちまいそうです。

    「俺は被害者だ、心を痛めたんだ」と主張すれば加害者が出来上がっちまうと言う「人権主義弊害」反吐がでます。

[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / 返信無し
[428]  大人社会のいじめ
□投稿者/ Toshi -(2009/06/30(Tue) 13:02:23)

    ここ2〜3日で、大人社会のいじめ事件で目立つ所が2件ほど有りました。

    一つは佐川急便の係長飛び降り自殺。
    課長代理の上司に係長の部下を含む大勢の前でいつもボロクソ言われ続けての自殺でした。

    次に、グラドルの橘麗美が引退したとの事。
    歌手を目指している中、事務所との相談の上、まずはグラドルで名前を売る事から始めた訳ですが、本人は元々、性に厳しい家庭環境で育ったらしく、実は内心グラドルの仕事が嫌だったとの事。
    そんな中、歌手を目標に頑張ってグラドルの仕事をこなしていたが、ブログでの心無い人々の罵声や、両親からの蔑みの言葉などが本人の頑張る心を挫いた形となっての引退の模様です。(他にも職場での人間関係の悪化も原因の一つらしいとの噂有り)

    いずれの事件も人々の「悪意」が一人の人間の人生を狂わしたと言える事件で非常に憤りを覚えます。
[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / 返信無し
[431]  レンタルお姉さん
□投稿者/ Toshi -(2009/07/02(Thu) 17:04:14)

    社会問題と言うほどの事件でも有りませんが、ニート支援のNPO団体が展開している「レンタルお姉さん」が、ポルノ映画で名称を使われたとかで大騒ぎ・・
    と言う話です。

    さくっとお姉さん方の言い分をまとめると、
    「実際の活動とは、かけ離れたイメージで憤りを感じる。レンタルお姉さんの名を地に落とした」
    「活動は大変だが、誇りを持っている。このような使われ方をされると支援ができなくなる」
    との事。

    ぅーん、これは幾らなんでも神経質に騒ぎすぎじゃないですかね?

    お姉さん方曰く、称は06年5月に商標を出願し、07年11月に登録された。それ以前に複数のメディアで紹介されており、「名称は周知されている」との事。

    まぁ、商標登録した後で無断使用されたのなら単純に利権問題として訴訟出来ますので問題無いと思う訳ですが、登録以前についてまで権利主張するのは勘違いも甚だしいと思う訳です。
    事実、私はそんな存在知りませんでしたしね。

    また、ポルノ映画側は「レンタルお手伝いさん」的な内容で、掃除・洗濯・下の世話までしてくれるお姉さんをレンタルしてくれると言う内容との事。
    これって単純に、「レンタルお姉さん」って言葉から男が妄想する一番自然な形だと思うので、名称無断拝借だと断じる事さえどうかと思います。
    (ストーリーが引きこもりやニートの心を開く為にセクシーアプローチをするとかって内容だったら、そりゃぁまぁ、多少騒いでも納得なんですが・・・彼のNPO団体の活動とはかけ離れた「お手伝いさん」ストーリーである以上、大騒ぎする程の事じゃないだろう?と。名前を地に落としたとか、活動出来ないとか・・・大袈裟にも程があろうと。)

    仮に名称を意図的にパロで使われたんだとしても、商標登録以前であれば文句を言えないと思いますし、逆に、本当に「誇りを持ってる」んなら、そんな低俗メディアの事なんて気にならないと思うんですが。

    個人的に、こんな些細な問題で大騒ぎしてる方が、よっぽど「名前を地に落としてる」行為だと思いました。

[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / 返信無し
[441]  漢字・世の中狂い過ぎ
□投稿者/ Toshi -(2009/07/18(Sat) 08:51:37)

    常用漢字の見直し議論の中で、教育現場から「淫」「賭」「呪」「艶」などの追加は不適切だとの要望が上がって、漢字小委員会で白熱議論が起こったとの事。

    なんでも教育現場側からは、「漢字や単語は例文を持って教えるが、上記の漢字は例が難しく教えにくい」との事。

    ぉーい、こんなポピュラーな漢字をそんな理由で拒否するなぁ〜(笑)って感じで、その段階で教育者としての資質が問われると思う訳ですが、更にそれを真剣に議論しちゃう小委員会も「まじかよ」って感じです。

    とは言っても、上記の様な漢字は別に学校で教えなくても誰しもが自分の力で覚える漢字だと思いますので、実質の問題は大きく無いのですが・・・
    ただ、言葉狩り的な拒絶反応と言う点で、姿勢的にはかなり問題が大きいのでは。
    こーゆー「臭いものには蓋をしろ」的な方向にヒステリックになる姿勢がスタンダード化してる現状に「世の中狂い過ぎ」を感じます。

[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / 返信無し
[442]  世知辛い世の中
□投稿者/ Toshi -(2009/07/18(Sat) 09:15:39)

    救急車が任務を終えて帰途に着いた際に、同僚(他のエリアの救急隊員)の畑に寄って野菜を受け取ってた事が発覚し、その救急車に乗車していた3名を地方公務員法違反で処分する方針。野菜を救急車に運び入れる所を目撃した男性が市消防局に通報して発覚との事。

    まぁねぇ、現場の人間ならではの「今の時間帯なら多少寄り道しても業務に支障は出ないだろう」等の判断とか、署で待機する仲間に、事前に業務対応を依頼するとかの調整が皆無だったなら、そりゃちょっと問題かな・・とは思います。
    でもきっと子供じゃないんだし、そんぐらいはやってるんだと思うんですよね。

    なら、別にそん位、いいじゃないですか・・・ねえ。
    大袈裟に処分する必要も、大袈裟に報道する必要も、ましてや通報なんてする必要も無いでしょうに。
    世知辛い世の中です。
[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / 返信無し
[469]  ニコ動・女子高生飲酒
□投稿者/ Toshi -(2009/08/15(Sat) 06:43:46)

    なにやら女子高生が缶チューハイを飲んでいる動画がアップされ大騒ぎになってますね。

    なんでも、高校が特定され、高校の掲示板に批判が殺到したり、直接高校に批判電話する人もいるとの話です。

    その後、女子高生は「ネタだった。飲んでるフリをしただけで実際はジュースだった」と釈明し、生放送で謝罪するとのコメントを発するも、生放送をすっぽかしたらしく、それがまたニュース記事になる始末。
    結局最後は生放送で「お騒がせして済みませんでした」と謝罪したらしいです。

    さて、ここで私の感想ですが、マスコミも何を考えているんだか。
    普通の犯罪者を魔女にするだけじゃ飽き足らず、とうとう女子高生まで魔女に仕立て上げて・・・すっぽかした程度のローカルネタをわざわざニュース記事にするかな、普通・・・って感じです。

    また、これだけネットが老若男女に普及してくると、大人と子供のいじめ根性もシームレスに融合されて来てるのかな・・・って感じで、だんだんと「子供のいじめ」「大人のいじめ」の区別が無くなって行くのかも知れないなぁ・・って感覚をふと持ちました。

    高校生の飲酒なんか、別段周りがとやかく言う問題じゃないでしょうに。
    ましてや「被害者がいない」んですから、騒いでる連中はなんなんですかね?
    被害者意識過剰なんですかね?
    理解出来ません。
    そんなのは、当事者の保護者に任せれば済む話でしょうに。
    せいぜい、「そう言う事は、動画公開とかおおぴらにやらない方がいいよ」とアドバイスする程度が大人の取るべき対応じゃないですかね。
    自分に被害が及んでもいないのに大騒ぎで批判を浴びせる連中は、いじめ根性が垣間見えて本当に嫌悪感が沸き起こります。
    (おまえらは本当に20歳未満の時に酒を一滴も飲まなかったのか・・と言う話ですよね。)

    実際、私が若い頃なんか、高校生の飲酒・喫煙なんて「当たり前」だったんですがね。(ヤンキー全盛時代でしたし、ましてや男子校だったので、修学旅行なんかとんでもない状態でした。就寝時間も過ぎて久しい夜中に、突然ホテルの一室の窓ガラスが割れる音、何事だと他の部屋の連中や教師が掛け付けると、部屋の中はタバコの煙で霧が掛かった様な状態で、一升瓶はあっちこっちに転がってるわ、麻雀パイはちらばってるわ、割れた窓ガラスから頭を出してゲーゲー吐いてる奴はいるわで・・・とか。)

    せちがらい世の中になったものです。
[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / 返信無し
[474]  堀之内壊滅
□投稿者/ Toshi -(2009/08/23(Sun) 17:31:17)

    歌舞伎町が風俗の街として壊滅して久しいですが、今は川崎の堀之内が壊滅間際らしいです。
    一重に警察の摘発が本格化しているからなのですが、この手のニュースを見る度に「おかしい」と感じます。
    キャバクラで勘違いしてお触りする客に「そーゆー事をしたいなら風俗に行ってくれ、ここはそーゆー店じゃないから」とか、一般的にも「強姦やら痴漢などをするなら、ちゃんと金を払ってその手の店に行け」とも言われますが、そーゆー「その手の店」が無くなってしまえば、結局キャバクラなどで欲求を満たそうとする客や、一般犯罪で欲求を満たそうとする人が増えるだけだと思うんですが。
    大体、昔から認知されている風俗街で営業をする事に、誰が迷惑を被ると言うんでしょう。
    社会的にメリットは有っても、そんな大したデメリットは無いはず。

    法律やルールは人に守らせる為に有るのでは無く、人を守る為に有ると言う原則がおきざりにされている社会に対して、非常に大きな憂慮を持っています。

[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / ▼[ 479 ] ▼[ 498 ]
[478]  酒井法子など+覚せい剤
□投稿者/ Toshi -(2009/08/29(Sat) 01:50:38)

    芸能人の違法薬物逮捕が二件連続で起き、更にそれに関連して酒井法子失踪〜逮捕〜起訴と酒井法子だけにフォーカスが絞られて報道が加熱して来てました。

    その過程に於ける世論動向などもネットのあっちこっちで垣間見る事が出来て、なんか無性に脱力感に襲われます。

    私は酒井法子に対して、ファンでもなければTVで見た事さえ無く、曲なんかも全然知らない「無関心」な人間です。かなり昔ですが、少年マガジンかなんかの連載コラムでシモネタコーナーを担当してた人って記憶が僅かに有るだけで、最近の報道で「あぁ、こんな顔の人なんだ?」とか、「え?清純派って呼ばれてた人だったの?」ってな感じです。
    なので、酒井法子のファンだから庇護したいとか言う思惑は一切有りません。
    と言う前置きをした上でなのですが、

    バッシングしてる人やマスコミって、本当に失望感しか有りません。
    まず、エクスタシー。
    これは歴史的にはつい最近の薬ですし、出始めの頃なんか合法薬だったのでやった人なんかごろごろいるだろうと思います。
    単に法律で禁止されたからと言って即に極悪人化するのは「正常な法律の捉え方」では無い気がします。
    基本は「人の為の法律」であって「法律の為の人」では無いんですから。
    まぁ、今回の事件では女性が一人死んでいるので「危険性」と言う側面では色々語られるべきかなと思いますが、「悪質性」は過剰に語られるべきでは無いと思います。

    そして覚せい剤の高相夫婦ですが、これも「危険性」については大いに語られるべき問題でありながら、悪質性での過剰議論や、ましてや個人バッシングされるべき問題では無いと思います。

    これらの犯罪は、どちらかと言えば「犯罪」と言うより「違反」と言う言葉で語られるべき問題です。なぜなら直接的な「被害者」がいないからです。

    そして、その観点で言えば、それはまるで「20kmオーバーのスピード違反」で捕まった人を「個人バッシング」するのと似たり寄ったりです。

    酒井容疑者起訴に際して行われた「サンミュージック」の記者会見の記事を見ましたが、「薬に手を出した=悪人では無いだろう」と言う正常な感覚を持ってる経営陣だと思いました。その上で、大切なのは「人間性だ」と言う観点での親心と、マスコミや世論のバッシングの板ばさみになっている心情を感じて切なくなりました。
    また、その上でも、マスコミ批判の火種にならない範疇で「優しさと厳しさ」を滲ませる発言も垣間見えて、酒井容疑者はこれまで恵まれた環境、人間関係で生きてきたのだなと思えますし、それは裏を返せば、それだけの人間関係を構築出来る資質を酒井容疑者が持っていた「人格者」で有ったとも言えます。

    人間は誰でも当然ながら「大勢の良い面」と「僅かな負の面」が同居している訳で、マスコミや世論の犯罪に於ける「僅かな負の面=その人の人間性全て」とする解釈にはいつも失望させられる思いです。

    そう言う訳で、兼ねてから一般の犯罪者に対する世論の過剰な勧善懲悪思想にさえ嫌悪感を表明している私としては、こんな犯罪性の薄い事案に対して個人バッシングをする人々に対して、より一層強い嫌悪感を覚えます。

    とまぁ、思想批判はこの程度にしといて、余談ながら覚せい剤の危険性についてちょっと書いてみたいと思います。
    個人的に、違法ドラッグと呼ばれる物の中にも、実は有害性が著しく低いものも有れば、有害性の高いものも有ると思ってますし、逆に合法ドラッグの中にも有害性が高いものが沢山有ると思っています。
    なので、ドラッグを語る際に「合法」か「違法」かは実質的に余り関係無いとさえ思っています。
    そんな中でも、「覚せい剤」だけは一般常識が正しいと言うか、「一番危険なドラッグ」で有る事は間違いないと思います。

    専門用語を使って説明してもつまらないと思いますので、誰にでも分かる範疇で簡単に覚せい剤の「恐怖」を説明します。

    人間の脳の中では、その状況に応じて様々な「脳内麻薬」が分泌されて、時にそれは感情を支配します。
    特に、快感(広義の意味で言う快感です。例えば美味しい物を食べた時や、排尿・排泄時の感覚なども含めた・・と言う)は、この脳内麻薬の分泌によりもたらされます。
    更に言えば、「今日は朝から疲れも取れてスッキリ爽快だなぁ」と言うのも快感ですし、逆に言えば「今日は一日、疲れたなぁ・・もう何もやる気しないや」と言うのも「脳内麻薬」の分泌による感覚です。

    脳内麻薬とは、基本的には一般の危険なドラッグと同程度の毒物です。
    ですので、我々の脳には調整器官が有ります。
    つまり、「ハイになる」麻薬を分泌し、それが継続されると廃人になってしまうため、その後には必ず「ブルーになる」麻薬を分泌して「バランス」を取るんです。

    通常の人間は、この比率が丁度半々なので、調整器官の馬力も半々に鍛えられています。

    覚せい剤は主に「今日はスッキリ気分爽快!」と言う部分や、「なんかなんでも出来る気がするぞ!」と言うバイタリティや自信に繋がる「ハイ」を刺激する薬物です。
    当然、これの抑止物質が出されると「今日は気分的にもクタクタだよぉ」「もう何もやる気がおきないよ」と言う疲労感を感じる事になります。

    通常の人間は、これらの物質を半々に、そして適量に分泌しています。
    しかし、覚せい剤をやると、この部分を「ハイ」にする物質が通常より遥かに多く分泌されるのです。
    なので、普通の人間には想像出来ないと言うか、体験し得ない程の強烈な「スッキリ感」や「やる気」を感じる事が出来て、それはもう言葉では言い表せないほどの快感と言うか超絶体験と言うか、アメイジングな世界と言うか・・魅了されてしまうのですね。

    しかし、前述の通り、人間の脳には「保護機能」が付いていますので、「ハイ」にする物質が分泌されれば、バランスを取る為に「ブルー」にする物質が「同量」に分泌されます。
    通常より遥かに多くの「ハイ」物質が分泌されると言う事は、通常より遥かに多くの「ブルー」物質が分泌されると言う事とイコールなのです。

    その疲労感たるや、普通の人間には想像できないと言うか、体験し得ない程強烈な疲労感と言うか超絶体験と言うか、アメイジングな世界と言うか・・・我慢出来る範疇では無いのですね。だから、追加で薬に手を出してしまいます。
    なにせ、超絶体験的に我慢出来ない疲労感から「解放されたい」と言う欲求と、薬をやれば「そこから解放される」+「更に超絶的快感がまた味わえる」と言う、一粒で二度美味しい状態になるからです。
    しかもやっかいな事に、人間は「身体が欲している物を摂取したい」と言う感覚を自然に持つ様に出来ています。(不足栄養分に応じて、急に「フルーツが食べたい」と思ったり「肉が食いたい」と思ったり、または「甘いものを飲みたい」と思ったりする部分です。その感覚が通常では考えられないほど強烈な感覚として「覚せい剤が欲しい」と言う欲求を起こします。)

    しかし、「ハイ」になる物質を分泌する機能は「覚せい剤の助け」が有って行われるので鍛えられませんが、それを抑える「ブルーにする物質を分泌する機能」に関しては「自力」で頑張って行われる為に「鍛えられてしまう」と言う問題が出てきます。
    これが「覚せい剤の恐怖」の本質です。

    例えばこうです。

    通常の場合、ハイ物質が出る状況下では、
    ・50のハイ物質を分泌する機能性を持っている
    ・50のブルー物質を分泌する機能性を持っている

    ハイ物質が出ていない状況下では、
    ・0のハイ物質が分泌されている(=分泌されていない)
    ・0のブルー物質が分泌される(=分泌されない)

    しかし、覚せい剤により
    ・50のハイ物質を分泌する機能性+覚せい剤が100の補助をして150のハイ物質が出る。
    ・150のブルー物質を分泌する機能性に鍛えられる

    こうなった時に、ハイ物質が出ていない状況下ではこうなります
    ・0のハイ物質が分泌されている(=分泌されていない)
    ・100のブルー物質が分泌されてしまう

    そう、薬により強引に鍛えられた「ブルー+100」の分が、通常平時にも分泌されてしまう様に「習慣化」されてしまうのです。

    こうなると、覚せい剤をやり始めた当初は「薬が切れた時だけ超絶疲労感に見舞われる」と言う状況から、「常に、超絶疲労感に見舞われる」と言う状況になってきてしまい、それはもう発狂するほど苦しくなる訳です。
    (通常の人間は、何かしらの「苦痛」に耐えられる時間的限界が有ります。)

    しかもやっかいなことに、一度ブルー物質分泌機能が鍛えられてしまい慢性化すると、もはや「完治はしない」状態に陥る事です。

    そして、「ハイになる物質」が継続して分泌すると脳に障害が出る事から、その保護機能として「ブルー物質」を出す機能が有る訳ですが、そのブルー物質だって継続して分泌されれば脳に障害が出る「毒物」なのです。
    それが、継続して分泌される状況に陥る・・それが覚せい剤の恐怖です。

    ここが、「覚せい剤は人間を廃人にする」と言われる由縁となっています。

    ブルー物質が分泌される機能が、どの程度の期間に渡り鍛えられたかによって、更生治療の期間が決まります。
    その治療により、有る程度の回復は可能です。
    しかし、それまでに脳に受けた損害や、慢性化により破壊された機能性が一部残り続けるなど、「完治」は出来ないのです。

    そう言う訳で、ドラッグはなんでもかんでも悪いと言うのは嫌いなんですが、覚せい剤だけは絶対に手を出してはいけません。
    「おしゃれ」なイメージは、それを商売にする人達によって作られた「虚像」です。
    「ポン」「K」「I」「S」「スピード」「アイス」「冷たいもの」など様々な別名が付いてますし、ダイエット効果や中毒性の否定説なども有ると思いますが、全て虚像です。

    タバコでさえ人間はそう簡単にやめられないのに、それとは月とすっぽんほども違う強烈な依存性が有るのは上記説明の通りなので、そう言った薬の知識と仕組みを把握し、よっぽど強烈な強い意志と計画性を持った人間で無い限り、一度手を出したらまずお終いだと思って良いでしょう。

    なので、これは何が悪いと言えば、「自傷行為」でしか無いので、その人を愛する周りの人間を悲しませる罪が有ります。
    自殺ほど強烈では無いかも知れませんが、次点にしても良い程の「自傷行為」と言えると思います。
    貴方の愛する人が交通事故などで「脳死状態」寝たきりになったらどうする?って点と程度の差はあれど類似性のある問題です。

    また酒井法子に話を戻しますが、だからと言って酒井法子に「なぜ手を出したのか」と問い詰め「反省しろ」と言うのは簡単ですし、反省は求めるべきだとも思いますが、それで終わってはいけないんです。
    酒井法子だって、こーゆー「覚せい剤の具体的な恐怖」が分っていれば手を出さなかったかも知れない訳で、一重に今の「社会の無知」、おしゃれなイメージまで流布している「社会の無知」、これこそが一番凶弾されなければならない点では無いでしょうか。

[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 478 ] / 返信無し
[479]  Re[2]: 酒井法子など+覚せい剤
□投稿者/ 土建屋40才 -(2009/08/29(Sat) 19:21:54)

    No478に返信(Toshiさんの記事)
    > 芸能人の違法薬物逮捕が二件連続で起き、更にそれに関連して酒井法子失踪〜逮捕〜起訴と酒井法子だけにフォーカスが絞られて報道が加熱して来てました。
    >
    > その過程に於ける世論動向などもネットのあっちこっちで垣間見る事が出来て、なんか無性に脱力感に襲われます。
    >

    > 私は酒井法子に対して、ファンでもなければTVで見た事さえ無く、曲なんかも全然知らない「無関心」な人間です。かなり昔ですが、少年マガジンかなんかの連載コラムでシモネタコーナーを担当してた人って記憶が僅かに有るだけで、最近の報道で「あぁ、こんな顔の人なんだ?」とか、「え?清純派って呼ばれてた人だったの?」ってな感じです。
    > なので、酒井法子のファンだから庇護したいとか言う思惑は一切有りません。
    > と言う前置きをした上でなのですが、
    >
    > バッシングしてる人やマスコミって、本当に失望感しか有りません。
    > まず、エクスタシー。
    > これは歴史的にはつい最近の薬ですし、出始めの頃なんか合法薬だったのでやった人なんかごろごろいるだろうと思います。
    > 単に法律で禁止されたからと言って即に極悪人化するのは「正常な法律の捉え方」では無い気がします。
    > 基本は「人の為の法律」であって「法律の為の人」では無いんですから。
    > まぁ、今回の事件では女性が一人死んでいるので「危険性」と言う側面では色々語られるべきかなと思いますが、「悪質性」は過剰に語られるべきでは無いと思います。
    >
    > そして覚せい剤の高相夫婦ですが、これも「危険性」については大いに語られるべき問題でありながら、悪質性での過剰議論や、ましてや個人バッシングされるべき問題では無いと思います。
    >
    > これらの犯罪は、どちらかと言えば「犯罪」と言うより「違反」と言う言葉で語られるべき問題です。なぜなら直接的な「被害者」がいないからです。
    >
    > そして、その観点で言えば、それはまるで「20kmオーバーのスピード違反」で捕まった人を「個人バッシング」するのと似たり寄ったりです。
    >
    > 酒井容疑者起訴に際して行われた「サンミュージック」の記者会見の記事を見ましたが、「薬に手を出した=悪人では無いだろう」と言う正常な感覚を持ってる経営陣だと思いました。その上で、大切なのは「人間性だ」と言う観点での親心と、マスコミや世論のバッシングの板ばさみになっている心情を感じて切なくなりました。
    > また、その上でも、マスコミ批判の火種にならない範疇で「優しさと厳しさ」を滲ませる発言も垣間見えて、酒井容疑者はこれまで恵まれた環境、人間関係で生きてきたのだなと思えますし、それは裏を返せば、それだけの人間関係を構築出来る資質を酒井容疑者が持っていた「人格者」で有ったとも言えます。
    >
    > 人間は誰でも当然ながら「大勢の良い面」と「僅かな負の面」が同居している訳で、マスコミや世論の犯罪に於ける「僅かな負の面=その人の人間性全て」とする解釈にはいつも失望させられる思いです。
    >
    > そう言う訳で、兼ねてから一般の犯罪者に対する世論の過剰な勧善懲悪思想にさえ嫌悪感を表明している私としては、こんな犯罪性の薄い事案に対して個人バッシングをする人々に対して、より一層強い嫌悪感を覚えます。
    >
    > とまぁ、思想批判はこの程度にしといて、余談ながら覚せい剤の危険性についてちょっと書いてみたいと思います。
    > 個人的に、違法ドラッグと呼ばれる物の中にも、実は有害性が著しく低いものも有れば、有害性の高いものも有ると思ってますし、逆に合法ドラッグの中にも有害性が高いものが沢山有ると思っています。
    > なので、ドラッグを語る際に「合法」か「違法」かは実質的に余り関係無いとさえ思っています。
    > そんな中でも、「覚せい剤」だけは一般常識が正しいと言うか、「一番危険なドラッグ」で有る事は間違いないと思います。
    >
    > 専門用語を使って説明してもつまらないと思いますので、誰にでも分かる範疇で簡単に覚せい剤の「恐怖」を説明します。
    >
    > 人間の脳の中では、その状況に応じて様々な「脳内麻薬」が分泌されて、時にそれは感情を支配します。
    > 特に、快感(広義の意味で言う快感です。例えば美味しい物を食べた時や、排尿・排泄時の感覚なども含めた・・と言う)は、この脳内麻薬の分泌によりもたらされます。
    > 更に言えば、「今日は朝から疲れも取れてスッキリ爽快だなぁ」と言うのも快感ですし、逆に言えば「今日は一日、疲れたなぁ・・もう何もやる気しないや」と言うのも「脳内麻薬」の分泌による感覚です。
    >
    > 脳内麻薬とは、基本的には一般の危険なドラッグと同程度の毒物です。
    > ですので、我々の脳には調整器官が有ります。
    > つまり、「ハイになる」麻薬を分泌し、それが継続されると廃人になってしまうため、その後には必ず「ブルーになる」麻薬を分泌して「バランス」を取るんです。
    >
    > 通常の人間は、この比率が丁度半々なので、調整器官の馬力も半々に鍛えられています。
    >
    > 覚せい剤は主に「今日はスッキリ気分爽快!」と言う部分や、「なんかなんでも出来る気がするぞ!」と言うバイタリティや自信に繋がる「ハイ」を刺激する薬物です。
    > 当然、これの抑止物質が出されると「今日は気分的にもクタクタだよぉ」「もう何もやる気がおきないよ」と言う疲労感を感じる事になります。
    >
    > 通常の人間は、これらの物質を半々に、そして適量に分泌しています。
    > しかし、覚せい剤をやると、この部分を「ハイ」にする物質が通常より遥かに多く分泌されるのです。
    > なので、普通の人間には想像出来ないと言うか、体験し得ない程の強烈な「スッキリ感」や「やる気」を感じる事が出来て、それはもう言葉では言い表せないほどの快感と言うか超絶体験と言うか、アメイジングな世界と言うか・・魅了されてしまうのですね。
    >
    > しかし、前述の通り、人間の脳には「保護機能」が付いていますので、「ハイ」にする物質が分泌されれば、バランスを取る為に「ブルー」にする物質が「同量」に分泌されます。
    > 通常より遥かに多くの「ハイ」物質が分泌されると言う事は、通常より遥かに多くの「ブルー」物質が分泌されると言う事とイコールなのです。
    >
    > その疲労感たるや、普通の人間には想像できないと言うか、体験し得ない程強烈な疲労感と言うか超絶体験と言うか、アメイジングな世界と言うか・・・我慢出来る範疇では無いのですね。だから、追加で薬に手を出してしまいます。
    > なにせ、超絶体験的に我慢出来ない疲労感から「解放されたい」と言う欲求と、薬をやれば「そこから解放される」+「更に超絶的快感がまた味わえる」と言う、一粒で二度美味しい状態になるからです。
    > しかもやっかいな事に、人間は「身体が欲している物を摂取したい」と言う感覚を自然に持つ様に出来ています。(不足栄養分に応じて、急に「フルーツが食べたい」と思ったり「肉が食いたい」と思ったり、または「甘いものを飲みたい」と思ったりする部分です。その感覚が通常では考えられないほど強烈な感覚として「覚せい剤が欲しい」と言う欲求を起こします。)
    >
    > しかし、「ハイ」になる物質を分泌する機能は「覚せい剤の助け」が有って行われるので鍛えられませんが、それを抑える「ブルーにする物質を分泌する機能」に関しては「自力」で頑張って行われる為に「鍛えられてしまう」と言う問題が出てきます。
    > これが「覚せい剤の恐怖」の本質です。
    >
    > 例えばこうです。
    >
    > 通常の場合、ハイ物質が出る状況下では、
    > ・50のハイ物質を分泌する機能性を持っている
    > ・50のブルー物質を分泌する機能性を持っている
    >
    > ハイ物質が出ていない状況下では、
    > ・0のハイ物質が分泌されている(=分泌されていない)
    > ・0のブルー物質が分泌される(=分泌されない)
    >
    > しかし、覚せい剤により
    > ・50のハイ物質を分泌する機能性+覚せい剤が100の補助をして150のハイ物質が出る。
    > ・150のブルー物質を分泌する機能性に鍛えられる
    >
    > こうなった時に、ハイ物質が出ていない状況下ではこうなります
    > ・0のハイ物質が分泌されている(=分泌されていない)
    > ・100のブルー物質が分泌されてしまう
    >
    > そう、薬により強引に鍛えられた「ブルー+100」の分が、通常平時にも分泌されてしまう様に「習慣化」されてしまうのです。
    >
    > こうなると、覚せい剤をやり始めた当初は「薬が切れた時だけ超絶疲労感に見舞われる」と言う状況から、「常に、超絶疲労感に見舞われる」と言う状況になってきてしまい、それはもう発狂するほど苦しくなる訳です。
    > (通常の人間は、何かしらの「苦痛」に耐えられる時間的限界が有ります。)
    >
    > しかもやっかいなことに、一度ブルー物質分泌機能が鍛えられてしまい慢性化すると、もはや「完治はしない」状態に陥る事です。
    >
    > そして、「ハイになる物質」が継続して分泌すると脳に障害が出る事から、その保護機能として「ブルー物質」を出す機能が有る訳ですが、そのブルー物質だって継続して分泌されれば脳に障害が出る「毒物」なのです。
    > それが、継続して分泌される状況に陥る・・それが覚せい剤の恐怖です。
    >
    > ここが、「覚せい剤は人間を廃人にする」と言われる由縁となっています。
    >
    > ブルー物質が分泌される機能が、どの程度の期間に渡り鍛えられたかによって、更生治療の期間が決まります。
    > その治療により、有る程度の回復は可能です。
    > しかし、それまでに脳に受けた損害や、慢性化により破壊された機能性が一部残り続けるなど、「完治」は出来ないのです。
    >
    > そう言う訳で、ドラッグはなんでもかんでも悪いと言うのは嫌いなんですが、覚せい剤だけは絶対に手を出してはいけません。
    > 「おしゃれ」なイメージは、それを商売にする人達によって作られた「虚像」です。
    > 「ポン」「K」「I」「S」「スピード」「アイス」「冷たいもの」など様々な別名が付いてますし、ダイエット効果や中毒性の否定説なども有ると思いますが、全て虚像です。
    >
    > タバコでさえ人間はそう簡単にやめられないのに、それとは月とすっぽんほども違う強烈な依存性が有るのは上記説明の通りなので、そう言った薬の知識と仕組みを把握し、よっぽど強烈な強い意志と計画性を持った人間で無い限り、一度手を出したらまずお終いだと思って良いでしょう。
    >
    > なので、これは何が悪いと言えば、「自傷行為」でしか無いので、その人を愛する周りの人間を悲しませる罪が有ります。
    > 自殺ほど強烈では無いかも知れませんが、次点にしても良い程の「自傷行為」と言えると思います。
    > 貴方の愛する人が交通事故などで「脳死状態」寝たきりになったらどうする?って点と程度の差はあれど類似性のある問題です。
    >
    > また酒井法子に話を戻しますが、だからと言って酒井法子に「なぜ手を出したのか」と問い詰め「反省しろ」と言うのは簡単ですし、反省は求めるべきだとも思いますが、それで終わってはいけないんです。
    > 酒井法子だって、こーゆー「覚せい剤の具体的な恐怖」が分っていれば手を出さなかったかも知れない訳で、一重に今の「社会の無知」、おしゃれなイメージまで流布している「社会の無知」、これこそが一番凶弾されなければならない点では無いでしょうか。
    >
    >
    とても解りやすい説明で参考になりました。
[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 478 ] / 返信無し
[498]  覚せい剤の誤ったネガキャン
□投稿者/ Toshi -(2009/09/11(Fri) 14:06:15)

    余談ですが、他にもこの事件に関して覚せい剤の恐怖を説明したページが無いかとぐぐって見た所、真っ先に見つかったのがこのページです。
    http://www.n-seiryo.ac.jp/~usui/news2/2009/sakainoriko_durg.html

    犯罪心理学者で大学の教授さんらしく、薬学や化学の専門家じゃないので仕方無いのかも知れませんが、やはり偏見に満ちた「誤った知識」が披露されていると感じましたので、少し指摘しておきます。

    > 眠気や疲れが取れ、作業能力が上がったように感じます。感覚が鋭くなったように感じます。爽快な気分や精力増進をかんじます。芸能人の中には、自分の音楽性が上がったように感じていたという人もいます。ただし、客観的にみると、必ずしもそうではありません。
    > 本人としては、薬のせいでとて気分が良く快調だと感じるときでも、周囲から見れば、落ち着きがなく多弁、多動と感じられたりします。
    >(0807現在、酒井法子容疑者に関する様々な情報が錯綜しています。一部報道によれば、酒井容疑者がクラブやイベントで「異様にハイな状態」で踊り続けるような奇行が見られたと証言する人もいます。CM撮影現場でも「異常なハイテンションだった」と語る人もいます。)

    これは明らかな偏見です。
    誰しもハイテンションになる事は有り、後付けで強引に理由付けしてるに過ぎません。それが証拠に「だから覚せい剤をやっている」と見抜ける人はいないのです。
    確かに、覚せい剤の使用頻度により、その人の「ハイテンション」になる頻度が上がるケースは有ると思いますので、継続的にその人の個性を観察してる人ならば不審を抱く事も有るかも知れませんが、一つのハイテンションになってるシーンだけを抜き出して「後から考えれば変だった」って言うのは無理が有ります。
    よって、客観的観察を肯定出来る根拠になっていません。
    ましてや、覚せい剤をやっている人の大多数は周囲の人達に気付かれる事無く過ごしている事実は動かせないのですから。

    その様な状況に有って、唯一客観的観察で覚せい剤使用を疑う事が出来る状態が有ります。家族など身近にいる人にしか観察できない事では有りますが、覚せい剤常用者は体臭に関して異様な程潔癖症になる傾向が多く有ります。
    よって、急に体臭を気にしてシャワーを頻繁に使うようになったら要注意です。

    > さらに覚せい剤を使い続け中毒状態になると、幻覚や幻聴、妄想など、精神病の様な症状が現れる「覚せい剤精神病」になってしまいます。
    > 覚せい剤中毒の場合、強い被害妄想を持ち、自分がやられるまえに、人をやってしまわなければと思いこみ、傷害事件や殺人を犯してしまう人もいます。(精神病ではそのようなほとんどありません)。

    これは覚せい剤を使い続けていると統合失調症と同様の症状が出ると言う事を言ってるんだと思います。しかし、覚せい剤を常用してその様な症状が出た場合は犯罪危険性が有り、天然の精神病の場合は危険性は無いとするのは明らかな偏見差別です。判例ベースで考えても、事実は天然の統合失調症の人が犯罪を犯すケースの方が多いはずです。
    まぁ、精神病患者への差別を懸念し、覚せい剤の恐怖を煽る為の「方便」なのかも知れませんが、やはり「嘘」はいけませんし、そんな「方便」を使うまでも無く事実だけでも十分に覚せい剤の恐怖を訴える事は可能です。逆にその様な偏見で魔女狩り精神を人々に植え付ける事の方が危険です。
    なので、断言しますが「覚せい剤常習者の猟奇性に関しては比較的安全です」。
    この教授さんも言ってますが、「覚せい剤欲しさの金銭強盗」が多いのは事実です。でもそれは精神を犯されて異常になったからでは有りません。
    大体、この教授さんは知らないのでしょうが、今の若い連中にはこの教授さんが想像する以上に覚せい剤は蔓延してるのですよ。もしも覚せい剤が強く統合失調症を誘発する薬品なら今頃異常犯罪が蔓延してるはずです。


    覚せい剤の恐怖を訴える主旨には大いに賛同出来るのですが、やはり誤った知識を広げるのはネガティヴキャンペーンの信憑性を貶める行為なので、余り誉められる物では有りません。

    この教授さんのその他の記述に関しては特に問題は感じませんでしたので、指摘は以上です。
[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / 返信無し
[515]  交通事故に見る民衆の身勝手さ
□投稿者/ Toshi -(2009/10/11(Sun) 01:32:29)

    昔、まだ免許を持つ人が今ほど多くなかった頃の「常識」は「車は走る凶器」でした。
    つまり、どんなに歩行者側が悪かろうと事故に於いては車側が全面的に責任を取らなければいけないと言う責任感を持って車を運転する事を否定する人は殆どいなかったと思います。

    これはもちろんながら正論だと思います。
    まず、その為のライセンス制度だと思いますし、歩行者側に責任を持たせるには歩行者用の道路交通整備や年齢制限などは最低でも必要になりますし、最悪、歩行者や自転車にもライセンス制度を導入をしなければ、歩行者側に責任を持たせる事は不可能だと思うからです。

    しかし、オートマ免許が導入され、国民の大多数が免許を持つ時代になると、ドライバー達は「俺達だけが何故責任を取らなければならないんだ。歩行者が悪いなら歩行者を罰するべきだ」と言う意見が大多数を占めて来ていると、少なくともネットを見る限りそう感じます。
    一方で、飲酒運転など自分達にも危害が及びそうな面では「厳罰化しろ!」と、結局は「自分達の安全を保障しろ、自分達の責任は軽くしろ」と言ってるだけにしか聞こえません。

    これも一重に、利己主義な時代で有る事を失念したオートマ免許導入による内需拡大政策の弊害なのでしょうね。

    人間は一度、「権利」を認められると後戻りは非常に難しいと思えますので、今までは自民政権により自由主義・個人主義が6、自民・野党の左側の影響で過剰な人権主義が4程度の割合で利己主義が発展して来ましたが、民主政権によって人権主義が7ぐらいになりそうです。後戻り出来ない自由主義・個人主義は6のままなので、トータルで10→13程度まで利己主義が拡大しそうです。
    結果的に益々民衆のモンスター化は進み、倫理は混沌としたカオス化が進みそうな気がします。

    思うのですが、どの時代に生まれた人間が一番幸福なのでしょうね。
    高度経済成長時代に死ねた人々が終わりだけ見れば幸せだったと思えますが、彼らは戦争のさなか生きてきた世代なので、終始幸せな人生だったとは思えず、高度経済成長を若年期で生きてきた人間は、今の堕落した時代に絶望するしか無く、戦前を生きてきた人間は言うまでも無く幸せだったとは思えません。
    江戸時代の安定期に生きてた人間が一番幸せだったのだろうか・・昔過ぎて想像し難いのでなんとも言えませんが。

    今の時代を若年期で生きる世代は、何が正しくて何が間違っているかが判らず、ハリウッド映画の様な単純な倫理感が正しいと信じて疑っていない様に見えます。
    しかし、その先には悲惨な世の中しか無いのは明らかなので、彼等もどんどん酷い世の中を生きて絶望しながら死んで行くしか無いでしょう。
    となると、一端世界は中世レベルまで倫理が後退し、間違いに気付いた人々が倫理を再構築して行く時代になるまで安泰は訪れない様な気もします。
    もしもそうならば、少なくとも100年単位のスパンでの遥か未来まで幸せな時代は訪れないのかも知れませんし、そうなると倫理が崩壊した世の中で幸せな時代が到達する前に近代兵器で世界は終わってるかも知れません。(中世とはこの点が違いますから)
    そう考えると、高度経済成長を若年期で生きて、今の身勝手な世の中に便乗し、好き勝手に生きて近い将来に死ぬ世代がもしかすると一番幸せなのかも知れません。

    金と力が有ったら「人の道を踏み外さない人道主義」を理念に独裁国家でも作ってみたいものです。
[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / 返信無し
[521]  加減を知らない子供達
□投稿者/ Toshi -(2009/10/17(Sat) 10:09:07)

    これも民間人権拡大の弊害であり、ヤンキー文化衰退の弊害でも有ると思うのですが、最近は子供達の喧嘩や集団暴行で重体になったり死亡したりするケースが増えていますね。

    いじめを無くそうとする努力と、暴力を無くそうとする努力は別々に考えなくてはいけないと思う訳ですが、どうもごっちゃに人権認識が進んでいる様に感じます。
    その上で、子供の人権ばかり尊重され気味でモンスターペアレントなんかも出現しちゃうから、子供を律して教育する姿勢が総崩れ・・・って感じもします。

    個人的にいじめだけは絶滅させたいのですが、子供で有れば、多少の喧嘩は致し方無いと言う感覚も有ります。
    この辺のバランスを誤り、「一切の暴力は認めない」的な方向で教育してしまうと、いざ喧嘩になった時に、安全な喧嘩の仕方を知らないまま喧嘩をしてしまうのでしょう。

    昔はまだ「タイマン」文化が強かったので、多少は集団リンチを回避出来ていたシーンも多かったと思いますが、今はその様なヤンキー文化も衰退してるので、なんの躊躇も無く集団リンチとなってしまうのでしょう。

    そして、頭部などの急所を殴る事がどれほど危険かを教える人もいないと。
    また、最近のチーマー系の漫画などは、「これ現実にやったら即死だろ」的な描画が普通に有りますので、加減を知らない子供はそれを教科書にして喧嘩をしてしまい、取り返しが付かない結果を招くのでは無いかと思います。

    本当は、親や教師にしっかりとあらゆるケースを想定した教育をして欲しいと思う訳ですが、それが出来ない無能な大人が増えた世の中である以上、世間の悪ガキどもにせめて私から教育的指導をしたいと思います。

    ・弱いものいじめをするな。それは男としてとても恥ずかしい行為だ。
    ・上等を切ってくる奴には堂々とタイマンで迎え撃て。集団リンチは卑怯な弱者のやることだ。
    ・最低限の喧嘩ルールは、相手が戦意を失ったらそれで終わりって事だ。これを守らない奴は人間のクズでしかない。つまり、戦意を最初から持たない奴に暴力を振るってはいけないって事だ。
    ・悪ガキをやるのはいい。でも美学ぐらいは持て。大人の理屈に屈せず自分の正義を持ち、カツアゲされてる様な弱者は助けるぐらいの余裕を持て。
    ・喧嘩で一番気をつけなくちゃいけない事は、顔面なら鼻っぱしら、コメカミ、後頭部などをグーで殴ったり蹴ったりしたらいけない。即死する可能性大。
    もちろん目玉などを狙うのも無しだ。グーなら頬、それ以外の場所は平手でやるのが「喧嘩」で有って、これを守らないとただの「殺人」または「殺人未遂」と言う犯罪だ。もちろん、平手でも耳はダメ。鼓膜はすぐに破れる。
    ・頭部以外は余り気を付けなくても良いが、みぞおちを筆頭に内蔵が有る部位は加減を考えないと内臓破裂で死に至る。蹴るなら手足を中心にするのが無難。喧嘩に於いて究極の暴力は手足を奪う(単純骨折)事だろう。精神的にも戦力的にも致命傷を与えられる。これが「喧嘩の上限」だ。これを超えたらもはや喧嘩では無い。

    喧嘩は相手に痛い思いをさせて思い知らせる事が目的であって、決して障害を負わせたり命を奪う事では無い事を肝に銘じて欲しいと思います。

[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / 返信無し
[533]  マナーだと?
□投稿者/ Toshi -(2009/11/17(Tue) 15:31:57)

    産経で「通勤車内で飲食する大人たち すたれる公共マナー 寛大な風潮が助長か」と言う記事が流れていました。

    なんでも、電車内で飲食するのがマナー違反だと幾つかの例を挙げながらグダグダと書かれていました。
    ・大学名の入ったジャージー姿の女子大生3人が、熱々のおでんを食べながら談笑している
    ・地下鉄車内では、携帯電話片手にコンビニ弁当をかき込むサラリーマンの姿
    ・車内で立ったままおにぎりを食べるOL
    ・揺れるバスの中でホットコーヒーを飲む男性会社員

    ほんとに、なんでこーゆーヒステリック派はマナーの厳格化を叫ぶかな・・
    こーゆー行き過ぎたマナーの厳格化はモラルの低下にしかならないってなぜ気付かないかな。

    そもそも、電車内で弁当を食べるのって「普通」でしょ。駅弁が有るんだから。
    逆に、昨今の人々が忙しすぎてゆっくり弁当も食えなくなっただけじゃない?

    飲食する人が「少数派になったとたんマナー違反に祭上げる」って良く有るパターンながら良く無いですね。

    まぁ、せいぜい言うなら「酒飲んでもいいけどさ、イカ臭いのだけは勘弁してよ」程度じゃないの?って思いますけど。

    今まで寛容されて来た事をヒステリックにマナー違反だとレッテルを張るのは双方の利便性や精神衛生上、非常に良く無いです。
    人間ってのは「普通」だと思ってる事には腹が立たないけど、マナー違反って言うレッテルを持った瞬間から腹が立つ様に出来てるんです。

    私も仕事で忙しい時にコンビニのおにぎりや菓子パン程度を電車の中で食べる事が有りますが、こんな事にいちいち白い目で見られたらたまったもんじゃ有りません。

    また、そんな程度の事をしてる人に対していちいち白い目で見る人々って余りに我侭で、かえってそんな人を見る方が不愉快です。

    変なマナー違反を叫ぶ人こそ、マナー違反では無いでしょうかね。


[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / 返信無し
[550]  痴漢疑惑で自殺の青年
□投稿者/ Toshi -(2010/05/20(Thu) 10:29:07)

    今日産経でニュース記事って言うよりもコラムに近い感じの記事で、痴漢疑惑の青年が自殺した事件が色々書かれていました。

    これを読んで、もうどこから突っ込んだものやら・・って感じです。

    簡単に事件の流れを説明すると

    ・駅構内で大学生3人組(男2人女1人)とエリート会社員の青年(25〜6歳)がすれ違った。
       ↓
    ・女が「お腹を触られた」と主張した。
       ↓
    ・大学生仲間の男二人が、会社員を呼び止めてボコボコにした挙句、警察に痴漢として突き出した。
       ↓
    ・会社員は当初警察の事情聴取で痴漢の疑いが掛けられている事さえ気付かず、暴行を受けた事をメインに受け答えしてた。
       ↓
    ・次第に自分が加害者として事情聴取を受けてる事に気付き、徹底的に否定した。
       ↓
    ・警察から再度の呼び出しに応じる念書に対して、会社員は「暴行を受けた事に関する事情聴取なら応じます」と言う事で念書にサインした。
       ↓
    ・翌日、会社員は電車に飛び込み自殺した。
       ↓
    ・会社員の母親は息子の無実を信じて疑わず、警察に抗議した。
       ↓
    ・警察は「息子さんの痴漢の疑いは晴れました」と受け答えした。
       ↓
    ・会社員の母親は息子が暴行を受けた事に対して被害届けを出した。
       ↓
    ・警察は「大学生の男二人の行動は痴漢犯罪抑制の範疇」と判断し不受理とした。
       ↓
    ・警察は後日、痴漢事件として書類送検した上で被疑者死亡で不起訴とした。
       ↓
    ・母親は頭来た。疑いが晴れたってのは嘘だったのかと。
       ↓
    ・母親は署名運動を始めた。

    ってな感じです。


    この記事を読んで、まず真っ先に感じたのは、やはり兼ねてから言ってる通り「社会悪」です。
    「自分さえ良ければ他人なんか知ったこっちゃ無い」と言う部分で死刑賛成派が増え、そして犯罪者が増えると思う訳で、でもこの部分って人間がどうしても捨てられない咎だと思います。
    その性に忠実になって倫理感を構築してるのが現代の日本で、非常に良く無い世の中だと思います。
    この性を抑制する為にキリスト教が広まった事を考えると、まだ2000年前の方がマシな世の中だったとも思えます。

    それに派生した話として、他人を簡単に犯罪者にしたて上げて、「犯罪者には暴力OK死刑OK」ってな倫理感。そしてそんな常識に抑圧された社会を生きるコンプレックスの大きい弱者。強者も弱者も同じ社会を生きる人間で、いずれも加害被害の危険性をはらんでいると思う訳です。

    そんな懸念が具現化した事件だと感じました。

    ともかくほんとに、どっから突っ込みましょうかね。

    まず、「腹を触られた」って何ですかね?これ。
    仮に会社員が本当に腹を触ったとしても、すれ違い様に触っただけなんでしょう?
    しかも「腹」だ。
    なんでこれが「痴漢」になるの?
    有り得ないでしょう。

    いっその事、痴漢として事件化出来るのは尻や胸、陰部や脚などを意図的に且つ長時間(二擦り以上)「撫でた時」だけにした方がいいんじゃないですかね。

    すれ違い様に触れてしまった事まで痴漢事件にするのは「異常にも程が有る」と思います。


    次に、大学生の男二人だ。
    もう、犯罪者と決め付けたら手加減無しと言う、ほんとーにしょーもない現代日本人を代表する様な正義の味方で、うんざりします。
    腹を触られただけでボコボコにするかね?普通。
    ってか、相手が仮に本当に痴漢とか犯罪者だったとしても暴力を振るって良いとは思えないんですが。
    それって、どう考えても「私刑」です。

    次に警察の対応だ。
    腹を触った程度の疑いで暴行を受けてるのに、それでも痴漢容疑者扱いなんだ?
    ふざけんな、ばかやろーですね。

    でもって、暴行を受けた事に対し、母親が被害届けを出したにも関わらず不受理ってなんですか?これ。
    「大学生の取った行動は痴漢犯罪抑制の一環」ってどー考えてもおかしいでしょ。
    俺に金有ったら絶対にこの警官、起訴するよ。
    仮に会社員が「継続的に痴漢行為を行おうと言う意思を明確に示していて、事実、継続して痴漢行為を働いていた」ならば、「痴漢犯罪抑制の一環」って言ってもいいよね。
    でもすれ違ってそのまま歩いてた会社員に、呼び止めた上でマウント状態でフルボッコにしてるんだよ?
    どー考えてもこれ暴行事件でしょ。

    それなのに、暴行被害は不受理にして且つ、被疑者不在で痴漢事件として書類送検ったぁ、これ母親が怒るの当然でしょう。

    でも、自殺した会社員も会社員ですよね。まぁこれも社会悪の一環で作られた人間性なのでしょうけど、それにしても「腹」でしょ?幾ら嫌疑を掛けられてるって言っても、そんなアホみたいな事件疑惑で自殺なんかするなよ・・・弱すぎます。

    ほんと、ヤクザな社会になってきました。
    すれ違い様に腹に触れただけで(しかも証拠も無しに)犯罪者扱いとなって周りの人間からフルボッコされちゃう社会です。警察も「それで良し」と言っちゃう社会です。
    いずれ、すれ違い様に「腕に当たっても」痴漢扱いとか暴行扱いで周囲の人間にフルボッコにされた挙句、犯罪者に仕立て上げられちゃう社会になりそうって言うか、もう片足突っ込んでますよね。

    ってか、昔のヤクザの方がまだマシかな?
    「おぉ兄ちゃん、痛いやんけ、謝らんかい!」で済んじゃう事の方が多かったですから。

[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / 返信無し
[551]  建造物侵入罪?
□投稿者/ Toshi -(2010/05/21(Fri) 08:32:27)

    法律ネタなので、裁判スレに書こうかとも思ったのですが、とりあえずこっちに書いておきます。

    ちょっとしたニュースで、28歳の男が、一人でカラオケ店に来て歌ってた女性の部屋に侵入して「一緒に歌おう」と声を掛け、そのまま乱暴しようとしたらしいんです。
    で、女性が悲鳴を上げたので男は逃げていったのですが、その後すぐに別の女性の部屋にまた入ろうとしてたらしいんです。

    で、カラオケ店の店員が通報して、建造物侵入の現行犯で逮捕、その後の事情聴取を経て強姦未遂で再逮捕したとの事でした。

    まぁ、男のやった事は全く同情の余地は無いので、この男がどうなろうと知ったこっちゃ無いんですが、この「建造物侵入罪」って最近良く目にしますが、昔から定義がなんかしっくり来なかったんですよね。
    なので、カラオケ店で別の客の部屋に入ると建造物侵入罪になるとかこうやってニュースで見ると、益々、「え?」と思ってしまいます。

    要するに、建造物侵入罪って、警察のご都合法律なんじゃない?って思えるからです。

    まぁ、法的に解釈すると「管理人の意図に反した侵入」って部分でひっかかるのだと思いますが、例えばじゃぁ、そのカラオケ店で、たまたま「友達」を他の部屋で見つけて、そのまま合流・・・なんてのも、カラオケ店にしてみれば「管理者に反した侵入」だと思う訳です。
    でも、それで警察に通報して建造物侵入罪で逮捕なんて話はまず聞かない訳で。

    となると、カラオケ店の店員の「心証」次第で、犯罪になるかどうかが決まってしまうって事じゃないかと思うんですよね。
    じゃなかったら、個々の警察官の判断とか。
    やってる事は同じでも、他人の心証次第で罪になったりならなかったりしてしまう。
    それって法律としては非常に不完全で不公平なんじゃない?って思ってしまう訳です。

    こーゆーのって、誰しもが納得の行く法整備をして欲しいなぁ・・
    なんて思いました。

[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / ▼[ 599 ]
[556]  児童虐待
□投稿者/ Toshi -(2010/06/05(Sat) 10:44:16)

    ストーカー規制とかセクハラなど前から述べてるように、本来は法で取り締まれなかった悪質な事件を解決する為、人の為に出来たはずの法が、法の為の人であるかの様に運用されていくと言うどうしようもない司法態勢があるのですが、児童虐待に関しても同じ事が言えそうです。

    先日、次男がトイレに11日監禁(連続最大8日間)されてた疑いで母親と同居人が逮捕されましたが、この事件も突っ込み所が有りますよね。
    監禁自体は別に騒ぐほどの事では無いだろうと思うのです。
    昔の人間だって悪さをした子供を物置に閉じ込めるとかしてた訳で、大騒ぎする様な事では無いだろうと思います。
    逆に、この事件では次男が保護された時に、鼻や頭を骨折していたとの事なので、騒ぐならこのポイントだろう・・・と思いました。毎度の事ながらマスコミの感覚ってズレてますよね。

    でもまぁ、頭部を骨折させる程の暴力は通常の躾の範疇では有り得ない事なので、この事件などは結果的に事件化されて正解だったと思う訳ですが、他にオタマで中1長女の頭をこずいてたまたま怪我をさせてしまい逮捕とか、6歳の長女に宿題させる為にひっぱたいて逮捕とか・・・
    幾らなんでも有り得ないだろ・・・って言う逮捕劇が多発しています。

    この様な状況では、もう、人の人格がちゃんと形成されず悪人に育ったり、犯罪者になってしまっても、「親の責任だ」なんて言えなくなってしまいます。
    と言うか、司法態勢が悪人を作る手助けをしてるとさえ言えるんじゃないかと。

    そもそも人間は先天性の性格が有りますから、個々の状況に合わせた育て方がどうしても必要です。
    中には優しく愛溢れる育て方で穏便に育つ気性の素直な子供もいるだろうし、きかん坊で小憎たらしく、口で言ってもわからない子供も多いでしょう。
    多様な育て方が求められる事象に関して、今の司法の有り方は一元的な育成の選択肢しか許されない状況と言えます。
    親だって万能では有りませんし、所詮不器用な人間でしか無いのですから、育成方法の選択肢を狭められたら育てられるもんも育てられなくなるってもんです。

    国家は罪を犯した人間に逮捕監禁を行い、時には最大の暴力である死刑を課します。最小単位の社会である家庭に於いて、その様な体制を教育する大切な機会を自ら奪うと言う、大変矛盾した状況だと感じます。
    幼少時の躾にトラウマを持つからこそ、人は牢屋に入れられる事や罰を食らう事を恐れる人間に育つのでしょうに。

    毎度の事ながら「民間人権主義くそくらえ」ですね。
    ちなみに、いつもいつもこの様な民間人権主義を拡大する世論を形成するのはマスコミな訳ですが、最近のマスコミは「児童虐待が疑われる時はどんどん通報し、強制立ち入り捜査もすべきだ」と言う世論を形成しようとしています。
    つまり、基本的人権を蔑ろにしてまでも民間事件を優先させ、チクリ合い社会になれと言ってる訳です。
    しかしリテラシーの低い民衆は、そんなマスコミの言葉にまんまと乗せられてしまっており、既にマスコミのシナリオ通りの世論が形成されつつ有る現状に対し、もはや絶望するしか有りません。

    マスコミの支配する民主主義ってのは本当に、独裁国家以上に恐ろしいものですね。
    独裁国家は目に見える形での「独裁」なのでまだ可愛気が有りますが、マスコミ支配の民主主義は「思想誘導」によっての「独裁」なので、誰しも「自分の意思」だと勘違いしてしまう罠が有る分、手に負えません。(まぁ、簡単に言えば洗脳ですね。)

    人々がもう少しリテラシーを持って、「ニュース記事は記事から読み取れる「事実」のみを受け取り、それ以外は一切無視し、更に記事が誰かを批判する記事なら、批判されている人物を庇護する気持ちで逆証してみる、逆に誰かを庇護する記事なら庇護されている人の落ち度を逆証してみる」姿勢を持たない限り、世の中はどんどん悪くなっていくでしょう。
    また、マスコミの「洗脳」の常套手段も弁えておく必要が有るかも知れません。
    例えば、誰かを批判する記事の場合、記事では直接的な批判をしない代わりに、人々に批判する為の「単語」を提供し、「波紋を広げそうだ」などの文で批判を煽ったり、または、「政界から批判が続出している」「財界から批判が続出している」「国民から批判が続出している」など、記者の気持ちが、さも「国民全体の意見」とでも言うかの如く嘘の既成事実化をした文章にするとか、又は虐待記事で見かけた例で言えば「犯人はしつけのつもりだったと言うが、しつけのつもりは虐待の常套句だ」の様な潜在感を植えつける言葉を用いるなどなど。
    他に有り勝ちなのは、記者の主張を「識者らしき」人の言葉を借りて主張するなど。
    洗脳の方法は多種多様ですが、記事に騙されない様に気を付けて見ると、記事の8割は洗脳の為の文章で有る事が分かると思います。
[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 556 ] / 返信無し
[599]  産経新聞で
□投稿者/ Toshi -(2010/10/25(Mon) 20:55:36)

    産経新聞では兼ねてから児童虐待に関するヒステリックキャンペーンを展開中ですが、本当にしつこいと言うか、タバコのネガキャンを思い出すと言うか・・・

    タバコの時と同じように、今はアメリカの虐待事情を紹介しつつ(つまり、アメリカは民間人権をヒステリックに扱う先進国ですから、もちろんながら虐待に対しても非常にナーヴァスな訳ですが)それを「お手本にすべき」とでも言いたそうに長々とレトリックに満ちた記事を書く訳で、こうやってマスコミはいつも日本にヒステリックな民間人権を広めて行く訳です。

    こーゆーメディアの世論誘導と言う独裁が成り立つ民主主義は病んでいるとしか思えません。

[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / 返信無し
[559]  NHK受信料
□投稿者/ Toshi -(2010/06/22(Tue) 23:22:37)

    NHK受信料不払いの強制取りたてに於けるMSNのアンケートで回答者の意見が幾つか紹介されていたのですが、圧倒的に多かったのが「国有化して税金で賄え」って意見でした。

    ちょっと信じられない感じです。
    NHKは国家権力に支配されない国民運営によるTV局と言う建前が有ります。
    まぁ、良くも悪くも実際に国家の思惑から離れた番組や国民の思惑から離れた番組も多く有り、これはこれで問題なのですが、しかし建前は一応保たれていると言えます。

    しかし、これが国有TV局になったら、中国の情報統制宜しく国家の為のTV局になり国民の為のTV局で無くなる「危険性」が跳ね上がります。

    なので、NHKの存在意義が分っていれば国有化なんて論外だと思うのですが。
    結局民主政権での支持率の高さからなどからも分かる通り、人々は「妬み」さえ有ればなんでも「正義」に出来ると思ってるんでしょうか。
    事業仕分けの「無駄」定義しかり。
    そして、NHK受信料徴収の不公平感しかり。
    自分の妬みを解消する為なら後先考えずなんでも有り・・って気がして来ます。

    また、受信料を払わない人にはスクランブルをかけろって意見もボチボチ有りましたが、これなんかも、そうなったからと言って、その意見を言ってる人が何か得をする訳でもなく、単に「妬み」の対象が潰される快感だけしか無いだろうと思います。

    こーゆー面が非常に「嫌な世の中だなぁ」と思います。

    唯一、まともだと思える意見も「一つだけ」有りました。
    それは、
    「NHKは殆ど見ない。なのに全額払うのには抵抗有る。今の受信料を上限に見た分だけの課金制にしたらどうか。地デジ化で対応も可能なのでは無いか」
    と言う物でした。

    なるほど、これならNHKを見て無い人は払う必要も無く、オリンピックしか見ない人は4年に一度だけ払えば良い事になります。
    しかも、見た分は必ず強制課金ですから、今の不払い世帯からも徴収出来る様になって総額的にはトントンになりそうです。

[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / ▼[ 563 ] ▼[ 580 ] ▼[ 585 ] ▼[ 593 ] ▼[ 608 ] ▼[ 631 ]
[562]  新聞社の問題
□投稿者/ Toshi -(2010/07/08(Thu) 05:22:54)

    ニュース記事を読んでいるとムカつく記事がたまに有りますので、新聞記事への悪口用にひとつ枝を作っておきます。
[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 562 ] / 返信無し
[563]  産経はなんなんですか?
□投稿者/ Toshi -(2010/07/08(Thu) 05:29:30)

    一昨日辺りから福岡の県会議員が官能小説を政務調査費から購入していたとのニュースが流れてますが、今日の産経の記事で、思い切りいじめ根性丸出しで、見ていて不愉快になる記事が有りました。
    一部抜粋すると、

    「恥ずかしすぎる」官能小説
    冨原議員が購入していた官能小説は『素人手記ひとつ屋根の下〜禁断の記憶』(竹書房、580円)。肉親との背徳的な快楽に溺れる女性の告白手記だが、添付したレシートにはなぜか、『炭坑と強制連行』と手書きされ、別の本を購入したように装われていた。

    ニュースとしては、官能小説を購入していた・・・だけでいいでしょう。
    わざわざタイトルまで公表する必要性がどこに有るのでしょうかね。
    しかもご丁寧に「恥ずかしすぎる」なんてタイトルまで付けちゃって・・・

    議員のやった事は当然良い事では有りませんが、たかだか数百円でしょ?
    一般の個人経営者が必要経費で日用生活品を計上する事に比べれば可愛いもんでしょ?
    そんな些細な問題に、ここまでイジメ根性を発揮するかね?普通。

    どこのダブロイド誌だよって感じで、本当に不愉快です。

[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 562 ] / 返信無し
[580]  相変わらず経済の足を引っ張る
□投稿者/ Toshi -(2010/08/21(Sat) 14:00:37)

    産経で元カリスマ女社長を貶めるいじめ記事が流れていました。
    かいつまんで内容を言うと、
    --------------------------------------
    金融機関から総額300億円超の巨額融資を受けながら経営破綻(はたん)した服飾卸売会社「U.F.O.」グループ。中国ビジネスに卓越した見識を持つとされた谷絹子社長(60)は、大阪と東京のタワーマンションに夜景を見渡せる自室を持つなど、豪勢な暮らしぶりでも知られた。一方で元社員は「自分を大きく見せる人だった」と話す。「カリスマ社長」という評判は、実像だったのか、虚像だったのか−。

     雑誌記事では「東京ドームの約3倍の敷地に24棟の新工場を建設中」「今や年商1千億円を超える企業グループ」とも紹介されたが、上海で勤務経験のあるUFO元社員は「生産量や工賃から判断すると、工場の年間売上高は5億〜8億円だった」と指摘。「社員たちは『こんな数字(年商1千億円)を言っていいのか』と驚いていた。経営がうまくいっていると感じていた社員がいるとは思えない」との談話が不明のマスコミ記事に掲載された直後から資金繰りが悪化した。

     谷社長は自著「中国ビジネス虎の巻−真の成功者が語るチャイナビジネス実践術」(幻冬舎メディアコンサルティング刊)で「途中でやめるから失敗になるのだ。成功するまで続ければ、失敗などない」と“極意”を紹介していた。
    --------------------------------------
    まぁ、この記事では「落ちぶれた後の記事」なので経済的損失は微々たるものですが、この記事に書かれている通り、どっかの記事がこの会社の経営を破綻させたと言っても良いでしょう。
    この社長の信念では「ブラフをかまそうが最後に成功すれば良い」と言うのが有ったと思いますし、マスコミが邪魔しなければ最後には成功していた可能性だって十分に有るのですから。
    それに、この記事の書き方もせこい表現をつかっています。
    ・今や年商1千億円を超える企業グループ
    ・生産量や工賃から判断すると、工場の年間売上高は5億〜8億円だった
    この対比は非常にアンフェアです。

    片や「企業グループ」での話なので、当然関連会社も含めますし、社長や会社が保有していたで有ろう他企業の株式を「グループ企業」として含めた話だったと容易に推測出来ます。
    一方、元社員の話は「たった一つの工場での話」です。
    もし、経営が上手く行っている時期に掲載された記事でも同じ対比が使われていたのなら、その記事は本当に「悪意の塊り」だと思いますし、その社長はおろか、その会社の従業員、そして日本経済、つまりは我々日本国民につばを吐く記事だと言え、非常に怒りが湧いて来ます。
[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 562 ] / 返信無し
[585]  J-CASTに失望
□投稿者/ Toshi -(2010/09/10(Fri) 19:39:31)

    WEBニュースのJ-CASTですが、割と新興のメディアの割りに躍進してますし、既存のマスコミの持つ保守性に対立するかの様な姿勢に好感を持ってまして、割りとJ-CASTのニュースではコメント欄に投稿したりしてました。

    少なくとも「これまでは」。

    が、非常に残念な事に、J-CASTも既存メディアと同様の情報統制が有る事が分りました。
    このニュースサイトでのコメントは、投稿した後、大抵の場合は48時間以内に担当者の承認を経て掲載される仕組みです。
    投稿したコメントが反映されない事がちょくちょく有るのですが、大抵の場合考えられる要因として、担当者のミスにより投稿記事を捨ててしまったか、または利用規約に反しているかです。
    もちろん私は、利用規約に反する様な投稿をする程無駄な事が好きでは無いので、これまで反映されなかった私の投稿は担当者のミスだと思っています。
    現に、これまでは反映されなかった事を確認後、同一内容を再投稿すると反映されていたからです。

    しかし、最近、私の投稿が反映される率が急激に低下し、7割を切りました。
    もちろん、どれも利用規約に反しておらず、どちらかと言えば人々が勘違いしている内容を諭す「核心」を突いた投稿に限って反映されない事が多い様です。
    例えば、生活保護に関して、まずは、私が「生活保護者よりも低賃金の人々がいるなんておかしいと言った意見は偏見に基づいた誤解だ。もっと生活保護の告知を徹底すべきだ」と発言し掲載されました。それに対して、誰かが「何を持って誤解とされてます?現に何百万人も生活保護より低賃金の人々がいる事が誤解だと?無職にならないと受けられない制度はおかしい。告知よりも制度を見直すべきだ」みたいな突込みコメントが入りました。

    それに対して、「それが典型的な誤解です。生活保護水準よりも低い賃金の人は生活保護に申請出来ます。保護水準に満たない差額が支給されるのです。もちろん、生活保護を受けると出来る限りの労働を催促され、そこで得た賃金の分は支給額から減額されますし、保護を受ければ様々な規制管理下に入り自由な生活は出来なくなりますので、申請するかしないかの自由は有りますが」と言う回答を投稿した所、掲載されませんでした。
    担当者のミスかと思って、1週間かけて2回ほど再投稿しましたが、絶対に掲載されませんでした。
    どうやら、人々が誤解していた方がメディアが扇動しやすいとの判断からなのか、真実は掲載されない事がはっきりしました。

    これだけじゃ有りません。
    No582
    で書いた内容を簡略してJ-CASTでも何度か投稿しましたが、これも掲載されませんでした。どうやら、漫画家が連載誌で儲けが無く、コミックスで初めて儲けが出ると言う真実が記事の妥当性を揺るがせるからなのでしょう。

    これまでJ-CASTは好感を持っていただけに、非常に残念です。
    つまり、J-CASTは他の新聞社と同様か、それ以下だったと言う事ですね・・

[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 562 ] / 返信無し
[593]  下着置きゲーム
□投稿者/ Toshi -(2010/10/06(Wed) 01:21:05)

    http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/101005/crm1010052102034-n1.htm

    ネットの掲示板で女性の生下着好きが集まり、街中に脱ぎたてパンティを隠してくれる女神の出現を待ち、女神が現れたらリアルロールプレイングゲームのノリで参加者が下着を競って探すと言うゲームが行われているとの事です。

    で、それを紹介する記事の書き方にとても嫌悪感が沸きました。
    「常人には理解出来ない」と言う言葉を二度に渡り使用した紹介記事でした。

    私に言わせれば「異常男性とねじれた道徳観念を持つ女性には理解出来ない」ゲームでしか無いと思います。

    正常な男なら、女性の下着やその中身が好きなのは当たり前でしょ。
    で、そんな正直に生きる男が好きな女(ゲーム中の女神)がいても普通でしょ。

    それをなんでわざわざ「異常者」と言うレッテルを貼って犯罪予備軍に仕立て上げるのですかね、マスコミって連中は・・・
    こーゆー魔女狩り的なサタニスト思考こそ「異常者」「犯罪予備軍」だと思うのですが。

    パンティを探してる連中の方がよっぽど平和的です。

[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 562 ] / 返信無し
[608]  珍しく産経新聞を誉めたい記事
□投稿者/ Toshi -(2010/11/06(Sat) 23:45:26)

    兼ねてから世間の「魔女狩り」風潮を批判している私としては、「事件の裏側」として両論補足とも言える記事を産経が流している事に対して、非常に褒め称えたい気分になりました。

    http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/101106/crm1011061800018-n1.htm

    まぁ、例の「セクハラサイコロ教師」の報道に対し、過去に行った自らの魔女狩り報道を否定する記事構成になっています。
    (まぁ、完結に言えば、如何に金八先生だったか・・・と言う事を、現在・過去の生徒たちの証言や、保護者からの証言で説明してる記事です。)

    この記事を元にしたブログ記事などでも、「裏を見てみないと一概に悪人には出来ないものなんだなぁ」みたいな事が書かれており、一人でも多くの人を「怪獣は問答無用でぶっ殺せ」と言う勧善懲悪思想から更生させる機会を与えた記事で有ることは賞賛に値します。

    これからも、「怪獣にだって事情が有るのかも知れない、共存の余地は有るのかも知れない、もしかすると怪獣の方が正しいのかも知れない」と考えられる人間を増やす方向での記事を期待したいと思います。

[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 562 ] / 返信無し
[631]  産経の金子聡
□投稿者/ Toshi -(2011/01/10(Mon) 23:13:20)

    菅首相の年初記者会見に対する「政治部デスクの斜め書き」シリーズ記事を読みました。
    この「政治部デスクの斜め書き」シリーズって昔から馬鹿げた記事が多いのですが、この金子聡と言う記者が書いた記事も相当イラッと来る記事でした。

    http://www.sankei.jp.msn.com/politics/policy/110109/plc1101091801003-n1.htm

    菅首相は批判すべき点が多いのも事実ながら、「批判」では無くて「ねちっこいイジメ」記事になっています。
    揚げ足取りと無理筋ないちゃもん、更に記者らしからぬ言葉遣い。
    これなら、まだちゃんとした詭弁になっている「小沢・川内弁」の方がマシです。

    菅vs小沢の茶番劇も見ていて苦痛でしたが、この菅vs産経記者も一層低レベルで見ていて苦痛です。
    もはや大人として、社会人としての最低限のモラルさえ無い下品な記事には絶句してしまい、具体的な指摘は余りに低レベル過ぎて嫌なので止めておきます。

    この記者、間違いなく「チャネラー」か、それ系の暴言を得意とするネット匿名コメンテイターでしょうね。こーゆー人間を雇って堂々と記事にしてしまう産経も語るに落ちたって感じです。


[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / 返信無し
[571]  金賢姫来日
□投稿者/ Toshi -(2010/07/23(Fri) 21:32:49)

    元北朝鮮工作員であり、北朝鮮が隠している日本人拉致に関する情報を持つ金賢姫が来日し、めぐみさん家族と面会しました。

    と言うニュース報道だけで本来は済むはずの出来事なのですが、マスコミのイジメ根性全開な報道っぷりで、げんなりします。
    (ついでに、そんなマスコミに乗せられて罵倒の嵐を吹かしてる人々も)

    マスコミがそんなだから、自民も調子に乗っちゃって野党時代の民主党みたいな意味無い与党批判を始めちゃうし。

    無理を言って北朝鮮に命を狙われている彼女にリスクを犯して来日して貰ったのですから、例え国民が納得行って無かったとしても国の代表がやった以上、国民としては歓迎するのが筋なのに、ヘリで移動したり、食事をしただけで国民から批判されちゃぁ、非礼にも程が有るってもんです。
    むしろ、日本の国民の品位を自ら貶めていますよね。

    日本が「来ちゃダメ」って言ってるのに、来ちゃったんだったら、そりゃいいですよ。殺人犯は日本に来るな!元死刑囚は日本に来るな!とか罵倒を浴びせても。

    そうじゃないんですから。日本からお願いして来てもらってるんですから。

    なのでまずは、彼女を歓迎し、彼女が帰った後に、民主党に対してコストパフォーマンスを追求するのが正しい筋だと思います。
    民主党のパフォーマンスなのかどうかとか、厚待遇だとか違うとか、そんなくだらない事じゃなくて、大切なのはコストに見合うだけのメリットが得られたのかどうかです。
    それ以外にデメリットなんて発生し得ないのですから、デメリットにもなっていない事柄をぎゃーぎゃー騒ぐんじゃねー!と言いたいです、


    今回の騒動は、同じ日本人として非常に恥ずかしい騒動でした。
[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / 返信無し
[579]  女児痴漢に思う
□投稿者/ Toshi -(2010/08/16(Mon) 22:34:19)

    ゲームセンターにいた小学校4年生の女の子の背後から胸を触った男が、女児の「痴漢!」と言う叫び声で駆けつけた人々によって取り押さえられ逮捕されたと言うニュースが流れていました。

    このニュースを見て思ったのは、昔なら女児は痴漢されているとさえ思わず、騒ぎにならなかったんだろうな・・・と言う事。
    昨今、児童ポルノや児童虐待と言う言葉がヒステリックワードになって、子供にまで民間人権が浸透している状況なので、民間人権を毛嫌いしている私としては非常に切ない事件です。

    決して、胸を触った男を庇う訳では有りませんが、やはり女児が無邪気で有れば、心情的に傷つく事は無く幸せで有る訳で、もし転びそうとか高いところから落ちそうだと「勘違い」した上で見知らぬ女児を抱き上げた場合にリスクが発生する社会になってしまった事も意味し、本当に怪我をしそうだとか命が危ないなどのシーンで助けられない社会になって行きそうです。

    民間人権は「冷たい人々」を量産する思想です。
[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / 返信無し
[598]  16歳少女AV出演
□投稿者/ Toshi -(2010/10/24(Sun) 21:28:06)

    16歳の少女が少なくない本数のAVに出演し、制作会社の社長などスタッフが逮捕された事件での報道が産経で流れていました。
    まぁ、気持ち程度に両論併記はされてましたが、相変わらず「被害者は少女」と言う表現での報道で、不愉快になりました。

    「「アルバイト感覚だった」と、AV出演を悔やんでいるという少女。支払った代償はあまりに大きい。」と、大人の毒牙に掛かった後悔に悩まされる可愛そうな少女・・と言う構図の報道ですね。

    でも、AV出演のオファーを受けた時、少女は姉(22才)の免許証を使って年齢詐称してる訳で、騙されたのは制作会社側であり、事件発覚により商品回収で赤字を出し逮捕までされて一番の被害者は制作会社でしょうに。

    それに、今時の16歳の女の子のバッコンバッコンな生態を鑑みれば、この様な事件で被害者像を作り上げる事がどれだけ不毛かって話です。
    きっと、この少女の様にSEXに抵抗が無い女の子達は、別にAVに出ていなくてもやりまくってる訳で、そこに成人女性のやりマンとなんの違いが有るのでしょう。

    大人は、本気で未成年の少女を被害者として見たり、性から遠ざけるのが正義だと思うなら、親は娘に貞操帯でも付ける事を義務化すればいいんじゃないでしょうか。

    それを行わずに一方的にやりまくっている少女達を被害者に仕立て上げるのは間違っています。

    この手の話をすると「分別の付かない未成年を守るのは大人の義務だ」的な意見を言う人が必ずいますが、では仮に、世の中の全ての大人がその様な責任感を持ったとしましょう。それで解決すると本気で思ってるんですかね?
    そうなったら、彼女たちは未成年同士でバッコンバッコンやるだけでしょ。

    どうせ、親は子供の飛翔を止められない訳だから、「大人が・・・」なんて無駄な抵抗なんです。
    それに、大人側だって、性衝動を抑えられない人の方が多数派なんだし。

    いい加減、社会には少女たちがアドバンテージを握る一面が有る・・と言う事実を認めたらどうですかね?

    結局、「もし自分の娘が・・・」と言う事実を受け入れられない親の心理(エゴ)で、この様な事件では犯罪者と被害者を反転させてる訳でしょ?

    あぁ、やだやだ。

[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / 返信無し
[602]  学校で児童にトイレ掃除
□投稿者/ Toshi -(2010/11/02(Tue) 06:08:04)

    詳細は忘れましたが、どっかの学校で児童にトイレを素手で掃除させた事がWEBで批判に晒されています。

    で、記事を読むと、一つの情緒教育の一環としてPTAや保護者も参加し、教員も率先して「素手掃除」を実践し、生徒も最初は嫌がっているものの、最後には満足そうな声が多かったとの事。

    これに対してWEBでの批判は
    ・トイレ掃除が教育に結びつくなんてどこの宗教だ
    ・素手でやらせるのは感染症の危険が有る
    ・女生徒に男子便器を掃除させるのはセクハラだ
    ・素手でやらせる行為は人権侵害だ
    辺りがメインでした。

    で、私の感想ですが、相変わらず民間人権に犯された人ばっかり・・・死ね死ね世論やいじめ根性の延長線上な批判ばかりだなと。

    では、それぞれの批判について突っ込んで見ましょう。
    ・トイレ掃除が教育に結びつくなんてどこの宗教だ
    自分たちの使ってるトイレを自分たちで掃除させる。極当たり前な教育でしょう。
    なんでも他人任せが当たり前だと思ってて、しかも「遺族感情」と同じ様に「もし自分がやらされたら」とか「もし自分の子供がやらされたら」とか考えるから腹が立つのでしょうけど、そんな人間を量産しない様にする大切な教育です。

    ・素手でやらせるのは感染症の危険が有る
    イベントを行っている側も意図が有ってやってる事なんでしょう。
    まぁ、根性と度胸を磨くとか、汚い物に強い子供にするとか、まぁ、そんな感じで。だから別に私は良いと思いますよ。
    感染症ですか?そんな事に神経質になったら、トイレのドアノブでさえ握れない子供になっちゃいます。
    感染症は、汚い部分に触れるからなると言うよりも、トイレ後の手洗いが不十分なのが原因なのですから、しっかり手洗いさせれば済む話です。
    手を怪我してる生徒だけ気を付ければ神経質になる必要性は全く有りません。

    ・女生徒に男子便器を掃除させるのはセクハラだ
    何を言ってるんだか。
    意図的にそうさせてるなら、まぁ多少は理解出来ます。
    でもたまたま抽選の組み合わせでそうなっただけなんだし、男性トイレを女性が掃除するなんて社会では当たり前に有りますので、教育の一環としては極普通な事でしょう。

    ・素手でやらせる行為は人権侵害だ
    でたよ、人権がなんたるか知らない人の「人権侵害」主張。
    浸透する民間人権が人権だと信じきってる宗教ですね。
    まぁ、50歩譲って民間人権を人権だとしましょう。
    本人たちが納得してやってるイベントに対して、全く関係ない他人が自分たちの価値観でそのイベントに水を差し好き放題批判するのは、それこそ、その「人権侵害」そのものでしょう。

    全く、呆れます。
    J−CASTなんかでもコメを書いてる人の9割以上が「批判者」なんですから。
    元ネタは2chだと言う事ですが、そこもきっとそんな感じなんでしょうね。
[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / 返信無し
[614]  アムネスティもやっぱ変
□投稿者/ Toshi -(2010/11/20(Sat) 14:33:47)

    産経ニュースで以下の様な記事が流れていました。

    ----------------------------------------------------------------------
    国際人権団体アムネスティ・インターナショナル(本部・ロンドン)は19日までに、短文投稿サイト「ツイッター」に尖閣諸島付近での中国漁船衝突事件をめぐる中国の反日デモへの皮肉ともとれる書き込みをした中国人女性が警察に拘束、「社会秩序かく乱」罪で1年の労働教育処分を受けたことを明らかにした。

     アムネスティは、女性はツイッターでの「つぶやき」で「良心の囚人」となった初の中国市民かもしれないと指摘し、インターネット上での表現の自由の抑圧を批判。釈放を求めた。

     女性は「反日デモで日本製品を壊すなんて何年も前にやった。何の新味もない。刺激がほしいなら、上海万博で日本館を壊せばいい」と、婚約者の男性がツイッターでつぶやいたのを引用。「怒れる若者よ、突撃だ」との題を付け、10月17日に書き込みをした。(共同)

    ----------------------------------------------------------------------
    元ネタは共同通信みたいですが、どうもこの記事も書き方が悪くて理解に苦しむ所が有ります。
    が、多分、まとめると
    中国人女性がツイッターで「怒れる若者よ、突撃だ」とタイトルを付け、「反日デモで日本製品を壊すなんて何年も前にやった。何の新味もない。刺激がほしいなら、上海万博で日本館を壊せばいい」と書き込みを行ったと。
    んで、中国当局が社会秩序かく乱罪で1年の労働教育処分を課したと。

    とそう言う話かと思うんですが、これは明らかに日本の施設を破壊する暴動を煽ってる書き込みなので、中国当局が対処したのは「当たり前だろ!」ってな世界です。
    なのに、なんでアムネスティは「表現の自由侵害だ」と中国に抗議してんの?
    じゃなにか?日本でも犯行予告とか掲示板に書くと逮捕されますが、それも表現の自由の侵害だって事ですか?
    これじゃ、法治もモラルも有ったもんじゃ有りません。
    アムネスティって人権さえ尊重すれば良いと思ってるテロ集団なんですかね。

    まぁ、この記事自体がマスコミ得意の「煽り記事」で偏向報道されたものである可能性も有りますが、少なくともツイッター発言の内容は事実だと思うので、もうその時点でアムネスティは「黙ってろ」って思います。

    アムネスティとかって、民間人権を広げるリベラル色が最近強いので、そもそも大嫌いなんですよね。
    本気で死刑を廃止したいなら、そーゆー浅はかな思想は止めて欲しいです。
    って言っても無理か・・アムネスティって元々、法倫理モラルの観点から死刑を語ってるんじゃなくて、人権の観点だけでしか語ってませんものね。

    ps.
    その後調べたら、やっぱり偏向報道な部分は有りました。
    元ネタはロンドン共同で、本来の記事は上記引用に付け加え
    -----------------------------------------------------
    アムネスティは「(反日デモをあおっているのではなく)明らかな風刺的発言」としている。

     女性はその10日後の結婚式当日に行方不明になり、労働教育の収容所に送られたことが最近分かった。女性はこの数年間、中国の反体制派を支持する書き込みもしていたという。
    -----------------------------------------------------
    が記事全文の様です。

    なので、アムネスティとしては反体制派を保護したい思惑が有るのでしょうね・・
    と言う一定の理解は出来ますが、かと言って、暴動を煽ってるのか風刺なのかの的確な論拠も多分ないんだろうと思いますし、仮に風刺だったとしても、読んだ中国人が真に受ける可能性だって有る訳で、結局私の意見は変わりません。
[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / 返信無し
[622]  またもや米国の困ったちゃん
□投稿者/ Toshi -(2010/12/08(Wed) 18:49:49)

    まぁ、児童ポルノネタなんですが、兼ねてから私は児童ポルノ規制に反対の立場です。
    Toshiの戯言でも書いてる通りなのですが、ここでもう一度完結にまとめると
    -----------------------------------
    基本的人権で思想の自由が認められている限り、児童性愛者を無くすのは無理な訳ですが、昨今の厳罰化世論や規制強化で犯罪がどの様に変化するかを熟考してるのか非常に疑問です。
    生物学的に一番性的魅力を発するのが16歳と言われていますので、前後2歳の幅を取って14歳〜18歳の女性を嗜好する男性は普遍的に多いと考えられます。(表向きはけしからんと言いながら内心は・・って人を含めてですが)
    加えて、昨今の女性人権ばかりを尊重する条例の乱立で大人の女性に手を出せなくなり、二次元オタクか幼児性愛に向かうしか無い気の弱い男性も少なからずいます。
    そんな彼らの本能欲求をどう処理すべきかと言う議論がまずはすっぽり抜けてますよね。
    その上で規制強化して欲求の捌け口を奪えば、益々近所の幼児が危なくなりますよね。
    しかも厳罰化世論です。
    昔ならちょっと悪戯する程度で済んだのでしょうけど、今は悪戯でもニュースに出て大騒ぎですから、それが怖くて「拉致」、その後は「解放したら厳罰じゃん」と殺害。助かる命が奪われているとも言える事象です。
    自分の性欲に逆らえない人間が一定率いると言う前提で「人類」なのですから、その一定率に対しては凶悪犯罪を助長誘発してるだけです。

    アメリカが規制強化・厳罰化しても効果が無く逆に凶悪犯が増えてるのは「日本人が児童ポルノを取り締まらないせいだ」といちゃもんを付けるからと言って、アメリカの二の轍を踏む事は有りません。

    もっとモラルの有り方や社会性なども含めて根底から考えるべき問題だと思います。

    -----------------------------------
    と言う事です。
    更に昨今話題になっている「擬似児童ポルノ」に関してはもはや論外で、ここまであからさまな詭弁理論がなぜまかり通るのか、世間一般の素養を疑う議論です。
    これはつまり「フィクションを規制する」と言う事なので、フィクション規制なら暴力や違法行為、児童に関係ない性的描写など、全てのフィクションに於いて「規制する」と言う議論にならないと整合性が取れず、「擬似児童」と言う言葉が出てくるだけでももはや論理的な根拠は皆無な理屈です。

    でまぁ、なんでこんなくだらない世の中になってしまったのかと言えば欧米のヒステリックな白人文化が民間人権を世界に広めているからに他ならず、常日頃から民間人権の弊害を主張している私としては、もはや白人文化は諸悪の根源と言えます。

    そんな白人文化の急先鋒である米国ですが、今日、こんなニュースが流れていました。

    24歳の女優がホットパンツ姿やチアリーダー姿のセクシーショットをグラビアで掲載したらしいんです。
    しかし、この女優、最近TVドラマで女子高生役で出演してるらしいんです。
    そしたら、どっかの団体が「ドラマで女子高生役をやってる女優がチアリーダーの様な女子高生を連想させる姿で挑発的な姿を晒すのは、児童虐待への助長誘発行為だ」と、まんま「擬似児童ポルノ」だと言わんばかりのヒステリックさで騒いでいるとか。
    ヌードでも無く、ましてや女優は24歳なのに、もはやここまで来ると「気違い」です。
    しかし、こんな「気違い沙汰」の屁理屈でも、日本人は平気で取り込んでしまいますので、先が思いやられます。

[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / 返信無し
[633]  公務員バッシング
□投稿者/ Toshi -(2011/01/12(Wed) 16:27:48)

    Yahooみんなの政治で公務員へのスト権付与に賛成か反対かのアンケートが有りました。
    まぁ、予想通り反対が76%と大多数を占め、コメント欄でも公務員バッシングが凄かったです。

    まぁ、一番多い論調は「税金で食わせて貰ってるのにふざけんな」でした。
    次点では「なら民間並の待遇にしろよ」とかですかね。

    もはや、大多数派vs少数派いじめの構図としては創価学会バッシングよりも酷い感じです。
    まだ創価学会はくじけないパワーを感じますが、公務員は比較的沈黙してますのでバッシングする方の一方的な祭り状態になってると言うか、見ていて情けない気がします。

    過去からの「お役人体質」で「傲慢&事務的」な対応や融通の利かない労働姿勢に対して反感が根強い物になっているんでしょうね。

    私は少数派いじめや弱いものいじめが大嫌いです。
    大抵の場合、理不尽な「数の暴力」で強引に理屈の合わない屁理屈で攻撃する事が常で、本質的に魔女裁判と同じだと思うからです。

    政治家の様な責任の重い人物や、明らかに犯罪度の大きい人物など、直接自分が被害を被っている場合は話が別ですが。

    なので、私は公務員を庇う側に回ります。

    最近の市役所や警察などの態度を見てると、市民に対して礼儀を弁えて接する人も昔に比べてだいぶ増えた様に感じます。
    また、サービス残業を含めた時間外労働などで遅くまで頑張っている人も市役所で良く見かけます。
    もちろん、未だに傲慢な人間も多いのも確かなのですが、ポイントは「昔に比べて改善されて来ている」と言う事です。

    なので、就労態度や運用面に対して、もっと国民からプレッシャーが有れば、もっと良くなると思っています。

    でも今の多くの国民は、そう言う面で批判するのでは無くて、給料を下げろとかリストラしろとかお前達は意見するなとか、そう言う方向でバッシングしてて、批判では無くいじめになってると感じます。

    民間と比べて高待遇なのが気に入らないと言う意見も多く有りますが、それの何が悪い?と思います。
    私が子供の頃は、「公務員になりなさい、一生安心して暮らせるから」と言う大人達のセリフを良く聞いた記憶が有ります。
    まぁ、私の親はそんな事言わなかったので、私は公務員には興味を持たずにその道を歩みませんでしたが、でも人生の選択肢として安定収入と言う職が有っても良いと思いますし、それを妬む位なら自分も公務員になれば良かったんです。

    自分が他の道に進んでおきながら、隣の畑が良く見えるからといちゃもん付けるってとても嫌らしくて低俗に思います。

    また、高待遇だと言いますが、実際にはこうやって国民に言いたい放題言われ、それでも文句も言えず、更に公務員法で縛られる面も有り、更に有る程度民間水準に合わせた給与調整もなされ、民間の労働三権も与えられていないのですから、皆が言うほど高待遇だとは思いません。

    また、自分達は何の利益も出しておらず税金で飼われているだけの癖に・・・と言う意見まで多く有りましたが、それじゃ、企業内の総務などの事務方もヒエラルキーが発生し差別される事になってしまいます。

    国を運営する上で公務員が必要なのは余りにも自然な事で、それを税金で賄うのは当たり前でしょう。そこにヒエラルキーが発生して良い訳が有りません。

    また、待遇を民間と同じにしろ・・・と言う意見も多いのですが、全く物事を見る目が無い意見だと思います。
    それは、公務員制度を廃止して、全て民間委託しろと言っているのと同意です。

    しかし、民間委託したにしても、その人件費や経費は税金で賄う事になんの変化も無く、逆に公務員法のしばりも無く労働三権も与えられる為、益々既得権益闘争や汚職が増えるだけに決まってるでしょう。
    しかも、傲慢なお役人体質って言うのは、最終的には人間性の問題ですので、民間になったからと言って、そう言う人間が「いなくなる」とは決して言えません。
    民間企業でもユーザに対する態度で酷い所なんか幾らでも有ります。
    しかも国政サービス事業になる訳ですから、消費者センターに苦情も言えないので、下手すれば今よりも酷くなる可能性が高いんです。
    しかも相手は公務員では無いので人権も高く、下手に攻撃すれば反撃も容易です。

    如何に今の公務員が人権が低いかと言う事を、想像力を持って図って欲しい所です。

    感情論に走るのでは無く、もっと冷静且つ客観的に問題を考えるべきです。
    今、問題にしたいのは「財政圧縮」だと思います。
    感情的に「無条件に給与を下げろ、リストラしろ」「ならスト権ぐらいよこせ」「ふざけんな」「そっちこそふざけんな」では無くて、国民は公務員の立場や苦労をきちんと理解してあげ、その上で「今、民間もこれだけ苦しいから、公務員もこれだけ泣いてくれない?」とお願いすべきですし、公務員側も「人々が苦しい中自分達だけ良い思いをするのはいけないから、景気が回復するまで給与カットなどで泣きますよ」と自主的に動くべきです。

    そうなれば「スト権云々」なんて話にはならずに済むと思います。

[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / 返信無し
[634]  教育とモンスターペアレンツ
□投稿者/ Toshi -(2011/01/18(Tue) 17:00:03)

    http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110118/trl11011812180030-n1.htm
    http://ameblo.jp/click-news/entry-10772138887.html

    教員がモンスターペアレンツを提訴し、両親側も教員の無責任な対応に怒り心頭で裁判で徹底抗戦の構えと言う事件です。

    まぁ、産経の記事を読んでも朝日の記事を読んでも、双方の言い分が述べられているだけなので実態的にどちらが悪いのかなどの議論は不可能ですし、係争中との事ですので裁判所が公正な判断を下してくれるものと思います。

    しかし、この記事を読んでまず思ったのが「社会が病んでいる」です。
    昔なら、考えられない事件です。

    兼ねてから言ってる通り私は「民間人権」に神経質な人間ですので、やはりここでも民間人権拡大の弊害を感じてしまいます。

    やくざの縄張り意識と同じなんですよね。民間人権なんて。
    民間人同士での権利のぶつかり合いですから。
    こんなんで「和」が成り立つ社会が出来るはずも有りません。

    一昔前なら、大人同士の民間人権の拡大を憂慮するだけで済んでいましたが、最近ではやはり子供にまで民間人権が浸透してる事が目立ちます。

    この様な「社会を破壊する思想」を正す所か、より拡大する様な戦い(裁判)が教育現場で行われてしまった事に、非常に残念な気持ちで一杯になります。

    教員側の気持ちも理解出来ます。
    民間人権を大きく振るい始めたのはペアレンツ側が先だと思いますので、まずはそこを牽制しないと始まらないと言う事なのかも知れません。
    しかし、その様なペアレンツに育ててしまった学校教育にも根本的問題が有ると思います。
    なので、本来は教育現場の自業自得として反省し、今の問題には我慢しつつ、これから大人になって行く子供たちの教育を見直すと言うのが筋のはずです。
    しかし、若手教員なども所詮はモンスターペアレンツと同世代で有れば、「機関責任」など感じるはずも無く、自分の「権利」しか考えられないんでしょうから、今の教員採用方式を取る限り事態は収拾不可能に思えます。

[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / 返信無し
[640]  浅はかな社会
□投稿者/ Toshi -(2011/02/17(Thu) 16:22:33)

    児童ポルノや児童売春ネタですが、兼ねてより児童売春の温床として「有害サイト」と烙印を押され、規制をされまくってきた「出会いサイト」ですが、これがきっちりと規制されているにも関わらず、ネットでの児童売春や児童ポルノ事件は減っていないと示唆するニュースが流れていました。

    なんでも、「健全サイト」とお墨付きを貰ったサイトで特に携帯オンラインゲームサイトが「第二の出会いサイト」と化してると言う事です。

    まぁ、こんな話、なんでニュースになるかな?と不思議でしょうがありません。

    と言うか、出会いサイトを「有害サイト」と烙印を押す報道を乱発したマスコミとか、それに過剰反応した親御さん達や警察、政治などの司法関係者、全てが当時から「馬鹿じゃねーの?」と思ってました。

    なんで、「サイトが有害なのでは無く、利用者が有害サイトを作るんだ」って馬鹿でも分かる理屈が分からないんだろう?と不思議だった訳です。

    ネットを箱に例えるなら、最初は「青い箱」に入った果物に、多くの「ハエ」がたかるので「青い箱を禁止」し、安全な「赤い箱」だけ残しました。
    そしたら今度は、「赤い箱」にハエがたかるようになりました。
    って、すっげぇ「当たり前」の話でしか無いと思う訳です。
    約1000件の事件に対し、児童から誘ったケースは約300件との事ですので、ハエの数に対し3割は「ハエを誘う腐った果物」がどんな色の箱だろうと必ず入るって事ですね。

    そもそも、「青い箱」に拘る時点で「馬鹿」なんです。
    問題は、果物やハエをどうするか・・・じゃないの?と言う話でしょうに。

    早い話、安価なコミュニケーションインフラがある限り、多彩な「箱」は絶対になくならない訳です。
    例えば、インターネットを廃止したとしても、安価なQ2ダイアルみたいなのが出現すれば、そっちに移るだけですし、そもそも「需要と供給」の関係が少女と大人の男性に成り立ってる以上、事件撲滅は不可能です。
    最終的には、家庭教育、家庭責任に回帰するしか無い問題でしょう。
    こーゆー「家庭問題」「子供の教育問題」である「民事」を刑事で取り締まろうってのがそもそも間違いの元じゃないでしょうかね。


[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / 返信無し
[643]  沖縄基地問題
□投稿者/ Toshi -(2011/03/09(Wed) 07:37:14)

    沖縄の基地問題は前から「まぁ、沖縄も色々大変だなぁ」程度に考えていました。

    でも、米国務省のケビン・メア日本部長が「沖縄はごまかしとゆすりの名人で怠惰だ」と発言した件での沖縄の反応を見た時に、なんかちょっと違和感を感じました。

    もちろん、このケビン氏の発言は問題なのですが、それはちょっと置いといて、この件に関し、沖縄県議会と那覇市議会は8日、抗議決議を全会一致で可決。いずれの決議も「基地のない平和で安心・安全な沖縄県を切に願う県民の心を踏みにじり愚弄する発言で断じて許せない」として発言の撤回と謝罪を求めたと言うもの。

    この「基地の無い平和で安心・安全」ってのが、全く理解出来ませんし、なんかとても利己的に感じます。
    私の地域でも、厚木や横須賀など米軍基地は有りますが、私の地域での住民は沖縄ほどヒステリックでは有りません。
    もちろん、沖縄は米軍兵の犯罪が多いなどの問題が有るのでしょうけど、それは米軍の運用面、管理面の問題なのでそこを追求すべきで、即基地追放になるのはおかしいんじゃないかと思います。

    沖縄の基地は日本全土の防衛拠点の一つですから、日本国民としての防衛自覚が感じられない決議であって、なんか利己主義だなぁ・・と。
    横須賀なんかもかなりの防衛拠点ですし、厚木なんかもかなり騒音が凄まじいですが、それでも神奈川県民は防衛自覚を持ってると思いますよ。

    「基地の無い」と「平和で安心・安全」は相反するものだと言う矛盾を堂々と主張するのは、同じ日本人としてかなり恥ずかしいです。
    それを「沖縄に限らず日本への侮辱だ」とまるで日本代表の様な口ぶりで言われると腹さえ立ってきます。

    沖縄もちょっと駄々っ子度が過ぎませんかね?

[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / 返信無し
[656]  震災の爪あと
□投稿者/ Toshi -(2011/03/26(Sat) 22:16:53)

    震災から2週間が経ちましたが、未だに被災地の方々は大変な思いをしている事と思います。
    そんな被災者達を思う気持ちは有るのですが、それはそれ、これはこれ・・
    と言う部分で書いて見ます。

    一般的に考えて、やはり募金をしたり被害者を思いやったり出来る人ってのは、自分が恵まれている前提が基本だと思うんですよね。
    海外セレブが大金を寄付する事や、貧乏人は気持ちが有っても行動出来ない事を踏まえれば、自分の暮らしのレベルと慈善は比例すると思ってます。

    自分の気持ちに余裕が無くなって来ると、人間は他人への思いやりなど持てなくなって、自分の事だけでいっぱいいっぱいになる傾向が強いですから。

    そこで、震災では直接的な被害が少なかった東京近辺の関東圏ですが、度重なる無計画停電だけでも段々と気持ちに余裕が無くなって来るのでは無いでしょうか。

    それだけならまだしも、近所のコンビニとかに行くと愕然となるのが、品物が普段の1/3程度しか棚に無くて、スカスカなんです。
    特に食料品関係の品薄が酷くて、パンやカップラーメンも少なく、一番ダメージが大きいのが、牛乳、納豆、卵など、貧乏人の栄養源アイテムが全く無い事。

    スーパーとかに行くと、かろうじて牛乳は「低脂肪」のものだけが「お一人様1本限定」でやっと手に入る状態です。

    食生活にまで長く影響が出てくると、かなり気持ちの余裕は無くなって来てしまうので、買いだめなど冷静な判断が出来ずに身勝手な行動を取る人が増えてしまうのも納得です。

    タバコも一時的に販売停止になる見込みですし、米も備蓄米が有るとは言え今の販売店の状況を見ると、確かに不安になって来ます。

    (ただまぁ、私の場合、買いだめする程のお金が無いので、冷静にならざるを得ないのですが(^^;)

    それに加えて、大きい不安要素は、今後の電力の見通しです。
    震災から2週間、福島第1原発も廃炉が確実視される中、そろそろ国民規模でその辺の「今後」が議論されても良い頃では無いか・・・と思いきや、WEBで軽く検索した範疇では、未だに現状の節電の話題やら、今後が不安だ・・程度の話しか見つかりませんでした。

    夏場や冬場のピーク時に圧倒的な電力不足になる事は東電も既にアナウンスしています。
    しかし、それに対してどの様な対応を取っていくのかと言うアナウンスは一切有りません。
    せいぜい、休止中の火力発電を復活させて、電力不足を少しでも補うと言った、消極的な対策がアナウンスされているだけです。

    根本解決に向けた対策を取るには、なるべく早い段階で東電は国民に問題提起すべきなのに、地雷を踏むのを恐れている対応ばかりが目立ちます。

    問題は、根本解決の為に、国民はどの様な方向性を支持しなければならないのか・・これが一番重要な案件です。

    今は原発事故で放射能汚染が問題視されており、国民も神経質になっていますから、ならばと発電量が少なく温暖化ガスをガシガシ放出する火力発電所を乱立させる方向性を支持するのか、それとも、背に腹は変えられないと言う事で、新たな原発建設地として迎え入れる覚悟を持つのか・・・ですね。
    (水力や太陽光はこの際論外です。これらは+αの余裕電力を作る目的でなら有効ですが、今の様に圧倒的な電力不足には余りにも不向きです)

    東電や政府の「問題点を素直に報告せずに隠蔽し、空けてびっくり玉手箱」な体質に任せていると、結局は「放射能が収まって、国民の放射能ヒステリーが収まるまでは計画停電で凌ぐしか無い」と言う結論に向かう事は目に見えていますから、一日も早く電力問題を解決する為には、国民自らが自主的にその辺の議論を始めるべきだと思うんですよね。

    ちなみに私は原発推進派です。
    もちろん、他にクリーンで安全な代替技術が生まれればそれに越した事は有りませんが、現状では世界的に原発へ流れるしか無い環境情勢だと思っています。

    ついでに言うと、放射能汚染で出荷停止になった野菜、安く流して欲しいと思ってるぐらいです。私はただ同然で野菜が買えるなら喜んで食べます。

    結局、不安視されているのは確率論の問題であり、この辺に神経質になり始めるとキリが無い事を知っているからです。
    例えば、食品にはさまざまな毒素(栄養素も毒素になり得ます)が普通に入っており、一つの食品を偏食すれば、それに伴う病気の発生率が確率論として増えます。
    バランス良く食べれば、栄養素と呼ばれる物質が身体に与える影響として、デメリットよりメリットが増えると言う訳です。
    しかし、バランス良く食べた所で、栄養素以外の毒素(発癌物質など)は排除し切れませんし、例えば動物性蛋白質のコゲは発癌物質だと言われてますので、これを多く取れば取るほど確率論的に発ガンの可能性は上がります。
    だからと言って、食卓から焼き魚や焼肉を排除すると、やはりデメリットの方が大きくなります。
    結局、栄養摂取をしたいなら、確率論的リスクには「無神経」にならざるを得ない訳です。

    とは言え、動物性蛋白質のコゲによるリスクにしろ、今回、流通停止処分になったほうれん草にしろ、普通に新陳代謝が行われている人間なら気にする様なリスクとはなり得ません。
    むしろ、神経質になる事によるストレスの方が遥かにデメリットは甚大です。

    放射線による確率論的被害に付いては、明確な科学的根拠は出ておらず、少なくとも言える事は、年間に200ミリシーベルトを被曝するとガン発生率が上昇する「気がする」って事です。
    しかし、法律では、これでもか!ってぐらい神経質に国民を被曝から遠ざける基準を出していますし、マスコミでは1ミリシーベルト程度で大騒ぎですから、私からしてみれば国民全体が不必要にヒステリックなほど神経質になっている様に見えます。

    まぁ私は喫煙者なので、こんな微々たる確率論的リスクを恐れていてはタバコなんか吸ってられるか!喫煙者をなめんじゃねー!
    と言いたい所です。
    そもそも兼ねてから私は、受動喫煙被害もブラシーボが大きいんじゃないかと主張してる人間ですので、神経質になりすぎたストレスから病気になる人は増えそうに思えます。集団受動喫煙ヒステリーから集団放射線ヒステリーに移り変わるだけ・・ですかね。
    人間「これは身体に悪いから、きっと病気になる」と思いつめると、本当になっちゃたりしますから、神経質にはならない事をお勧めします。
    (でもまぁ、国のアナウンスや東電の態度も悪いですよね。東電みたいに情報を出し惜しみすれば、国民は「本当は危険なんじゃないか」と勘ぐりますし、東電が「大丈夫、大丈夫」と言いつつ、問題が発覚すれば国民は信頼を裏切られ益々不安になりますし、国のアナウンスは「微量+微量+微量+微量」=「ただちには影響出ない」
    ですから、こんな事言われると、「なんだよ、結局、微量がいっぱいで大量じゃないか」とか「ただちに・・・って事は将来的に影響出るって事じゃないか」とか普通思いますもんね。東電は本当に、良いも悪いも全部正直に且つ即刻に情報を表に上げるべきですし、国も「ただちに」なんて言わないで「絶対に」と断言すりゃぁいいんです。)

    そう言う訳で、廃棄するしか無い野菜は是非、私に分けて下さい(笑)

    とまぁ、少し話が横道にそれましたが、私はこんな微々たる食品被害よりも電力が安定供給されない方が遥かに生活苦に結びつくので、私から東電への要求としては、
    1.すぐにでも原発建設に取り掛かる(数年は掛かる)
    2.数年間は火力発電所か、または他地方から供給を受ける為の変換機を早急に増設し、来年以降から原発完成までの間は安定供給出来る体制を整える。
    3.今回の教訓を生かし、原発は2箇所以上建設し、クラスター化して今後災害が起きても今回の様な「電気が供給できない」なんて情け無い事態を生まないように対策する。
    4.今年度いっぱいは仕方ないので計画停電に付き合いますよ。でもちゃんと「計画停電」にして欲しい。今の無計画停電は止めて欲しい。

    ps.
    その後、27日のニュースで、2号機の床に浸水してる水溜りの放射線濃度が、毎時1シーベルト以上との事。
    これは、年間にしてみると最低でも8760シーベルト、つまり8760000ミリシーベルトと言う事で、ちょっとしゃれにならないレベルです。
    放射線の致死量は年間2000ミリシーベルト(毎時228マイクロシーベルト)ですから、致死量の4400倍ほどの数値で、これかなり緊急事態では無いかと思います。
    ちなみに、日常生活で確実に安心出来るレベルは年間20ミリシーベルト程度です。
    日本での通常時では、多くても年間10ミリシーベルト程度のレベルです。(医療含む)
    また、ほぼ大丈夫だろうと言うレベルは年間100ミリシーベルト程度。
    前述の通り、200ミリシーベルトまで行くと、発ガン率がちょっと上がるかもと言う懸念が出てきます。
    500ミリシーベルトまで行くと、具体的な身体異常が出てきます。
    (それにしても、マスコミや各所の放射線測定値の単位が統一されていなくて、非常に分かりにくいですね。毎時だったり年間だったりマイクロだったりミリだったりシーベルトだったりグレイだったりベクレルだったり。今気になる「健康」と言う観点では大抵の場合は年間シーベルト単位で示すのが普通なので、これに統一して欲しいもんです。)

    参考までに、3月27日午後5時現在での東京近郊の放射線量測定値を年間換算のシーベルトで表すと以下の通りです。

    茨城:多い所で6ミリシーベルト(茨城の人はCTスキャンとかなるべく避けた方が良いかも)
    神奈川:多い所で1ミリシーベルト
    青森 :通常値(多い所でも約0.3ミリシーベルト)
    東京 :詳細不明ですが、有る地域では約2.2ミリシーベルト
    群馬 :詳細不明ですが、有る地域では約0.57ミリシーベルト(ほぼ通常値)
    新潟 :通常値(多い所で約0.35ミリシーベルト)
    長野 :気持ち多め(多い所で約0.5ミリシーベルト)

    尚、肝心の福島の測定値は不明です。
    一部では毎時130ナノシーベルト/時(年間約1ミリシーベルト)と報じてるサイトが有りましたが、どう考えてもこれは嘘だろうと思います。
    また、福島に近い宮城・仙台の測定値情報も中々入手困難なのですが、朝8時測定値では多い所で年間換算約79ミリシーベルトとの事です。
    気分的には不安が出る数値ですね。

    それはそうと、この情報を収集してる時に、21日の段階で原発から20km離れた場所で年間換算1400ミリシーベルトを検出したってニュースを見つけたのですが、もしこれが本当だったら、政府の20km圏内避難、30km圏内自宅待機の指示は非常に不適切で危険だと思うんですけど・・・
    もっとも、前述で示した致死量や身体異常を引き起こす閾値は「一時に受けた場合」での年間シーベルトですから、長期に渡って致死量の放射線を受けた場合、致死量になるのかどうかは不明です。でもやばいって事は確実だと思うのですが。

    深夜になり、その後報道が二転三転しています。
    東電の報告が間違っていたとの事で、最初の報道ではヨウ素134とコバルト56を取り違えていた旨を東電が訂正したと報道され、直近の報道ではヨウ素134とセシウム134を取り違えていたと東電が訂正したと報道されています。
    http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110327/dst11032721230068-n1.htm
    http://sankei.jp.msn.com/life/news/110328/trd11032800460000-n1.htm
    東電の誤報告を批判するマスコミも人の事を言えない状況ですね。
    特に、非常に疑問に思うのは、産経などは大々的に「1000万倍は誤りで10万倍」と報道してる事です。
    そりゃ確かに、ヨウ素134の濃度はそうなのでしょうよ。
    でも、「取り違えていた」と言う事は、コバルトにしろセシウムにしろ、ヨウ素より半減期が長い放射性物質が毎時1シーベルト出てるって事なんじゃないの?
    むしろ問題は大きくなってるんじゃないの?
    それをさも、「問題は実は大した事無かった」的に報道してるけど、大丈夫なの?
    って感じです。
    まぁ、報道記事が舌足らずなだけで、「測定方法が間違っていた。半減時を考慮した測定パラメータを与える際にヨウ素では無くセシウムで測定してしまったから滅茶苦茶な数値が出てしまった」と言うオチである可能性は大きいと思いますが・・・
    で、もしそうなら、毎時10ミリシーベルトと言う事になり、年間換算では87600ミリシーベルト。どっちにしろ致死量の44倍ですが・・・

[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / 返信無し
[662]  警察・検察のレトリック
□投稿者/ Toshi -(2011/04/23(Sat) 10:30:13)

    高校の教師が覚せい剤で捕まった事件に対する産経記事の中で、捜査関係者の弁として以下の様な事柄が紹介されていました。

    「初犯であればほぼ執行猶予がつく、というのは被疑者や被告人の間で常識。その意識が違法薬物に対するハードルを低くしているのは間違いない。初犯にも実刑で臨むなど重罰化に向けて舵を切るべきだ」

    これは、全ての事件に於ける厳罰化への典型的なレトリックですね。

    一見「そう言う考えも有るのか」と納得してしまいそうな弁ですが、ちょっと待ったです。
    仮に初犯でも懲役2年程度になるとしよう。すると、この捜査関係者は、こうも言える事になってしまうのでは無いでしょうか。

    「初犯であればほぼ2年以下の懲役になる、というのは被疑者や被告人の間で常識。その意識が違法薬物に対するハードルを低くしているのは間違いない。初犯にも長期実刑で臨むなど重罰化に向けて舵を切るべきだ」

    覚せい剤取締法の最高実刑は懲役10年以下ですから、結局、初犯でも10年実刑となるまでこのレトリックは有効になってしまい、つまりは初犯の酌量を廃止せよと言う議論にならざるを得ません。

    で、初犯の酌量を廃止したとしましょう。

    そうすると、今度はこんなレトリックも可能になって来ます。

    「再犯者は初犯と同じ実刑10年が最高、と言うのは被疑者や被告人の間で常識。その意識が違法薬物の再犯に対するハードルを低くしているのは間違いない。再犯には更なる長期実刑で臨むなど重罰化に向けて舵を切るべきだ」

    と、ここでまた初犯と再犯に差別化が生まれて最初のレトリックに戻り、結局、死刑に至るまで延々と繰り返されるレトリックとなります。

    そもそも薬物関連の法律は法倫理を蔑ろにしてると思ってますので、こう言うレトリックは「論外」だと思います。

    アメリカなどの様に、流通者には厳罰化、使用者には刑緩和・・・と言う方向性にしないとダメでしょう。
[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 258 ] / 返信無し
[686]  法知識:正当防衛
□投稿者/ Toshi -(2015/01/26(Mon) 13:21:01)

    超久しぶりの投稿となってしまいましたが、法知識も少し間を置くとどんどん忘れて行くので、少しメモ的に記して置く事にします。

    今回、イスラム国の人質問題が有りました。
    ネット上では安倍自民政権批判派と安倍親派との間で罵り合いが展開されています。
    まぁ、ざっと流し読みした程度では、やはり安倍自民批判派の言ってる事の方が筋が通ってる事が多いと感じました。

    基本、国家には国民保護義務が有りますから、湯川さんが殺害された時点で国は保護義務を果たせなかったと言う事になりますし、その因果の「因」を作ったのも、安倍総理による「対イスラム国支援2億ドル表明」によるものなので、これは批判されて当然だと思えるからです。

    まぁ、安倍親派の攻撃材料は大抵の場合、藁人形論法で「なら身代金を払うべきだったと言うのか」と言う物ですが、多分、殆どの政権批判派の人はそんな事を一言も言っておらず、ただの詭弁ですので、ここでは捨て置きます。

    さて、私は個人的に、国は人質救出作戦を展開させるべきだったと思っているのですが、近代法倫理に於ける「正当防衛」って他人の権益の為にも適用されるんだっけ?と言うのが、今回調べなおした事柄です。
    日本は特に「正当防衛」重視の法体系なので、国内での人質事件などでも、警察が犯人を射殺したと言う話は滅多に聞きません。
    しかし、他人の権益を守る為に正当防衛が有効ならば、武装して人質救出作戦を展開出来る事になります。

    結論から言えば「理論的に有効」でした。

    日本の法体系的には、正当防衛に対してかなり厳しい制約が有りますが、国際的に見れば、アメリカなどの人質救出作戦の様に、犯人を安易に射殺しても十分に正当防衛の括りで処理出来ると言う事ですね。

    前提条件を書いておいた方が良いですかね。
    日本は憲法九条が有る為、基本的に戦争が出来ない国です。
    しかし、自衛隊は「正当防衛」の名の元に、警察権を拡大させた物である、と言う解釈が可能なので、それで憲法九条との矛盾に対してお茶を濁しているのが、現状の日本の法体系です。

    よって理論上は、自衛隊による武装救出部隊を編成させてイスラム国に乗り込んでも、日本の基本的な法理念を否定せずに実行出来ると言う事になります。
    後は、当該国の政府に承認さえ得られれば、何も問題ないでしょう。

    さて、ここからが本題です。
    これを調べてて、横道の事柄ながら、忘れてた事を再確認した事柄が有ったので、また忘れない様にメモを・・・

    メモは2つの事柄が有ります。
    まず、世間一般で誤解されている「正当防衛」とは、具体的にどんなものなの?と言う話。
    次に「期待可能性」と言う言葉。

    先に、期待可能性の話から書きます。
    期待可能性とは、「適法行為を取る事が出来る可能性の期待値」と言い換えられます。
    これは色々なシーンで用いる事が出来る言葉で、例えば正当防衛の場合、仮に犯人にナイフを突きつけられているとします。
    この情況でも、本来は適法行為(相手に危害を加えずに逃げるなど)で危険を回避する事を基準に考え、その結果、適法行為で危険を回避する選択肢が少なくなり、切迫した心理情況から違法行為(相手に危害を加える)以外での回避方法を思いつかない場合、「期待可能性が低い」と言う事になり、正当防衛が適用される事になります。
    もっとも正当防衛では、有る程度、期待可能性が高くても適用される場合も多いのですが、似た様な事柄で「緊急避難」と言う用語があります。
    これは善きサマリア人の法(善意でした事は、どの様な結果になっても罰しない)に近い感覚のもので、例えば船が沈みそうとか、飛行機が落ちそう、と言う場合に、皆の命を救う為に勝手に他の乗客の荷物を捨てたとしても、それは重要な権益を守る為に仕方なくやった事だから罰しないと言う話です。
    でも、緊急避難の場合は、期待可能性がかなり少なくないと適用されません。

    他にも、なぜ子供や精神障害者は罰しないのか、と言う話でも、期待可能性と言う話が出てきます。
    つまり、適法行為が出来る可能性が無い場合、それは罰せられないと言う事なんです。
    (実際には、その話は責任能力の話へと移る話なのですが、ここでは割愛します。)

    正当防衛も子供の免罪も、全て「期待可能性」と言う論理の元に体系化されてる訳です。
    極論を言えば、自然災害で人が死んでも自然を罰する事が出来ないのは、期待可能性がゼロだから、と言う言い方も可能です。
    (物理的、現実的な話とすれば、自然を罰する事が出来ないのは当たり前ですが、あくまで理論上の話としてです。)

    次に、正当防衛ですが、期待可能性が関連するのは上記で述べましたが、他にも一般に理解されていない事に、「武器対等の原則」が有ります。

    ちょっと話は横道ですが、世の中の多くの人は「犯罪者なんか死ね」系の人ですよね。そう言う人の口癖は「目には目を、歯には歯を」と言うハンムラビ法典です。
    しかし、多くに人は、ハンムラビ法典の主旨を誤解してます。
    これはイスラム圏の話で、身分階級制度の有る国では、身分の高い人が、身分の低い人を「気分次第」で罰していました。
    例えば、パンを盗まれたからと死刑にする様な。
    そこでハンムラビ法典が出来ました。
    罪を犯した事以上の罰を与えてはいけないと。
    だから、目を潰されたら、目を潰す以上の罰を与えてはいけない。
    歯を折られたら、歯を折る以上の罰を与えてはいけない。
    だから「目には目を、歯には歯を」なんです。

    武器対等の原則も、基本はこのハンムラビ法典と同じです。
    ナイフで攻撃されたら、ナイフ以上の武器で攻撃してはいけない。
    素手で攻撃されたら、素手で反撃する以上の攻撃は与えてはいけない。
    それが「武器対等の原則」です。
    例えば、素手で暴力を振るわれているのに、ナイフで反撃したら、それはもう「正当防衛」では無くて「過剰防衛」となります。
    しかし実際には、年齢の差や男女の差などによる腕力の差などの情況は適度に勘案されて判決される事が多いので、何がなんでもハンムラビ法典だ、と言う話でも有りませんが、それでも素手で暴力を振るわれたらナイフで反撃しても正当防衛だ、的な断定的言説は確実に間違っています。正解は、「情況によっては正当防衛になる事も有るが、ならないと思った方が良い」です。

    余談ですが、過剰防衛の時でも情状酌量される事が多いです。
    面白いのは、その論拠に論争が有るそうで。

    一つは、正当防衛の場合、緊急避難と違って「切迫した情況を作った違法行為者(加害者)がいる」のだから、加害者の法益は軽んじても良いとする「違法減少説」
    (つまり、そもそも原因を作った奴が悪いと言う様に、論拠を「加害者」に求める論点。もっと簡単に言えば、被害者の防衛行為によって重症の怪我をしても、自業自得と言う話です。でも逆に言えば、自業自得とまで言えない情況では法益は守られると言う事にもなります。)

    もう一つは、被害者側に期待可能性が減少してるのだから仕方ない、と言う「責任減少説」
    (つまり、切羽詰っていて、加害者を攻撃する以外に自分の身を守る術を思いつかなかったのだから仕方ないと言う様に、論拠を防衛行為に及んだ「被害者」に求める論点)

    これは難しい論争だなぁ、と思いました。
    つまり、こう言う事です。
    例えば、ある男が女性にキスをしようと迫っています。
    女性はそれを「こいつは私を殺すつもりなんだ、命の危険が有る」と思い込んでしまって、男を殺してしまいました。
    その場合、キスを迫った側の加害責任は微弱なので、違法減少説で考えると加害者の法益は守られるべき、となり、女性は有罪です。
    しかし、女性がそう妄信してしまっている以上、期待可能性は少ないので、責任減少説で考えると無罪(or情状酌量)となります。

    まぁ、実際はその場の精神状況などを分析して、そう妄信してしまった情況に合理性が有るならば、責任減少説で無罪or情状酌量が適当だろうと思います。
    じゃないと、精神障害者や子供に対する話と整合性が取れなくなってしまいますからね。

    しかし、正当防衛も突っ込んで考えると奥が深いです。
    例えば上記の例で、男がキスを迫りました。つまり男が加害者です。
    それに対して、女性が殺されると妄信して、ナイフで切りかかってきました。
    男の立場で見れば、キスを迫っただけで殺される謂れは無い訳で、命の危険を感じる情況です。
    そこで、男性が女性の足をすくう様に蹴り、倒れた女性の頭が物にぶつかって死亡してしまった場合、正当防衛になるのか、など。
    無論、これは正当防衛にならないとおかしいです。
    そう考えても、加害者の法益は軽んじられても良いとする違法減少説だと、この男性は正当防衛を認められない事になってしまい、話がおかしくなります。

    だので、個人的には、その論争、「責任減少説」が妥当だろうと思います。
    しかし、「些細なきっかけ」からエスカーレートして互いに命のやりとりに発展するケースでは、もはやどちらが被害者でどちらが加害者なのか断定しずらい情況になりますし、現実の事件でもそんな話はゴロゴロしてるんだろうな・・と思えます。
    やはり、一番肝心なのは、誰しも「殺意」を抱かない倫理の確立なのでは無いか、と思います。だから死刑制度が邪魔なんですよね。あれは合法的に人間の「殺意」を肯定する制度ですから。


[ 親 258 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/


HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 検索 過去ログ

- Child Tree -