フリートーク
フリートーク

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 検索 過去ログ

ツリー一括表示

Nomal IT・技術関連ネタ /Toshi (09/04/30(Thu) 22:19) [337]
Nomal トップレベルドメインの自由化? /Toshi (09/04/30(Thu) 22:41) [338]
Nomal メモリがreadになる事ができませんでした /Toshi (09/05/05(Tue) 09:02) [348]
Nomal フリービットの規制情報 /Toshi (09/05/08(Fri) 07:42) [353]
Nomal インターネットの退化 /Toshi (09/05/08(Fri) 07:43) [354]
Nomal IE8の安定性 /Toshi (09/05/14(Thu) 04:07) [362]
┃┣Nomal Re[2]: IE8の安定性 /Toshi (09/10/12(Mon) 13:12) [517]
┃┃┗Nomal IE8のメモリリーク /Toshi (09/10/15(Thu) 06:17) [519]
┃┗Nomal マイクロソフトのバカヤロウ! /Toshi (09/10/20(Tue) 22:27) [525]
Nomal 最低YahooJapan! /Toshi (09/05/31(Sun) 20:38) [386]
┃┗Nomal R25ってサイト、なにこれ? /Toshi (10/05/15(Sat) 23:49) [549]
Nomal ソニーのバイオ電池 /Toshi (09/06/06(Sat) 18:40) [397]
Nomal 精神コントロール機器 /Toshi (09/06/30(Tue) 13:09) [429]
Nomal 最近のロボット事情 /Toshi (09/07/02(Thu) 21:57) [432]
Nomal MS-Officeが無料化? /Toshi (09/07/14(Tue) 17:36) [439]
Nomal 神経的な疑問 /Toshi (09/08/30(Sun) 10:25) [483]
┃┗Nomal ギロチン後の意識 /Toshi (09/08/30(Sun) 22:22) [484]
Nomal Windows7ってどうなの? /Toshi (09/10/05(Mon) 14:21) [510]
Nomal 価格.com のHDDがやばい /Toshi (11/03/24(Thu) 19:06) [654]
┃┗Nomal 日立はダメだった・・ /Toshi (12/10/29(Mon) 02:20) [680]
Nomal 水燃料 /Toshi (11/04/07(Thu) 05:52) [659]


親記事 / ▼[ 338 ] ▼[ 348 ] ▼[ 353 ] ▼[ 354 ] ▼[ 362 ] ▼[ 386 ] ▼[ 397 ] ▼[ 429 ] ▼[ 432 ] ▼[ 439 ] ▼[ 483 ] ▼[ 510 ] ▼[ 654 ] ▼[ 659 ]
[337]  IT・技術関連ネタ
□投稿者/ Toshi -(2009/04/30(Thu) 22:19:02)

    IT・技術関連ネタに関してのスレを開きます。
[ □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 337 ] / 返信無し
[338]  トップレベルドメインの自由化?
□投稿者/ Toshi -(2009/04/30(Thu) 22:41:41)

    MSNのニュースを見ていたら、ITMedia発のニュースで
    「トップレベルドメイン自由化、ICANNが承認」
    と大々的なニュースを流していました。
    記事内容も
    「例えば「.社名(.itmediaなど)」や「.人名(.billgatesなど)」のようなドメインを申請できる。」
    と言った感じで、ニュース記事からは「完全自由化」と言う印象を受ける記事でした。
    (例えば、ドメイン名の申請は多少の手間さえ掛ければ個人が誰でも出来ますが、それと同レベルで個人や企業が好きな様に申請出来る様に受け取れます。)

    しかし、SPAM防止の対策や法整備が極端に遅れている現時点での自由化は益々SPAM業者を増やし(※1)混乱を招くだけだと思い、「え?本当かよ!」と真相を調べて見ました。

    ICANNのホームページで公式発表を読んだ所、
    「トップレベルドメイン大幅拡大の利用を承認」
    でした。
    詳細は書かれていませんでしたが、現在日本の総務省が「.日本」や「.京都」などの地名ドメインの申請を検討している事や、ICANNで「.xxx」の申請が投票により却下された経緯などから、例えばIP割り振りを申請出来る様な団体か、または国別のインターネット管理団体(総務省やJPNIC)レベルなどが申請する際に、有る程度自由なトップレベルドメイン名を申請出来る様になった・・・と言うのが真相の様です。

    取り合えず一安心・・・

    全く、人騒がせな嘘ニュースを流しやがって頭に来ました。>ITMedia&MSN


    ※1
    現在のトップレベルドメインは、「.com、.net、.info、.org」などの用途別と「.jp、.ca、.cn」などの国別に限られています。
    例えば、SPAM業者が使用するドメインは日本国内に於いては「.cn、.com」等が多い為、これらのドメインのURLを含む掲示板書き込みを制限するなどのSPAM対策が講じられる事が多々有ります。(この掲示板でもそうです。私以外の方が.cnなどの文字を書くと規制対象になります。)

    誰も自由に申請出来る「完全自由化」になると言う事は、SPAM業者は「.deai、.iine」など適当で規則性の無いトップレベルドメインを持てる事を意味し、事実上SPAM防止フィルターが機能しなくなる事を意味します。
    もしもこんな事態になってしまったら、それこそ「最悪の事態」で、「インターネットの益々の廃退」を意味します。
[ 親 337 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 337 ] / 返信無し
[348]  メモリがreadになる事ができませんでした
□投稿者/ Toshi -(2009/05/05(Tue) 09:02:35)

    ちょっとWEBで調べ物をしている時に、偶然にも下記のページを見つけました。
    http://www.imou.to/~AoiMoe/column/index.html

    このページは記事に対してコメントを付ける機能が無かったので、止む得ずここに書きます。

    書かれている内容は面白く興味深いものなのですが、推測を断定で結んでいるのがちょっと・・・と思いました。
    「メモリを読む事が出来ませんでした」とする訳では、原文の"read"に引用符が付いている事を無視していると思います。

    私は、The memory could not be "read". の原文自体が「メモリがリードになる事が出来ませんでした。」そのまんまの意味だと思うのです。
    いや、もっと詳しく言えば「メモリがリード状態になる事が出来なかった」と言う事であり、「メモリが読めませんでした」とはニュアンスが違うと思うんですよね。

    メモリもかつては「ランダムアクセスメモリ」としてリードもライトも自由に出来る物でしたが、32bitCPU時代に入り、Windowsがメモリ保護を導入した時点から、メモリには「リードのみ許す」「リードもライトも許さない」など、プロセスに対して「セキュリティ」を管理する様になりました。
    ついては、メモリの「状態」として「リード可能状態」と「ライト可能状態」が出来た訳です。
    また、その「状態」は固定では無く、状況に応じてプロセスが状態を遷移させる事が出来る性格のものですし、更には特権レベルなどの絡みから遷移させようとしたけど出来なかった・・なんて事も有り得ますので、「読めません」とか「読み込み可能状態では有りません」では表現不足です。
    なので、もし"read"だけが英語のままなのが日本語訳として不完全に思えるのなら、「メモリが読み込み可能状態になる事が出来ませんでした」となり、更に日本語として最適化すると「メモリを読み込み可能状態にする事が出来ませんでした。」となります。

    なので、結論としては、翻訳者が上記の事柄を踏まえつつ、上手い日本語を思い付かなかっただけ・・・ってオチも可能性としては十分に有り得るかな・・と思いました。

    (とは言え、原文自体が、"read"なんて引用符で囲って表現を端折っているので仕方無い気もします。本来は原文自体が、The memory could not be read condition.
    と、引用符など使わず正確に表現すべきで、そうなっていれば翻訳者も迷わずに、「メモリが読み込み可能状態になる事が出来ませんでした」と訳せる事間違いなしです。
    なので、私個人が一番濃厚だと思う線は、"read"/"write"と言う、開発者向けの状態を意味する用語を使っている事からも、本来あのダイアログは一般ユーザに見られる可能性を意識したメッセージでは無く、開発者達のデバッグ用メッセージでしか無いと言う事です。当然、彼らは一般ユーザにあのメッセージを見せない自信が有ったものだから、翻訳もそのまんまにしました・・でも実際はバグボロボロで一般ユーザに見せまくくりで、既に見られちゃったもんは仕方無い、今更メッセージを変えても余計な混乱を招くだけだから、えーい、このまんまでシラをきっちゃえ!って感じなんじゃないかなぁ・・・と。)
[ 親 337 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 337 ] / 返信無し
[353]  フリービットの規制情報
□投稿者/ Toshi -(2009/05/08(Fri) 07:42:33)

    別スレからの移行記事

    □投稿者/ Toshi -(2007/08/26(Sun) 12:50:55)


    色々検索してもFreebit(フリービット)の帯域制限に関する規制情報は古い物しか出てこないので、ここでまとめます。
    (尚、表記として bpsはビットパーセコンド/ Cpsはキャラクターパーセコンド を表します。バイトパーセコンド=Cps です。)

    まず、2005年辺りから始まった規制は以下の通りです。

    プロトコルに関係なく単純に上下のトラフィックを監視。
    制御方法は、トラフィック大量利用者のランキングをリアルタイムに取って、上位に位置するIPに対し下り帯域を制限する物。
    上位何名までが対象になるのかは不明だが、恐らく3桁〜4桁レベルだと思われる。(トップ10とかそう言うレベルでは無いのは確か)
    ランキング対象は、上りと下りを別々に管理する為、結果的に下り方面に対する規制は緩いものとなる。(下りは絶対的利用量(利用者数)が多いのでランキング入りしにくい)
    が、これらの措置はほぼ平均化され、有る程度の目安を得る事が出来る。

    目安:
    下りで2000KCps/S を30分ほど続けるとランキングイン。
    下りで1000KCps/S を2〜3時間ほど続けるとランキングイン。
    上りで1000KCps/S を10分ほど続けるとランキングイン。
    上りで500KCps/S を30分ほど続けるとランキングイン。
    上りで200KCps/S を1〜2時間ほど続けるとランキングイン。

    ランキングインされると、下り帯域が数時間に渡り 100KCps/S に規制される。
    上りに対しては帯域規制は掛からない。

    とまぁ、上りを厳しく監視する割りに上りに規制を掛けないと言うへんてこな規制システムです。
    (まぁ、規制と言うよりも制裁と言う事なのでしょうね。何様のつもりですかね)

    さて、2007年8月から、これまでの規制システムに追加して、下記の規制システムが入った模様です。

    パケット監視型のトラフィック監視システム導入。
    これは、ポートに関係なく、全てのポート上に走るパケットを監視して、HTTPプロトコル以外のプロトコルだった場合、若しくはHTTPプロトコルに準拠しないフロー通信だった場合に規制を掛ける仕組みの様です。
    それは、動的な帯域制御で、主に下りに対して規制を掛けます。
    つまり、主にP2Pを狙い撃ちした監視システムと言う事です。
    P2P系のパケットを感知すると、回線が空いている時で 400〜600KCps/S 程度に規制を掛けます。
    そして、回線が混んでる時は、0bps/S 程度まで帯域を絞ります。
    動的(リアルタイム)に監視制御していますので、瞬間的に速度が上がったり下がったりを繰り返します。
    つまり平均すると、深夜〜明け方に掛けては比較的コンスタントに 400〜600Cps/S 程度は出るのですが、日中はコンスタントに 0〜15Cps/S 程度しか出ません。
    (先にも述べた通り、ポートを変更してもダメです。)
    また、頻繁に1Cps/S 以下に落とされる為、接続数によってはセッションを維持できなくて切断されまくり状態に陥ります。

    それにしても酷いもんです。
    もう、プロバイダやNTTは「インターネット使い放題」なんて宣伝をしてはいけません。
    ちゃんと「WEBだけし放題」とか「HTTPのみ使い放題」と言って下さい。

    その上でなら今後契約したユーザに対しては、契約違反にはならないでしょう。
    でも、過去に契約したユーザに対しては、明かに契約違反で莫大な損害をユーザにもたらしています。

    それにしても、こんな契約違反が商法違反として取り締まられないのは国の犯罪ですね。
    非常に理不尽極まりない事です。

    現在、8M/1MのADSLをもう1回線持ってますが、こちらの方が安定して光回線よりも速度が出ています。(既に、ADSLの方が高速回線と化しています)

    光の方はベーシックプランなのに・・・と考えるとはらわたが煮えくり返る思いです。

    尚、Freebit配下のISP一覧は
    http://isp.oshietekun.net/index.php?freebit%B7%CF%B5%AC%C0%A9%BE%F0%CA%F3%B0%EC%CD%F7#o35ce5c3
    で確認出来ます。

    尚、参考までにMXでの有る日のDL速度です。
    平均が2桁になると、0Cps/S に頻繁になる様になり、交換不能に陥ります。

    夕方〜 平均 1KCps/S (MXサーバにも殆ど繋げられず、繋がっても交換は不能)
    AM 1:00 平均 15KCps/S (ほぼ交換不能)
    AM 2:00 平均 40KCps/S
    AM 2:30 平均 80KCps/S
    AM 3:30 平均 200KCps/S
    AM 4:00 平均 300KCps/S
    AM 5:00 平均 360KCps/S
    AM 6:00 平均 450KCps/S
    AM 6:30 平均 850KCps/S
    AM 9:00 平均 500KCps/S
    AM 10:00 平均 300KCps/S
    AM 11:00 平均 150KCps/S
    PM 0:00 平均 50KCps/S
    PM 0:30 平均 15KCps/S (ほぼ交換不能)
    PM 1:00 平均 100KCps/S
    PM 1:30 平均 50KCps/S
    PM 3:00 平均 30KCps/S (だいぶきつい)
    PM 4:00 平均 50KCps/S
    PM 5:00 平均 1KCps/S (交換不能)
    以降 AM 1:00 までこの状態が続く

    尚、日によってだいぶ状況は変ります。
    明け方などでは、1800Cps/S 程度出る事も有りますし、逆にもっと低くなる場合も有ります。


[ 親 337 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 337 ] / 返信無し
[354]  インターネットの退化
□投稿者/ Toshi -(2009/05/08(Fri) 07:43:09)

     パソ通で1200bps時代からネットを始め、インターネットも草創期から参加しているのですが、今までネチケットやモラル、そして暗黙の了解とかネット風習など、まぁ、色々有りました。

     過去の常識が現在の非常識となるものも有れば、歴史は繰り返される・・的な問題提起→モラル確立も多数見受けられます。

     また、ネットに限らず言える事ですが、人間は浅はかですので、周りの人間が「常識」と掲げる物に対し、理屈抜きで「自分の常識」にしてしまう習慣が根強いと思っていまして、「人がよく悪い事だと言う事をする人間を見ると不快に感じる」と言う部分から、その意味合いを深く考えもせずに「それはエチケット違反だ!」と凶弾する事も多く有ると感じます。

     そんな中で、比較的早い時期に確立し、現在まで引き継がれているネチケットに、「質問をする前に自分で検索して調べる」と言うものが有ります。
     これなんかも、中には意味合いを深く考えもせずに、周りの人間が「常識」としているからと言う安易な発想で、質問する人に「質問する前に自分で検索しろ」と説教する人も結構見受けられます。

     ただ、言っている事自体は正論なので結果オーライなのですが。・・・
     いや、今までは正論だったと私は思っています。
     現に、過去、似たような説教は幾度となくしてきましたし。

     しかし、この様なモラルが根付くには、それなりの背景、理由がもちろん有った訳です。
     質問に答える人は基本無料奉仕ですので、人の善意を期待して質問するならば、やはり最低限のエチケットとして、どこまで自分で調べ、どこまで理解しているかを提示し、質問を極力具体化して回答者が迅速且つ手間が掛からない様にする事が印象的にも効率的にも良いからです。
     そして、何よりもインターネットでは「検索エンジンの存在」と「大抵の情報はどこかしらで提供されている」と言う前提が有る事から、「まずは自分で本を買って調べろ」よりも遥かに説得力の有る「検索エンジンで調べろ」と言うモラルが出てきた訳です。

     当然ながら、私の様に「回答する側」「説教する側」の人間にして見れば、検索エンジンで調べたり、検索エンジンを有効活用するのは「空気を吸うみたいなもん」で当たり前にやっている事ですし、インターネットにアクセスすれば最低でも1時間に1回は検索エンジンを使っています。

     そんな私だから言えるのですが、もう、「検索エンジンで調べるのが普通だろ」とは言えない時代にそろそろなって来たかな・・と思うのです。

     それは一重に2ch型掲示板、「教えてgoo」などの大手ナレッジ、そして特に「ブログ」の発展が元凶となっています。

     過去、検索結果に現れる2ch型掲示板の意味無い発言も少々邪魔臭い感はありましたが、絶対量が少ない為に我慢は出来ていました。
     しかし、大手ナレッジの出現では「似たような質問は控える」と言うナレッジの原則が守られておらず、更にあっちこっちの大手がデータを共有している為、検索性能が著しく低下しました。
     そして過去、HTMLや検索性能などの見識の有る人が多数を占めていたコンテンツ提供者も「ブログ」の普及により「素人のコンテンツ提供者」が圧倒的に多くなり、更にはアフィリエイト業者が拡販ツールとしてブログを推進している為、検索キーワードだけを含めて内容が全く無いブログページが星の数ほど増え、しかもブログの場合、トラックバックなどで一言内容を紹介するリンクが強化されている為、関連リンク(も宣伝目的のゴミページ)を含むだけで検索がヒットしてしまい、もう検索性能は「ぐちゃぐちゃ」状態になって来ました。

     もう、検索慣れしている私でさえ、検索するのは嫌になって来ます。

     やはり、素人に対して敷居を低くする技術は文化の衰退に繋がりますね。
     せめて、迷惑業者の排除や宣伝目的ページの規制など倫理的なインフラが構築されてからで無いとダメだったのでは無いかと思います。

     しかし、時既に遅し・・・で検索エンジンが使い物にならなくなって来ていますし、勘に頼ってWEBサーフするには余りにゴミなコンテンツがネット上に増えすぎました。

     少なくとも、もう初心者に「ネットで検索してから質問しろ」とは言えない状況になって来たと感じます。

[ 親 337 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 337 ] / ▼[ 517 ] ▼[ 525 ]
[362]  IE8の安定性
□投稿者/ Toshi -(2009/05/14(Thu) 04:07:27)

    私はまだIE8を試していませんが、正式版がダウンロード可能になって少し経ちましたので、そろそろ使ってる人も多くなって来たと思います。

    私は普段IE6を使用し、タブブラウズしたい時やスクリプトがうざいサイトではFireFoxを使っています。(以降も含め、IE7は論外と言う事で・・)

    基本、メディアの報道は「宣伝プロパガンダ」が多分に有る事を知っていますので素直に受け入れる事はしないのですが、「速度性能の劇的な向上」とか「安定性の向上」、そして「W3C準拠とこれまでのIEとの互換モード」などの話を聞くと、興味をそそられるのも確かです。

    しかし、一番の不安は「安定性はどうなの?」です。
    まず、速度性能の向上は余り期待していません。
    レンダリングが速くなった所でプロセス的な制御方法が変わらなければ、結局ダメだと思うからです。
    普段IEやFireFoxを使っていて一番気に入らないのは、ページが全て表示されるまで反応しなくなる点です。
    昨今、膨大なサイズのドキュメント量を持つページがブログの台等に代表される様に増えて来ています。
    これらのサイトを開いてから閲覧できる様になるまでかなりの時間を要し、非常にストレスを感じています。
    これらは「レンダリング」の問題では無くて「処理の仕方」の問題なので、スレッディング処理を適切に行えば回避出来ると思っています。
    それが改善されているとは思えないので、大きな期待は出来ません。
    強いて言えば、レンダリングの向上とスクリプトエンジンの改良で、「小規模なページでスクリプトの多用により重かったページ」に限って言えば「高速」になるのかも知れないな・・・程度です。
    しかし、スクリプトの多用をしているページでは、そのスクリプトのロードにサーバの反応の悪さが有りますので、そこで引っかかってしまえば、結局「ページが表示し終えるまで操作不可能」で有る限り、今までと表示速度は対して変わらない気もします。

    なので、やはり一番期待したい所は「安定性」です。
    そろそろ使い始めて使用感をブログなどで書く人も現れ始めたかな・・・と言う所で色々な反応を調べて見ました。

    やはり、「ダメ」っぽいですね。

    「ログインページで最初の1文字がオート連打モードになってしまった」
    とか
    「ハングが頻発する」
    とか
    「速度性能もIE7に比べりゃ、そりゃ速いさ。でもFireFoxとかと比べると速いとは思えない。特にタブを開く際の重さは酷い」
    などなど。

    また、アクセラレータとか言う機能も、結局MSNのスクリプトをアドイン実装した様な物でしょう?
    あれ、個人的に「うざい」ので嫌いなんですよね。
    (基本、私は初心者が便利だと思う機能はうざいと感じてしまうタイプです)
    それに、これまでのIEに代々伝わる最悪の仕様が改善されていれば、多少は「使えるシーンも有るのかな・・・」と思えたかも知れませんが、それも改善されていない様です。それは・・・文字列を選択する際の「大きなお世話機能」なのか「バグ」なのかはっきりしない、選択した文字以外の文字まで選択状態にしてしまう、アレです。
    アレには毎回「むっかぁああ」とさせられているので、そーゆー基本的なところからまずは改善しろよ!と言いたい所です。

    取り合えず、使用ストレスがIE6以上になる様では困るので少なくとも安定性が確認される様になるまでは、やはりIE8は使わない方が良さ気ですね。
[ 親 337 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 362 ] / ▼[ 519 ]
[517]  Re[2]: IE8の安定性
□投稿者/ Toshi -(2009/10/12(Mon) 13:12:27)

    その後、Windows UpdateがIE8への更新を無効にしてもしつこくIE8に更新しろと言ってくるので、まぁ、公開からそこそこ期間も経ったしいっか・・と更新しました。

    まぁ、確かにIE6に比べて表示が速くなった感はあります。
    しかしと言うか、やはりと言うか、不満な点が出てくる出てくる・・・と後悔しても後の祭りでは有りますが。

    一応、まだIE8を導入していない人の為に不満な点を列挙しておきます。
    (IE6と比べて・・・と言う観点で)

    先にメリットから書くと
    ・既述の通り、IE6よりもトータル的に表示が軽くなった。
    ・前提として私はいつもIEとFireFoxを併用しています。そしてデフォルトで多くのページを開いたままにしています。FireFoxで複数ページのタブを開いた状態で使ってる時間が長くなるとCPU稼働率がどんどん上がっていく欠点が有りますが、IE8はそんな事も無くタブが使えるので、幾つかのページはIE8で開く様にしてFireFoxで開くページ数を減らす事が出来ました。(FireFoxはアニメGIFやスクリプトの多いページを閉じるとCPU稼働率上昇を抑える事が出来る為)

    デメリット
    ・あるページからリンクをクリックして別タブで開いた時、状況によって重い時が有る。
    ・ツールバーの配置が思う様に移動出来ない。これまでのWindowsスタイルを踏襲していない配置がデフォルトなので気持ち悪い。ファイルメニューを最上段にしたいのだが・・・

    重度の障害と言っても良い程のデメリット
    ・3プロセスでトータル15ほどのタブを開いた状態で、WindowsUpdateの催促が掛かっている状態(条件は厳密に検証していません)の時に、新たなタブを開いた契機で、全プロセスのIE8ページ上で右クリックが一切出来なくなる。リソース不足に陥ってるっぽいので、IE8のプロセスを一つ閉じてみたが現象変わらず、その後FireFox上で右クリしてコンテキストメニューを一度表示させ、更に再度3プロセス目のIE8を開いたら直った。でもその後、3プロセス目で幾つかタブを持たせるとすぐに現象再発。
    回復条件はFireFox上の右クリと決まってる訳では無く、ともかく現象が頻発する度に3プロセス目を閉じて、他のアプリを色々いじってメモリのスワップに流動性を持たせてやると治る事が多かった気がします。でもいい加減面倒なのでWindowsUpdateを適用して再起動しました。今の所3プロセス目で前より多くのタブを開いてますが現象は出ていません。

    ・お気に入りの登録が滅茶苦茶面倒
    私はお気に入りに膨大な数のサイトを登録しています。そしてそれらは深いツリー状のフォルダーに整理されて登録されています。IE6までは、お気に入り登録時にカレントフォルダー以外は全て閉じられた状態でフォルダー一覧が表示されていたし、それが普通だとも思っていましたが、IE8にしたら、全部のフォルダーが開かれた状態で表示されやがり、しかも表示上のフォルダをクリックして閉じる事も出来なくなっていやがります。もはやこれは、「なんの嫌がらせですか?」って世界で一番腹が立ってます。もちろんながら、オプション設定でも対処不可です。
    ツールバーにもお気に入りボタンが有って、こっちではフォルダーが閉じたり開いたり出来るツールウィンドウが表示出来ますか、こっちでは「フォルダの整理」しか出来やがりません。このウィンドウで「お気に入りへ登録」ボタンを押すと、ファイルメニューからやった時と同じ「全部開かれたフォルダー一覧」が出てきます。はっきり言って、このお気に入りのツールウィンドウ、いらないじゃん?状態です。せいぜい、エクスプローラ感覚でお気に入りを左側に表示させながら好きなお気に入りページへ移動出来るって程度?

    まだ使い始めて2〜3日なので、まだまだこれから障害が出てくると思われますが、その時には随時追記して行きます。また、上記のデメリットはもしかするとサポートに問い合わせるかも知れません。もし何か解決方法が分ったらそれも追記します。


    なお余談ながら、スクリプトで「右クリ禁止」されているページは相変わらずIE8は素直なので、FireFoxは未だ手放せません。
[ 親 337 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 517 ] / 返信無し
[519]  IE8のメモリリーク
□投稿者/ Toshi -(2009/10/15(Thu) 06:17:54)

    その後、右クリックが出来なくなる現象が頻発に再現され、徐々に原因が絞れて来ました。

    現象としては、IE8を全て終了させ、再起動するとしばらくは現象が発生せず、例えばニュースサイトなどで「一つの記事リンクを右クリックで新しいタブで開くを指定し、新たなタブで記事を読んだらタブを閉じて、次の記事リンクに移りその動作を繰り返す」などでタブを開いたり閉じたりしていると現象が再現され、そのままファイルメニューを表示したりしているとフィルメニューも段階的に表示がされなくなっていき、この段階で新しいタブを開いたりするとIE8の画面構成自体が壊れて行き、最後には、デスクトップ上で右クリックや、デスクトップショートカットアイコンからのアプリの起動なども一切出来なくなって行きます。

    以上の現象により、メモリリークが発生しているのは確実で、更にプロセスメモリエリア以外のメモリ領域まで破壊しに行っている事が見て取れます。

    もはや、致命的なバグと言えます。

    フリーウェア以下の品質で非常に腹が立つと同時に、やっぱりマイクロソフトか・・と言う諦めも感じます。

    常識ハズレの酷さに耐えかねて、サポートセンターに電話しました。
    その結果です。

    ・ツールバーの移動でファイルメニューが2段目に有るが、一番上に移動させたい。→仕様でサポートしていません。

    ・お気に入りの追加でフォルダーが全部開いた状態なのは嫌がらせだろ。→仕様です。

    ・右クリックが出来ないなど、リソース不足と似た様な現象が発生する。→技術的な事は分りません。リソース不足になったらOSを再起動するしか有りません。

    とまぁ、予想通りと言うか役立たずと言うか、そんな回答しか得られませんでした。

    サポートでは、共有リソースエリアはWin95系特有のアーキテクトだと言う事さえも知らない様子で、OSを再起動なんかさせなくてもIE8を再起動させれば問題無い事さえも思い至らない、てんでお話にならないレベルでした。

    Win2Kのサポートセンターはかなりレベルが高かったし、問題解決まで真摯に対応してくれた様に記憶していますが、XP以降はてんでダメですね。

    なんでも、障害報告専用の電話番号も紹介され、そっちに電話した方が良いとのアドバイスも貰いましたが、こっちはフリーダイヤルでは無いので電話代が掛かりますし、しかも「報告専用」で有ってサポートは一切しないとの話なので電話代を掛けてまで電話をする価値が有るのかどうか非常に疑問です。

    尚余談ですがメモリについて補足すると、そもそもWindowsと言うOSそのもののメモリ管理がずさんなのは上級開発者なら誰でも知っている事ですが、その他の方向けに簡単に説明します。
    まず、ユーザーメモリと言うメモリエリアが有ります。各アプリケーションはこのエリアから必要なメモリを確保します。
    メモリ確保には二通り有って、アプリケーションが動作している間、恒久的に確保するメモリと、必要に応じて確保したり解放したりする一時的な確保メモリが有ります。
    一時的に必要なメモリを確保して、本来は解放しないといけないのに、解放し忘れて次のサイクルで再度メモリを確保してしまうバグをメモリリークと呼びます。
    この他に、WindowsOSの仕様としてユーザーメモリ領域を圧迫する、メモリリークに似た症状が発生する事が多く有ります。それは、アプリケーションが一時メモリを確保し、解放した場合、論理的には解放されるのですが、OSのメモリ管理的に、物理的に解放しないんです。
    なぜかと言うと、その解放されたメモリエリアは、再度そのアプリケーションによって再確保される可能性が高いから、確保レディな状態にすると言う設計思想からだと思われます。
    しかし、ダサい事に、そのアプリケーションがメモリを再確保しに行くと、その確保レディなメモリを「必ず割り当てる」保障が無いんです。
    なので、アプリケーションを使っていると、ユーザメモリをどんどん圧迫して行く現象が発生しやすく、しかしながらページファイルの移動などが起きるとある程度の確保レディで実質ゴミエリアが掃除される事も有る・・と言う感じです。
    この様なダサいメモリ管理をWindowsは持っている為、ことさらメモリリークアプリとの相性は最悪なのです。
    アプリのメモリリークでユーザメモリを圧迫し、OSも更に火に油を注ぐ動作をする訳です。
    このどうしようも無いOSのメモリ管理仕様は以前から一部の開発者から指摘されていますが、所詮、高度な知識を持つ人だけが指摘出来る事柄であり、マイクロソフトとしては「少数意見」としてしか見られず、いつまで経っても改善されないある種の癌です。
    さて、このOSが作った「ゴミエリア」は、そのアプリケーションが終了された時点で大抵の場合はメモリ最適化が行われて、やっと本当に解放されます。
    しかし、メモリ使用量が極端に少ないアプリでは、アプリを終了してもメモリ最適化が起きないかも知れません。メモリ最適化はどの様な条件・契機で行われるのか詳細は不明です。
    よって、一般的なプログラミングでは、一時的に必要なメモリを動的に確保し、解放する使い方を推奨するのが常ですが、少なくともWindows上で開発するならば必要なメモリは静的に全て確保し、その中でやりくりする作り方の方が安定し、他のアプリに迷惑を掛けず、更にメモリリークと言うバグを発生させないと言うメリットをもたらしますので、開発者はその辺をしっかり認識すべき問題と言えます。

[ 親 337 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 362 ] / 返信無し
[525]  マイクロソフトのバカヤロウ!
□投稿者/ Toshi -(2009/10/20(Tue) 22:27:12)

    Windows Vistaや7のダメOSは使いたくないので未だWindowsXPを使ってる訳ですが、ムカつく事にWindowsXPの無償サポートは終わっています。

    でもね、WindowsUpdateでパッチは毎月ごっちゃり出る訳ですよ。
    でもって、そのパッチによってマイクロソフトお得意の「デグレ」が起きる訳ですよ。
    そう、今までなにも問題無く使えていた部分が、WindowsUpdateをやったばっかしに、急に問題が発生してしまうと言う「バカヤロウ」な展開です。

    と言うのは、私の使っているルーターがしょっちゅう暴走するんですよ。
    なので、しょっちゅうルーターリセット(PLANEXのルータもダサいんで、暴走する割にリセットボタンや電源ボタンが無いので、電源プラグの抜き差しでリセットなのですが)をする必要が有るんですよ。
    でもそれはルーターの問題であって、Windows側は「少なくとも先月まで」は特に問題なく動いていた訳ですが、先月と今月のWindowsUpdateパッチを当てたタイミングだと思います。
    急にルーターリセットをすると5分〜10分ほど「デスクトップの操作が不能になる」と言う不具合が発生してしまいました。

    昨日、今日はルーターの暴走が頻発してるので、その度にルーターリセットしてるのですが、その度にデスクトップが長い間操作不能になってしまい、非常に困っています。
    先月までは絶対に無かった現象であり、またWindowsUpdate以外にインストールしたソフトも無い事から、確実に先月か今月の「MS月例パッチ」が原因なのは明らかなんです。

    一部のプロセスは突っかかりながらも動作していて、でもUI操作をするとしばらくフリーズしてしまい、更にデスクトップ系の操作は一切出来ず、タスクバーとかをクリックすると同じくフリーズ状態になってしまうなどの現象から察するに、エクスプローラと何かしら(パッチで機能追加された余計なお世話機能)のネットデテクトが連動して悪さをしている様に見えます。

    先月、今月にマイクロソフトが作り出した障害なのに、サポートはとっくに終わってて「俺しらね」って余りに酷くないですかね?

    誰かマイクロソフトに爆弾でも仕掛けてくれないかな、ほんとに。
    ってか、誰かビルゲイツ呼んできてくれ、説教してやる。
    経営陣総入れ替えで現経営陣は全員クビだ!

    とか出来たらいいなぁ・・と思う程に頭に来て「バカヤロウ」状態です。

[ 親 337 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 337 ] / ▼[ 549 ]
[386]  最低YahooJapan!
□投稿者/ Toshi -(2009/05/31(Sun) 20:38:38)

    昔から問題の多いYahoo-Japanです。
    Yahoo-BBではずさんな顧客管理とユーザ対応で大ヒンシュクを買い、その後も顧客の個人情報を流出させるなどセキュリティの甘さも問題になっていました。
    ここ数年はそんなYahoo-Japanの問題も耳にしなかったので余り気にしていませんでしたが、そんな私の認識が甘かった様です。

    先日仕事探しをしている時に、たまたま見つけた案件サイトが登録制になっていました。
    登録を進めると、そこはYahoo-Japan配下のサイトだと分り、Yahoo系のID登録画面が出てきました。
    登録を進める際に、うっかり普段仕事で使っているメールアドレスを登録してしまったんです。
    結局、携帯電話が止まっている為、携帯番号の登録が出来なくて、仮IDの発行しかして貰えず、そのまま1日で自動登録停止になってしまい、結局個人情報を登録した手間は全くの無駄になってしまいました。

    それからです。
    スパムに捕まらない様に今まで注意深く使っていたメールアドレスだったのですが、外国からスパムの嵐が始まりました。
    やむを得ずフィルターで外国語フォントコードをはじいたり、特定ツールで作成されたHTML形式メールをはじくなどで対応したのですが、ムカ付く事に、しばらく経つと別のフォントコードで大量のスパム攻撃がはじまりやがります。
    とうとう、残るはUTF-8のみになってしまいました。
    これは日本語でも使われるコード体系なのでフィルターをかける訳にもいかず、とうとうここで愚痴をぶちまける事態と相成りました。

    皆さん、Yahooは相変わらず危険ですので気をつけましょう。
[ 親 337 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 386 ] / 返信無し
[549]  R25ってサイト、なにこれ?
□投稿者/ Toshi -(2010/05/15(Sat) 23:49:18)

    他の記事でも書いてる通り、常日頃の不便性からWEB2.0関連の技術に嫌悪感を持ってるので、私は未だブログもツイッターもやってません。
    やっていないから利用者達が持っているだろう詳しい知識は持っていないので、「そもそもブログが有るのにツイッターの存在意義とかって有るの?違いは何?」と不思議に思ってWEBサーフしながら調べてたら、Yahooの運営すると思われるR25ってサイトに流れ着きました。

    そのサイトは一見ニュースサイトの様な感じで、何か記事が書いてあって、それに対してコメントを投稿出来る形式でした。
    じゃぁ、皆さんが投稿したであろうコメントを見てみようかとリンクを探したのですが、無い・・・
    普通、分りやすい所に有ると思うので、案外見落とし勝ちな目立つところか?とか、それともページの端っこに小さく分りにくい場所に有るとか?とかともかく散々探したのですが、無い・・・俺の時間を返せ状態です。
    どうやらここは投稿は出来るけど、その投稿を閲覧出来ないサイトの様で・・・
    意味無ーじゃんね。馬鹿じゃねーの。
    でもって、「少しは使い方に慣れれば何かしら手段が有るのかも知れない。それともYahooのアカウントでログインしないと見れないとか?」とか思ってログインしてみたんですが、変わらずでした。
    でもって、「記事のクリップ」とか有るからやってみるか・・とやってみたら、今度はライブドアのログイン画面が出てきやがりました。
    何このサイト?
    しかも投稿エリアの注意書きにはリクルート社が云々書いて有るし・・・
    運営もサイトデザインもパラノイアな感じのサイトで、使い勝手が悪い云々以前に、余りにでたらめなサイトだと感じました。

    大手がこーゆーでたらめなサイトを運営すると、それを真似するアマチュアが出現する懸念が有るので、やめて欲しいですね、ほんと。


    ps.
    余談ですが、調べてみても、やっぱりツイッターとか存在意義がいまいち納得出来ませんでした。私の場合はこの「昔ながらの掲示板」をブログの様に使っているので、使う側として考えても、ブログでさえ存在意義を余り強く感じていないのに、ツイッターなんぞそれこそ2chとなんの違いが有るの?状態で・・・(機能的にね)
    掲示板の運用しだいでどれも代用可能な気がします。

[ 親 337 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 337 ] / 返信無し
[397]  ソニーのバイオ電池
□投稿者/ Toshi -(2009/06/06(Sat) 18:40:36)

    ソニーが開発中のバイオ電池のニュースを見ました。
    なんでも、炭水化物などのブドウ糖を電気分解する事によって電気を発生させる仕組みだとか。
    紹介記事ではコカ・コーラを電池に注ぎホビー用プロペラを回す様子が紹介されていました。
    また、開発担当者の弁では、ブドウ糖さえ含まれていれば生ゴミや事故米、そして直接植物からの電気の生成も可能との事。
    (ブドウ糖は本来、植物の光合成によって生成される為)

    生ゴミでエネルギーを得るなんて、ちょっとバック・トゥ・ザ・フューチャーな世界ですね。

    また、環境問題なども考えると一つの未来像としてエネルギー生成プラント用の森林区域があっちこっちに出来る未来なんてのも良いかも知れません。
    原子力発電所を無くすまでは無理でしょうけど、電気の生成コストを下げて電気料金を安くする事ぐらいは可能かも知れませんね。

    また、ソニーとしてはハイブリッド自動車や電気自動車の電池燃料としての応用を考えている様です。
    ソニー曰く、他の燃料に比べ爆発などの危険性が全く無いエネルギー源になる事を期待しているとか。

    ただ、電気分解時に使う酵素を「企業秘密」としており、オープン技術では無いので、この姿勢を貫く限りエネルギー生成コストはライセンス料で跳ね上がり、スタンダード化は難しいかも知れません。
    個人的にはオープン技術化して人類に貢献する姿勢を見せれば企業価値は高くなると思うのですが・・・
    若しくは気持ち程度のライセンス料にして、それこそ個人でも気軽に使えるレベルにするとか。
    そうすれば世界標準も狙える技術に成り得るとも思えます。

    そう言えば、昔から水をエネルギーとして電気を発生させる技術の研究とかも行われていましたが、あれはどうなったんでしょうね?

    また、個人的にはCO2を有効利用出来ないものかとも思います。
    炭素と酸素に分解してエネルギーが得られれば一石二鳥で最大の課題をクリア出来るんですがねぇ・・・
[ 親 337 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 337 ] / 返信無し
[429]  精神コントロール機器
□投稿者/ Toshi -(2009/06/30(Tue) 13:09:45)

    トヨタが脳波コントロールによる車椅子を開発したとの事。
    動作は3動作ほどで、強く念じる事により動作を切り替えるとの事。
    将来的には感情的なコントロールなど脳波パターンを増やす研究をするそうで。

    いやぁ〜、ガンダムのファンネルな世界ですねぇ〜(笑)
    前からこの研究が行われている事は知っていたのですが、実現したら様々な分野に浸透するんだろうなぁ・・なんて思っていました。
    そして今、実現した訳で、今後はどの様な分野に応用されるのか注視して行きたいと思います。
    (まぁ、まずはPC関連、そして幾らかの時間を経て自動車や軍事ですかね・・)

    ただ、この技術は裏を返せば人の思考を盗み見る装置にも発展しかねないので倫理の確立は今後必要不可欠になりそうです。


    ps.
    既に脳波コントロールによるPC用マウスは発売されている様ですね・・
    欲しいかも。
[ 親 337 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 337 ] / 返信無し
[432]  最近のロボット事情
□投稿者/ Toshi -(2009/07/02(Thu) 21:57:03)

    バンダイからおもちゃで「Myドラえもん」が発売されました。
    ポケットサイズのドラえもんですが、内部にはニューロラルネットワーク型会話エンジンが積まれた本格派の様です。
    音声認識は持っていないらしいですが、ユーザの返事の長さや日付、気温、時間などを総合的に判断して会話を成立させる仕組みの様です。

    一方、海外では日本のダッチワイフをベースに改造したロボット開発が盛んの様子で、タッチセンサーや音声認識などを組み込んだAI型会話エンジンを搭載してる模様。
    身体の動きは上半身のみとか言うレベルですが、会話内容がかなり情報データーベースとしても役に立つレベルの知識を有していて非常に興味深い物が有ります。

    後、20年も経てば、だいぶ映画などに登場するレベルに近づいたロボットが開発されているのでは無いかと思えます。
[ 親 337 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 337 ] / 返信無し
[439]  MS-Officeが無料化?
□投稿者/ Toshi -(2009/07/14(Tue) 17:36:26)

    忘れそうなので本人の覚え書きの意味も含めてですが。

    googleに対抗してマイクロソフトもオフィスの無料化を計画してるそうです。
    対象は「Office2010」で来年前半から提供開始予定とのこと。
[ 親 337 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 337 ] / ▼[ 484 ]
[483]  神経的な疑問
□投稿者/ Toshi -(2009/08/30(Sun) 10:25:09)

    ちょっとスレ違いな話なのですが、科学的な話の一環として書きます。

    最近私は一つの疑問を持っています。
    それは、脳と神経の関連性についてです。

    一般的には「自分の意志で行うすべての運動・動作・行動は、すべて脳の指令による骨格筋の収縮、すなわち随意筋収縮(Voluntary Contraction)によるものです」と言われています。(http://idaten.c.u-tokyo.ac.jp/sympo/9/sympo_9.html 第9回身体運動科学シンポジウムからの抜粋)

    今まで私もそう信じていました。

    一方、子供の頃からトカゲの尻尾などを切ると尻尾だけが激しく動く事を経験的に知っています。

    また、中には「脳が無い生物」が自発的に動く事も知っています。

    でも単純に、原始的な生物と人間との違いだろう・・程度の認識しか持っておらず、特に今まで疑問に思いませんでした。

    しかし先日、鶏の屠殺の様子を映した動画を見たのです。
    外国の一見、一般家庭の様に見える場所で、飼っていた鶏を庭でそのまま屠殺していました。一般の屠殺は喉元に包丁を入れて殺す様ですが、その動画に映っていた屠殺は首を完全にちょん切っていました。
    首が切断された後、なんと鶏の胴体は庭を駆け回り、時には羽をはばたかせながら必死に逃げようとしているんです。それもかなり長い時間で、しかも断末魔が聞こえて来そうな苦しみを感じるとても激しい動きでも有りました。

    もう、トカゲの尻尾が動いてるのとは次元が違う物を強く感じました。

    もしかすると哺乳類と鳥類の神経システムの違いかも知れませんし、人間と他の動物との神経システムの違いが有るのかも知れませんが、やはりこれを見て「本当に人間も脳の指令だけで手足を動かしているのだろうか・・」と言う疑問が生まれました。

    少々残虐な話になりますが、やはり動画で生きた人間の首を切断する光景を見た事が有ります。その時、確かに人間の場合、首を切断した後に身体が勝手に動くなんて事は有りませんでしたので、人間と鶏では違うのかも知れません。

    ならば、仮にその前提で考えたとしても、「では鶏の身体の運動を指令しているのはどこ?」と言う疑問は解決されません。

    私の時代は、人間の運動について「脳が全て」と教えられた記憶が有りますが、WEBを見る限り、少なくとも現代では「反射運動は脊髄から指令が出る」との認識が有る様です。
    しかし、これはこれで上記の「人間と鶏での事後の違い」に矛盾が生じます。
    また、仮にこれを納得したとしても、「では脊椎動物では無い生物は?」と言う疑問がさらに生まれてきます。

    なんとかこれをWEBで調べてみたいのですが、良い検索ワードも思いつかず中々分りません。

    ぅーん・・分りそうで分らない疑問と言うのは本当にむしゃくしゃしますね。
[ 親 337 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 483 ] / 返信無し
[484]  ギロチン後の意識
□投稿者/ Toshi -(2009/08/30(Sun) 22:22:21)

    余談ですが、前述「神経的な疑問」をWEBで調べようとぐぐると、目的のページは全くヒットしないのですが、人間の首を切断した場合に意識が残っているのかどうかについての議論が多数ヒットします。

    古いものは2001年頃の過去ログから最近の議論まで長きに渡って繰り返されてきたその議論は、結局不毛な言い合いに終始して結論は出ていない様です。

    結局死人にくちなしで、誰も切断後の状態を証言出来ない訳ですから全ての説は「憶測」の域を超えられず、明確な根拠の無いトピックであれこれ議論してるだけ・・と言う訳で不毛なのです。

    しかし、現状分っている医学知識や経験を元に、明らかにおかしいだろうと言う説は沢山有りました。まずは、その辺の否定をきっちりして見たいと思います。

    ・首を切断した後に喋った例がある

    = 有り得ません。喋るには声帯と横隔膜運動による呼吸が必要なので、声帯が破壊されていると思われ、更に呼吸を享受出来ない頭部だけでは喋る事は不可能です。

    ・ギロチン執行後に十数秒瞬きをしたとの話がテレビで放映されていた→反論:ギロチンの一般公開が歴史上消え去った時期とTV放映開始時期を考えれば放映される事は不可能だからデマだ

    =指摘の論点が変です。TVの放映では、その様なエピソードの説明が放映されていたと受け取るのが自然で、誰もその様子が映像で放送されたとは言ってません。

    ・人間は死ぬ直前にスローモーションになるから、首切断後から脳死に至るまでかなり長い時間を感じるのでは無いか。またこれは脳を一瞬で破壊したとしても同じ事が言えて、スローモーションで脳が破壊される事を感じるに違いない

    =前者は否定し切れませんが、後者は有り得ません。また前者もまず有り得ないと思えます。スローモーションに感じる=アドレナリン分泌による脳のフル回転ですので、アドレナリンが十分に分泌されるだけの視覚的危険性の感知とその回避の欲求が必要になると思われます。前者は条件を満たす可能性が有りますが、フル回転によって脳の糖質は急激に消費されますので、意識を保てる時間がその分短くなり、結果的に意識を保ててると感じる時間はスローモーションに感じようが感じまいが似たり寄ったりでは無いかと思えます。
    後者は条件を満たせるかどうか疑問ですし、仮に満たしたとしてもそれは脳を砕く物体が自分の頭部に近づいてくる恐怖に対してスローモーションに感じるだけで、脳が破壊され始めたら瞬間的にショック死すると思われます。
    また、私は過去に事故に遭い、後頭部を強く打って失神・軽度の記憶障害を経験しています。
    倒れる瞬間はスローモーションだった気がしますが、頭を打った瞬間から電源を切ったPCの如く意識がなくなりました。死ぬ際の意識の消失は眠る際の意識の消失に近い・・と言う話が有りますが、的を射ています。

    ・首を切断された後に瞬きするのは神経反射でしか無い

    =証言が取れないので「推測」でしか有りません。

    ・首を切断された後に、意識が残っている限り瞬きをする実験では何回かの瞬きを観察できたから意識はしばらく残っている

    =この説はばらつきが有って、「2回の瞬きが観察出来た」〜「20回の瞬きが観察出来た」まで人によって言う事が異なります。
    ただ、この説で有力なエピソードは、「呼びかけたら3回の瞬きをしてくれ」と言う同意の元、呼びかけた後に2回の瞬きを観察出来た・・と言う事なので、これが本当ならしばらく意識が有ると言う説は有力です。
    しかし、疫学的根拠としては実験例が少なすぎるので、同様の実験を複数例サンプリングしないと、偶然タイミングの合った神経反射説によるものである可能性も強く、このエピソードだけで「意識が残ってる」と断言するのは根拠が薄すぎます。

    ・脳内に残っている血中酸素によってしばらくは脳活動が可能だ→反論:すぐに出血して血液が無くなり、更に血圧が急激に変わる事により意識はすぐに失われる

    =この反論も少し弱いですね。まず出血により血液が失われると言うのは言い過ぎでしょう。血流は止まっているので切断後の頭部の向きにもよりますが、大して出血はされないです。そして、血圧が急激に変わる事により意識はすぐに失われるとの事ですが、それだと「心停止」でも同じ事が言えると思います。しかし、心停止に限って話をすれば、これは生還する人が普遍的にいる為、患者の証言が多く取れ、更に脳波で観測もされていると思いますので、ほぼ確実な話として「10秒前後は意識を保ってる」と言えます。(更に脳機能の停止にはもっと沢山の時間を要します。)ですので血圧がゼロになり血流が止まっても脳内に残留する糖分と酸素で少しの間は脳活動が可能だと言う事になります。

    以上の話を統合すると、結論は得られないトピックでは有りますが、論理的に可能な限り真実に近いだろう推測をすると、「ギロチンで頭部が切断されても数秒は意識が有る場合が有り得る」だと思います。
    大抵の場合、物理的に数秒間意識を保てる状況だったとしてもショックで失神に至るケースが多いと思えますので、ショックに対する耐性や、またはその時の脳内ホルモンの分泌状況などによって結果はバラバラになると思えます。
    意識が残っている間、苦痛を感じるか否かにに至っては解明不可能だと思えます。
    (現代の医学装置を使って人体実験が行えるなら解明は出来るでしょうけど)
    また、意識が残っている事と、瞬きが意識的に出来るかどうかは別の議論です。
    この点についても結論を得るのは難しいでしょう。


    尚余談の余談ですが、ロシアでチェーンソーによって首が切断された男性を早急の手術により生還させたとのエピソードについて、真偽の言い争いが有りました。
    直感的には「デマだ」と言う意見にうなずけますが、デマだと主張する人の根拠は「血流の停止による脳死」でした。であるならば、海でおぼれて心停止・呼吸停止してる人は決して生還出来ない事になってしまいますが、数十分の血流停止ならば生還出来る事例が多数有る以上、説得力は有りません。
    なので、この話は「神経節と血管の接合が如何に迅速に行われるか」と言う問題をクリアし、更に心停止・呼吸停止の蘇生が成功すれば不可能では無いとも思えます。よって、真偽は「分らない」が正解かなと。
[ 親 337 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 337 ] / 返信無し
[510]  Windows7ってどうなの?
□投稿者/ Toshi -(2009/10/05(Mon) 14:21:16)

    Windows7は快適だ!と言う売り込みですが、あるニュースサイトの検証ではVistaに比べて「若干速くなった」程度だとの事。
    って事は、つまりXPよりは断然遅い訳ですね。

    まぁ、Vistaのコアを変えないマイナーバージョンアップですから最初から分っていた事では有りますが。

    マイクロソフトも本当に懲りないですね。
    Win2Kベースで新OS出した方がよっぽど売れるって事がなぜ分らないんでしょう。
    そう、もし私がマイクロソフトCEOなら、XP改良では無く、間違いなくWin2K改良で新OS出しますね。

    Win2Kベースで余計なお節介機能は全てユーザカスタマイズのオプションインストールにしますわ。
    いじる点は、Win2K当時のセキュリティホール修正とバグ修正、そしてマルチコアCPU対応などの新技術向けFIXのみ。
    目標は如何に常駐タスクを削りCPU稼働率をユーザアプリに回せるかを中心にチューニング。アクセス速度向上や視覚効果などはアドオン化してサードパーティ製を含めてユーザにインストールするかしないかを選択させると。
    ユーザインターフェースも幾つかのモードを用意してユーザに選択させてもいいかも。
    もちろんパッチ修正では無くてオリジナルソースのオーバーホールで。

    ついでに、APIは既存のWin32APIを維持しつつ、新APIの拡充はOKかなと。
    ただし、絶対に.Netフレームワークを基底にはしないと。

    これ作ったら大ヒット間違いなしだと思うんだけど。

    インテルだってPen4から原点のPen3に戻ってやり直してるんだし、やっぱり間違った道は修正すべきだと思うんですよね。

    あと、いい加減レジストリコントロールは見直したいですね。
    必要最低限の物だけレジストリ化して、個々のタスクはそれぞれ個別にローカルエリアにINIファイルを持たせる方がすっきりしますし安全性も高まりますし肥大化してOSの速度低下に繋がるデメリットも消えるので、これも先祖帰りアーキテクチャでは有りますが、やはり古くても正しい物は正しいんで仕方が有りません。
    もちろんそうすると、個々のアプリケーション起動速度は低下するのでしょうけど、「使いば使うほど遅くなるOS」よりもよっぽど白黒はっきりしてて気持ちよいです。
    それでも多分、1年使い続けたこれまでのWindowsよりはトータルパフォーマンスは上がるはずです。
    (ただこの辺を勘案すると多重起動時のINIファイル更新問題も出てくるのでファイル共有モードの簡素化と管理機能強化も必要になるかもですが。)

[ 親 337 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 337 ] / ▼[ 680 ]
[654]  価格.com のHDDがやばい
□投稿者/ Toshi -(2011/03/24(Thu) 19:06:29)

    最近、HDDの一台がMFT破損してしまいました。
    いわゆる、「ドライブにアクセスは出来るのだけど、トップフォルダーにアクセス出来ない」と言う現象です。

    トップフォルダーなので、配下に500G-HDDの95%を占めるファイルが格納されていたので、「ほぼ全滅」と言う事態に陥ってます。

    XP-NTFSなので、アクセス出来ないと言う事は、ほぼ間違いなく、MFTミラーも破損していると考えられ、この状態でchkdskとかやるのは、昔のトラウマで非常に悔しい思いをした事が有り、危険なのでやってません。
    (多分、ここでchkdskとかやると、そのトップフォルダーをばっさり切って修復するに違いない。更に、今はまだ残っているであろう、トップフォルダー配下のサブフォルダー情報やファイル情報もMFTから排除してしまうに違いない。おぉ、怖い、怖い・・・)

    でまぁ、dskprobeやらなんやらのツールを駆使して、MTF情報を調べた所、予想通りに配下のサブフォルダーやファイルの情報はMFTに残っている事が判明したのですが、結局やりたい事は、トップフォルダのMFT情報の再構築だけなんですよね。これが出来れば、サクッと復旧なんですが、これが出来るツールが無い無い。
    MFTフォーマットを勉強する気はサラサラ無いので、ツールで出来ないとお手上げです。
    ツールがサポートしているのは、配下のフォルダーやファイルのリカバリコピーだだけです。
    つまり、今あるツールだけで復旧しようとしたら、500GのHDDをもう一台用意し、手間隙掛けてコピーしなければならないと言う事です。

    金無いけど、背に腹は変えられないし、これを機会に3T有る今のHDD環境のせめて2T程度はバックアップ出来る様に2Tドライブでも買おうかと、価格.comを覗いて見ました。

    いやぁ、長い前置きでしたが、いよいよ本題の「超くだらない話」です。

    売れ筋ランキングの堂々1位になってるのが、ウェスタンデジタルで超びっくり!!!

    まじ?

    それほんと、まじで言ってる?

    いやぁ、まぁ、他人が何を買おうと、知ったこっちゃ無いんですけどね・・・
    でも、過去の私と同じ悔しい思いをする人が、今後大勢発生するのかと思うと、可哀想で仕方ありません。


    以前もどこかで書きましたが、私はバッファローのHDDで非常に痛い思いを沢山しています。

    実に、4台、値段につられてまとめ買いしてしまった愚行が私には過去に有るのです。

    普段は、BOX型外付けHDDを買う場合、ロジテックと決めているのですが、その時は魔が差してしまったと言うか、メルコの時よりはきっと企業のQTCも向上してるに違いないと楽観的観測をしてしまったと言うか、やはり値段に釣られてしまったと言うか、ともかく、4台も買っちまったんです。

    で、4台とも、半年〜1年以内にクラッシュ、メーカで交換して貰う事数回、全部、交換後も半年〜1年以内にクラッシュ。

    もう、MFTが壊れたとか、ブート領域が壊れたとか言うレベルでは無く、ほんとにハードレベルで毎回クラッシュしやがります。
    メーカー対応も、「バックアップとって無い方が悪い」系の対応が鼻に付きます。
    ロジテックはMOの故障が多かったので、その時にサポートのお世話になりましたが、ロジテックの場合、即、新品交換でしたし、交換後も故障すると、保障期限が過ぎてても故障が多い事を言えば新品交換してくれました。
    それに比べて、バッファローは絶対に新品交換には応じず、あくまで部品交換。
    もちろんながら、交換を繰り返す内に保障期限の1年を経過すれば、その時点でアウト。


    まぁ、バッファローのHDDは放熱対策やIO周りも余り良くないのでしょうけど、何よりも使ってるドライブは総じて「ウェスタン・デジタル」。
    これが一番の原因なんですよね。
    で、ドライブ交換してもウェスタンデジタル。

    逆に、ロジテックのHDDはこれまで、10台以上購入して来ていますが、数年〜10年は故障無く使えています。(バッファローの4台と同じ容量の250G-HDDは4年以上持ちました)
    ロジテックは総じて、マクスターやシーゲートを使っている事が大きいと思います。

    と言う訳で、直近で買ったHDDと言えば、剥き出しのシーゲート・マクスター系500GのHDDを4台とテラボックスと言う外付けの4台収まる筐体です。
    インターフェースはIEEE1394なので、XPがIEEE1394にバグを抱えている都合上、ちょくちょくと、ボックス全体にアクセス出来なくなる事が有ります(HDDボックスの電源ON/OFFで復旧)が、それでももう3年程度はクラッシュも無く使って来てます。

    でも、Windows-XP以降のWindowsって、HDDにアクセスしてないのに、勝手にHDDにシステムファイルを書きに行く事が有るじゃないですか?(あれ、ほんとに止めて欲しいんだよな、むかつく。)多分、そのタイミングとIEEE1394のバグがかち合ってしまったんでしょうね。で、今回、MTFが壊れたと。
    (結局、マイクロソフトによる人災なんだよね・・)

    そう言う訳で、今回の障害でも、マクスター・シーゲート系HDDに対する私の信頼は全く失われていないのですが、ウェスタン・デジタルはやっぱりダメだろう・・

    レビューでウェスタンデジタルのHDDは故障が多いと警告する人もぽちっといますので、これから買う人は、その人の警告を真摯に受け取るべきですね。

    とは言うものの、私も500Gより大きい容量のHDDを買うのは初めてと言うか、ましてや2Tドライブなので、シーゲートや日立製品でも大丈夫なのか不安は大きいのですが・・・
    日立HDDってIO-DATAだかどっかのHDDのOEMで一度だけ使った事が有りますが、その時はぼちぼち安定してた印象が有りますけど、なにせ100G程度の容量の時代だったので余り参考にならない経験なんですよね・・・
    でも、価格.comを見ると、ウェスタンデジタルに次いで安いのは日立製・・・
    ぅーん、どうしよう・・
    日立も、どこの子会社で作ったHDDかによって品質がだいぶ違うと思われるので、非常に冒険です。
    シーゲート製は、安いのが有るには有りますが、5900rpmなんですよね・・これ論外。

[ 親 337 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 654 ] / 返信無し
[680]  日立はダメだった・・
□投稿者/ Toshi -(2012/10/29(Mon) 02:20:18)

    その後、結局日立製の2TBのHDDを購入しました。
    購入したのは HITACHI 0S03191 BOX(SATA3 7200rpm 2TB 64MB) で、ドスパラの通販で買いました。
    買ったのはインドネシア洪水前で、約1万円ちょっと程度だったと思います。

    で、4つのパーテションに切って使い始めたのですが、使い始めて2ヶ月ほど経った辺りからシリンダー後半のパーテションのドライブにデータクラッシュが頻繁に起こり始め、3ヶ月ほどで論理ドライブエラーが発生しマウント不可能な状態になりました。
    まぁ、これはWindowsの最近の仕様(プラグアンドプレイ)のせいでも有るんですけど、例えば、D,E,F,G とパーテションドライブが切って有った場合、Gドライブがこけると、HDDのマウントそのものをキャンセルしてして、リマウントを試みると言う動きをするもんだから、一つの論理ドライブがこけると、HDDそのものがもうマウント出来ないと言う事態にハマり込むんです。

    なので、結局、2T全てのデータが「ぱあ」です。

    まぁ、1台しか使ってないので、それだけで日立はダメだと烙印を押すことも出来ませんが、私が遭遇した不幸の中では最悪でした。
    バッファロー(ウエスタンデジタル)でさえ、最低でも半年は持ったのに、半年も持たないなんて前代未聞。

    もう二度と日立製は買わない。

[ 親 337 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/



▲[ 337 ] / 返信無し
[659]  水燃料
□投稿者/ Toshi -(2011/04/07(Thu) 05:52:05)

    以前から、「水」を燃料に出来ないか、たまに考え込む事が有ります。

    まぁ、水と言っても、水を分解して水素と酸素を取り出し、その水素と酸素をエネルギーにすると言う発想です。

    でも、電気分解だと分解するのに電気が必要なので、結果的にエネルギー生成率はゼロになってしまうし、何か他に良い方法は無いものなのか・・・
    と考える訳です。


    そんな折に、今の原発問題でのニュースで、水素爆発を予防する為に窒素を注入すると言う記事が流れいました。
    その記事には「原子炉内で水が高温の燃料棒に触れると、水素と酸素に分解され、その割合が増えると爆発の恐れが高まる。」
    と有ります。

    現在の原発のエネルギー伝導率がどの程度なのか分かりませんが、普通に考えれば燃料棒の熱を媒体を通して誘導し、タンク内の水を蒸発させてタービンを回す訳ですから、エネルギー伝導率はそんなに高くないんじゃないかと思うんですよね。

    ならば、普段はロスしてる燃料棒のエネルギーの有効利用で、この水を分解して水素と酸素を生成させるってのは「有り」なんじゃないか?と思いました。

    現在は「原発=化石燃料に変わる発電装置」でしか無い訳ですが、これ、上手くやれば、「原発=化石燃料に変わるエネルギー生成装置」になれるんじゃないかなと。(つまり、車の燃料や自家発電燃料に転換出来る)

    この辺に詳しい人に、どうなんでしょ?ってのを聞いて見たい所です。

[ 親 337 / □ Tree ] [ 返信/引用返信 ] 削除キー/


HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 検索 過去ログ

- Child Tree -